Guitar Pro for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Node.js 17.3.1

Guitar Pro for Mac は、ギター、ベース、バンジョー、ウクレレの 4〜8 弦楽器用の楽譜エディタです。これは進歩を遂げたり、作曲したり、単にギターを奏でたりしたい、初心者から上級者までの人間工学的で包括的なツールです。 Guitar Pro は、タブ編集ソフトウェアの世界で標準的なリファレンスになりました。そのシンプルで人間工学的なデザインは、Guitar Pro のファイルフォーマットを普及させ、インターネット上の数十万のタブにアクセスすることを可能にしました。 .gtp、.gp3、.gp4、.gp5、.gpx(プロプライエタリフォーマット)、MIDI、ASCII、WAV、PNG、PDF のようないくつかのフォーマットにスコアを編集、聴取、印刷、インポート、エクスポートすることができます。

スコアプレーヤーでは、テンポの調整、ループでの演奏、和音と音階の辞書、チューナー、メトロノーム、トラックごとの独立した音量調整など、楽曲の読み方を問わず楽曲の練習をサポートする一連の統合されたツールを提供します、仮想キーボードとギターのフレットボード。スコアの表示には、フルスクリーン、水平 / 垂直スクロール、シングルトラック / マルチトラックビュー、およびズームのオプションもあります。このソフトウェアにはさらに、100 以上の楽器(エレクトリック&アコースティックギター、ベース、キーボード、真鍮、風、パーカッション)を含むリアルサウンドエンジン(RSE)、各トラックのサウンドを完全にカスタマイズするサウンドボード、

Guitar Pro 特長:

Tablature and score reader
Guitar Pro は、3 種類の表記法(標準 / タブラス / スラッシュ)、ズーム、バーチャルフレットボード / キーボードを使用して、正確な位置を視覚化します。あなたの指をあなたの上に置く.

あなたの作品を編集する
あなたの 1 つまたは複数の楽器の専門的なスコアを作成し、数値パッド、マウス、さらには MIDI 楽器ですばやくメモを取り込む.

サウンドをミックスする
サウンドエンジンは 100 以上のサウンドバンク、スタジオに記録されている。テンポ、ルーパー、メトロノーム、コードとスケールライブラリ、ギター、ピアノフレットボードなど、練習セッションを最適化するための一連のツールをお楽しみください.12535896
テクニックを改善してください。また、フルスコアファイルを編集または購入して、個々のパートをソロまたはミュートすることもできます.

タブのオンライン
Guitar Pro for Mac ファイル形式は、タブをオンラインで探すときに最も広く使用されています。音楽をオンラインでダウンロードしたり、私たちのチームが mySongBook.

で作成した高品質の全楽器タブにアクセスすることができます。音楽を共有する
タブを印刷し、スマートフォンやタブレット用の Guitar Pro アプリで読んだり、電子メールで送信したり、時間。あなたの音楽をあなたの友人や学生と共有することは決して容易ではありません.

注:Guitar Pro 6 の試用版は時間に制限はありませんが、完全版と比較して機能的には制限があります。無効にする。あなたも file.

Also Available:Windows

の Guitar Pro をダウンロードすることはできません

ファイルのバージョン Node.js 17.3.1
ファイル名 node-v17.3.1.pkg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Arobas Music
更新日 https://www.guitar-pro.com/
更新時間 2022-01-11
ログを更新する

What's new in this version:

Improper handling of URI Subject Alternative Names (Medium)(CVE-2021-44531):
- Accepting arbitrary Subject Alternative Name (SAN) types, unless a PKI is specifically defined to use a particular SAN type, can result in bypassing name-constrained intermediates. Node.js was accepting URI SAN types, which PKIs are often not defined to use. Additionally, when a protocol allows URI SANs, Node.js did not match the URI correctly.
- Versions of Node.js with the fix for this disable the URI SAN type when checking a certificate against a hostname. This behavior can be reverted through the --security-revert command-line option
- More details will be available at CVE-2021-44531 after publication

Certificate Verification Bypass via String Injection (Medium)(CVE-2021-44532):
- Node.js converts SANs (Subject Alternative Names) to a string format. It uses this string to check peer certificates against hostnames when validating connections. The string format was subject to an injection vulnerability when name constraints were used within a certificate chain, allowing the bypass of these name constraints.
- Versions of Node.js with the fix for this escape SANs containing the problematic characters in order to prevent the injection. This behavior can be reverted through the --security-revert command-line option.
- More details will be available at CVE-2021-44532 after publication

Incorrect handling of certificate subject and issuer fields (Medium)(CVE-2021-44533):
- Node.js did not handle multi-value Relative Distinguished Names correctly. Attackers could craft certificate subjects containing a single-value Relative Distinguished Name that would be interpreted as a multi-value Relative Distinguished Name, for example, in order to inject a Common Name that would allow bypassing the certificate subject verification.
- Affected versions of Node.js do not accept multi-value Relative Distinguished Names and are thus not vulnerable to such attacks themselves. However, third-party code that uses node's ambiguous presentation of certificate subjects may be vulnerable.
- More details will be available at CVE-2021-44533 after publication

Prototype pollution via console.table properties (Low)(CVE-2022-21824):
- Due to the formatting logic of the console.table() function it was not safe to allow user controlled input to be passed to the properties parameter while simultaneously passing a plain object with at least one property as the first parameter, which could be __proto__. The prototype pollution has very limited control, in that it only allows an empty string to be assigned numerical keys of the object prototype.
- Versions of Node.js with the fix for this use a null protoype for the object these properties are being assigned to
- More details will be available at CVE-2022-21824 after publication
- Thanks to Patrik Oldsberg (rugvip) for reporting this vulnerability

ファイルのダウンロード Download