GIMP for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GIMP 2.10.4

GIMP for Mac(GNU 画像操作プログラム)は、フォトレタッチ、画像合成、画像オーサリングなどのタスクに適した自由に配布されたソフトウェアです。他のフリーソフトウェア製品にはない機能を備えた強力なソフトウェアです。これは、単純なペイントプログラム、エキスパート品質のフォトレタッチプログラム、オンラインバッチ処理システム、量産イメージレンダラー、またはイメージフォーマットコンバータとして使用できます。 GIMP for Mac は、モジュール式で、拡張可能で、拡張可能です。これは、プラグインや拡張機能を使って拡張することで、何にでもできるように設計されています。高度なスクリプトインタフェースにより、最も単純なタスクから最も複雑な画像操作手順まで、あらゆるものを簡単にスクリプト化することができます。

GIMP 特長:

Customizable Interface
各タスクには異なる環境が必要であり、GIMP for Mac では好みの方法で表示と動作をカスタマイズできます。ウィジェットのテーマから始めて、色、ウィジット間隔、アイコンサイズをツールボックスのカスタムツールセットに変更することができます。インターフェイスは、いわゆるドックにモジュール化されており、タブにスタックしたり、独自のウィンドウで開いたままにしたりできます。タブキーを押すと、非表示に切り替わります.

フォトエンハンスメント
数百万のデジタル写真の不完全さは、GIMP for Mac を使用して簡単に補正できます。変換ツールで補正モードを選択するだけで、レンズの傾きによる視点の歪みを修正します。レンズのバレル歪みやケラレを強力なフィルターで除去しますが、シンプルなインターフェースを採用しています.

デジタルレタッチング
GIMP は、高度なフォトレタッチ技術に最適です。クローンツールを使用して不必要な詳細を取り除くか、新しい治癒ツールを使用して簡単に細部まで触れることができます。パースペクティブクローンツールを使用すると、直交クローンと同じように容易に視点を持ってオブジェクトをクローンすることは難しくありません.

ハードウェアサポート
GIMP for Mac には、さまざまな入力デバイスをすぐにサポートする機能があります。圧力と傾きに敏感な錠剤だけでなく、幅広い範囲の USB または MIDI コントローラ。頻繁に使用されるアクションを、USB ホイールの回転や MIDI コントローラーのスライダーの移動などのデバイスイベントにバインドすることができます。ペイント中にブラシのサイズ、角度、または不透明度を変更し、お気に入りのスクリプトをボタンにバインドします。ワークフローのスピードアップ

ファイル形式
ファイル形式サポートは、一般的な JPEG(JFIF)、GIF、PNG、TIFF から、マルチ解像度やマルチカラーの奥行きのある Mac アイコンファイルなどの特殊な形式に対応しています。このアーキテクチャでは、プラグインを使用して GIMP のフォーマット機能を拡張することができます。 GIMP プラグイン registry.

では、ディスク容量を節約するために、ZIP、GZ、BZ2 などのアーカイブ拡張子を使用して任意のフォーマットを保存することができます.GIMP は余分な手順を実行する必要なく透過的にファイルを圧縮します。

もご利用いただけます:GIMP for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン GIMP 2.10.4
ファイル名 gimp-2.10.4-x86_64.dmg
ファイルサイズ 173 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The GIMP Team
更新日 http://www.gimp.org/
更新時間 2018-07-10
ログを更新する

What's new in this version:

Core:
- Remove gimp_display_shell_draw_background() and all clipping hacks for drawing the canvas background. This optimizes away one entire step of drawing of image size, for each expose
- Font loading does not block startup anymore. Only consequence is that the Text tool may not be usable immediately if fonts are not fully loaded yet (and will output an appropriate error if you do so). All non-text related activities can be performed right away
- Change of the URL from bugzilla to gitlab where appropriate
- New tool option manager to better keep track of user context and paint options in a consistent manner

User Interface:
- The Dashboard dockable dialog now has a 'Memory' group that shows memory-usage information: the currently used memory size, the available physical memory size, and the total physical memory size. It can also show the tile-cache size, for comparison against the other memory stats. Note that the upper-bound of the meter is the physical memory size, so the memory usage may be over 100% when GIMP uses the swap
- The Dashboard dockable dialog now has "read" and "written" fields in the dashboard swap group, which report the total amount of data read-from/written-to the tile swap, respetively. Additionally, the swap busy indicator (used as the meter's LED) has been improved, so that it's active whenever data has been read-from/written-to the swap during the last sampling interval, rather than at the point of sampling
- Fonts can now be tagged. The user interface is the same as for brushes, patterns etc
- Some icons fixed: larger spacing between broken chains and gimp-tool-ellipse-select made symmetrical

Usability:
- When a plug-in cannot be applied to an image because of mismatch in image types (e.g. layer has no alpha or image is greyscale), GIMP now displays a message listing supported image types for this plug-in.

Tools:
- The Measurement tool now has an "Auto straighten" option allowing to rotate the active drawable (layer, channel…) so that the measurement line is used as horizon. As other transform tools, the feature will work on linked drawables as well
- The Smudge tool now paints correctly on images with a color profile other than the GIMP's built-in one

Build:
- Installer: set compatibility options to run Python plugins in HiDPI-aware mode
- Put back compatibility DLLs for really old plugins
- Install binary tool `gimp-test-clipboard` on the system to allow people to help us debug clipboard bugs
- --enable-bundled-mypaint-brushes renamed --enable-relocatable-bundle and also make WMF fonts looked up on the runtime prefix of GIMP (instead of the build-time path) when this build option was set

Plug-ins:
- gimptool-2.0 binary now accepts source files with non-standard extensions if it can try to guess appropriate language from the compiler being used. It will also properly quote arguments for shell usage
- Run explicitly Python 2 as Python plug-in interpreter to prevent breakage on systems where Python 3 is the default
- raw_input()'s argument in Python console is now optional, and input() support has been added

File Formats:
- The PSD loader now provides an option to load "merged", pre-composited version of the images that becomes available when a PSD file was saved with "Maximize Compatibility" option enabled in Photoshop. This is useful when loading PSD files that use features that GIMP doesn't currently support, and therefore can't render correctly, such as adjustment layers. When loading the merged image version, we avoid loading certain additional data from the file, such as channels, paths, and guides, while still loading metadata. This option is currently exposed as an additional file type ("Photoshop image (merged)"), which has to be explicitly selected from the file-type list when opening the image
- Embedding GIMP's built-in sRGB color profile to exported files is now optional. The default choice can be set in the Preferences dialog

Translations:
- Updated translations: Catalan, Czech, Danish, Dutch, Finnish, Greek, Hungarian, Italian, Latvian, Polish, Romanian, Russian, Spanish, Swedish, Ukrainian

ファイルのダウンロード Download
  • GIMP for Mac Screenshot 1GIMP for Mac Screenshot 2GIMP for Mac Screenshot 3GIMP for Mac Screenshot 4