Google Chrome for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Node.js 16.0.0

Google Chrome for Mac は、最小限の設計と洗練されたテクノロジーを組み合わせて Web をより速く、より安全に、より簡単にするブラウザです。 1 つのボックスをすべて使用してください - アドレスバーに入力し、検索と Web ページの両方の提案を取得してください。トップサイトのサムネイルでは、新しいタブから瞬時にお気に入りのページにアクセスできます。デスクトップショートカットを使用すると、お気に入りの Web アプリケーションをデスクトップから直接起動することができます。 Google Chrome for Mac は、複数のプラットフォーム間でウェブページを閲覧するための人気の高い信頼性の高い選択肢です。ダウンロード、インストール、アップデート Google Chrome for Mac 今すぐ!

使い方 Google Chrome for Mac?

即時検索
同じボックスから検索してナビゲートします。あなたの最近の検索や訪問したウェブサイトを含め、あなたが入力したときに表示される結果や提案から選択して、スナップインで必要なものを手に入れることができます.

Type less
同じ情報を繰り返し入力しても、自動入力機能により、ワンクリックでフォームを完成させることができます。また、端末間でも機能します。あなたは小さなスクリーンタイピングをすべてスキップすることができます。

あなたがオフにした場所をピックアップします.
Chrome for Mac では、開いているタブ、ブックマーク、最近の検索結果をパソコンからスマートフォンやタブレットに、またその逆もできます。そうすれば、すべてのデバイスにあなたのウェブが置かれます。同期を開始するには、他の端末にサインインするだけです.

賢明な経験をお持ちの方 web
Chrome for Mac を使用してブラウズすると、Google の優れたサービスをご利用いただけます。 Chrome と Google が協力して、音声検索や Google Now などの Google サービスに関連するさまざまな提案や機能を提供しています.

Chrome を作成する
Chrome のテーマ、アプリ、および拡張機能で好きなようにブラウジングできます。ブックマークと開始ページでお気に入りの Web 宛先に直接アクセスしてください。 Chrome を設定したら、すべての端末でカスタマイズが同期されます.

Also:Google Chrome for Windows をダウンロードします

ファイルのバージョン Node.js 16.0.0
ファイル名 node-v16.0.0.pkg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Google
更新日 http://www.google.com/chrome
更新時間 2021-04-21
ログを更新する

What's new in this version:

Deprecations and Removals:
- Remove permissive rmdir recursive
- Runtime deprecate rmdir recursive option
- Runtime deprecate access to process.binding('http_parser')
- Runtime deprecate access to process.binding('url')
- Make process.binding('util') return only type checkers
- Runtime deprecate access to process.binding('crypto')
- Runtime deprecate access to process.binding('signal_wrap')
- Runtime deprecate access to process.binding('v8')
- Runtime deprecate access to process.binding('async_wrap')
- Remove module.createRequireFromPath
- Runtime deprecate subpath folder mappings
- Runtime deprecate "main" index and extension lookups
- Runtime deprecate invalid package.json main entries
- Runtime deprecate changing process.config

Stable Timers Promises API:
- The Timers Promises API provides an alternative set of timer functions that return Promise objects. Added in Node.js v15.0.0, in this release they graduate from experimental status to stable.
- Remove support for Python 2
- Default PYTHON to python3 in Makefile
- Update Makefile to support fat binary
- Warn for gcc versions earlier than 8.3.0
- Update minimum supported Xcode to 11
- Update minimum supported GCC to 8.3
- Update AIX to GCC8 for v16.x
- Set arch in Distribution.xml

V8 9.0:
- The V8 JavaScript engine is updated to V8 9.0, including performancetweaks and improvements.
- This update also brings the ECMAScript RegExp Match Indices, which provide the start and end indices of the captured string. The indices array is available via the `.indices` property on match objects when the regular expression has the `/d` flag.

Other Notable Changes:
- Graduate assert.match and assert.doesNotMatch
- Expose btoa and atob as globals
- Bump minimum ICU version to 68
- Update ICU to 69.1
- Update llhttp to 6.0.0
- Upgrade npm to 7.10.0
- Add http.ClientRequest.getRawHeaderNames()
- Update cluster to use Parent
- Add support for `node:`‑prefixed `require(…)`
- Add histogram option to timerify
- Add auto‑completion for `node:`‑prefixed `require(…)`
- Add getSystemErrorMap() impl

ファイルのダウンロード Download
  • Google Chrome for Mac Screenshot 1Google Chrome for Mac Screenshot 2Google Chrome for Mac Screenshot 3Google Chrome for Mac Screenshot 4Google Chrome for Mac Screenshot 5