GIMP for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GIMP 2.8.0

GIMP for Mac(GNU 画像操作プログラム)は、フォトレタッチ、画像合成、画像オーサリングなどのタスクに適した自由に配布されたソフトウェアです。他のフリーソフトウェア製品にはない機能を備えた強力なソフトウェアです。これは、単純なペイントプログラム、エキスパート品質のフォトレタッチプログラム、オンラインバッチ処理システム、量産イメージレンダラー、またはイメージフォーマットコンバータとして使用できます。 GIMP for Mac は、モジュール式で、拡張可能で、拡張可能です。これは、プラグインや拡張機能を使って拡張することで、何にでもできるように設計されています。高度なスクリプトインタフェースにより、最も単純なタスクから最も複雑な画像操作手順まで、あらゆるものを簡単にスクリプト化することができます。

GIMP 特長:

Customizable Interface
各タスクには異なる環境が必要であり、GIMP for Mac では好みの方法で表示と動作をカスタマイズできます。ウィジェットのテーマから始めて、色、ウィジット間隔、アイコンサイズをツールボックスのカスタムツールセットに変更することができます。インターフェイスは、いわゆるドックにモジュール化されており、タブにスタックしたり、独自のウィンドウで開いたままにしたりできます。タブキーを押すと、非表示に切り替わります.

フォトエンハンスメント
数百万のデジタル写真の不完全さは、GIMP for Mac を使用して簡単に補正できます。変換ツールで補正モードを選択するだけで、レンズの傾きによる視点の歪みを修正します。レンズのバレル歪みやケラレを強力なフィルターで除去しますが、シンプルなインターフェースを採用しています.

デジタルレタッチング
GIMP は、高度なフォトレタッチ技術に最適です。クローンツールを使用して不必要な詳細を取り除くか、新しい治癒ツールを使用して簡単に細部まで触れることができます。パースペクティブクローンツールを使用すると、直交クローンと同じように容易に視点を持ってオブジェクトをクローンすることは難しくありません.

ハードウェアサポート
GIMP for Mac には、さまざまな入力デバイスをすぐにサポートする機能があります。圧力と傾きに敏感な錠剤だけでなく、幅広い範囲の USB または MIDI コントローラ。頻繁に使用されるアクションを、USB ホイールの回転や MIDI コントローラーのスライダーの移動などのデバイスイベントにバインドすることができます。ペイント中にブラシのサイズ、角度、または不透明度を変更し、お気に入りのスクリプトをボタンにバインドします。ワークフローのスピードアップ

ファイル形式
ファイル形式サポートは、一般的な JPEG(JFIF)、GIF、PNG、TIFF から、マルチ解像度やマルチカラーの奥行きのある Mac アイコンファイルなどの特殊な形式に対応しています。このアーキテクチャでは、プラグインを使用して GIMP のフォーマット機能を拡張することができます。 GIMP プラグイン registry.

では、ディスク容量を節約するために、ZIP、GZ、BZ2 などのアーカイブ拡張子を使用して任意のフォーマットを保存することができます.GIMP は余分な手順を実行する必要なく透過的にファイルを圧縮します。

もご利用いただけます:GIMP for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン GIMP 2.8.0
ファイル名 GIMP-2.8.0-SnowLeopard-Lion.dmg
ファイルサイズ 82.8 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The GIMP Team
更新日 http://www.gimp.org/
更新時間 2012-05-09
ログを更新する

What's new in this version:

USER INTERFACE:
- Single-Window Mode
- Multi-Column Dock Windows
- More Screen Real Estate For Dockable Dialogs
- Save And Export
- Layer Groups
- Tools Drawn With Cairo
- On-Canvas Text Editing
- Keyboard Shortcut Changes
- Simple Math In Size Entries

Minor Changes:
- Added 'Windows→Hide docks' menu item that does what 'Tab' does and also displays its state, which is now persistent across sessions, too.
- Added infrastructure allowing to embed user interface elements on the canvas. This is currently used for text styles in the text tool, and (experimentally) when a color correction tool is invoked while the canvas is in full-screen mode.
- To make dock window titles manageable, only show the active dockable in the dock window title.
- The layer modes have been rearranged into more logical and useful groups based on the effect they have on compositing of a layer. Layer modes that make the composite lighter are in one group, layer modes that make the composite darker in another group, and so forth.
- You can now Alt+Click on layers in the Layers dialog to create a selection from it. Add, subtract and intersect modifiers Ctrl, Shift and Ctrl+Shift keys work too. This makes it easy to compose contents of a layer based on the contents of other layers, without detours.
- New docks are created at the pointer position.
- Removed Toolbox from list of Recently Closed Docks, handle that directly in the Windows menu.
- Allow closing the toolbox without closing the whole application.
- Default to non-fixed-aspect in Canvas Size dialog.
- In the Preferences dialog, only have one setting for the window hint for both the toolbox and the docks.
- Support arbitrary affine transforms of brushes.
- Got rid of the Tools dockable and move toolbox configuration to Preferences.
- A question that often arises is how to change the UI language in GIMP, which has traditionally been a bit cumbersome. Not any longer, it is now possible to change the language in Preferences.
- Added 'Lock content' button to the layers, channels and paths dialogs, made the lock buttons more compact.
- Allow renaming list items with F2.
- Allow binding arbitrary actions to extra mouse buttons.


TOOLS & PLUG-INS:
- Brush System Improvements
- Tool Preset Improvements
- Cage Transform Tool
- File Plug-Ins
- Resource Tagging

Minor Changes:
- Allow specifying the written language in the Text Tool. This helps with choosing an appropriate font, or appropriate glyphs for the selected language.
- Moved 'Text along path' from tool options to the text context menu.
- Add diagonal guides to the Crop Tool.
- Support rotating brushes.
- The Smooth Stroke feature from GIMP Painter was ported to GIMP.
- Added 'Rule of fifths' crop guide overlay.
- Added an icon for the Desaturate tool.
- Support loading 16bit (RGB565) raw data.
- Added palette exporter for CSS, PHP, Python, txt and Java, accessed through the palette context menu.
- Support printing crop marks for images.
- Made the Pointer dockable show information about selection position and size.
- Replaced the brush scale control in tool options by a brush size one that works in pixels, and does the right thing when the brush changes.
- Improved the Free Select Tool on-canvas feedback.
- Made it possible to use GEGL for scaling images.


MISCELLANEOUS:
- Plug-in Development
- API Changes
- License: The GIMP license has been changed to (L)GPLv3+.
- GEGL: The projection code which composes a single image from layers has been ported to GEGL.

ファイルのダウンロード Download
  • GIMP for Mac Screenshot 1GIMP for Mac Screenshot 2GIMP for Mac Screenshot 3GIMP for Mac Screenshot 4