Hydra for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Hydra Pro 4.1.1

Hydra for Mac では、さまざまな露出設定で複数の写真をマージし、目に実際に見えるような自然な画像を作成することで、この制限を克服することができます。また、Hydra では、コントラストを芸術的にプッシュして、現実を超えて写真のドラマや感情を高めることもできます。非常に多くの場合、センサーの物理的な限界のために、1 つの写真がシーン内の光のダイナミックレンジ全体を表すことはできません。画像が露出不足(暗すぎる)または露出オーバー(明るすぎる)、またはその両方です。

強力な HDR App
Hydra を使用すると、露出のセットから美しいハイダイナミックレンジ(HDR)画像を簡単に作成し、暗い被写体と明るい被写体を効果的にキャプチャしてより自然なシーンにしたり、シーンのドラマを向上させることができます.

オプティマイズメタル
Hydra は、 macOS の機能強化と最大のパフォーマンスを得るためのネイティブメタルサポートをもたらします。 Hydra には、完全に書き直された計算とディスプレイアーキテクチャーが付属しています。フル解像度で 60 FPS の超高速プレビューを実現し、128 ビット / ピクセルの内部フォーマットを高精度に提供します。

画像整列& ゴーストリムーバル
複数の写真がマージされるので、三脚が使用されていない場合は、カメラの動きを補正するために入力画像に通常の調整が必要です。また、シーン内の動く被写体は、処理しなければならないゴーストのアーチファクトを生成することがある。 Hydra 4 は、高度なアライメントツールを提供しており、特徴点の位置を特定することによって、イメージを基準に合わせて対話的にアライメントします。さまざまな 1 対 1 の画像差異スキーム(青 / 赤、オーバーレイ…)でアライメント品質を検査したり、マージ結果全体をプレビューすることもできます。簡単なケースではフルオートアライメントも提供されています.

New Tone Mapper
Hydra 4 には、より高速で正確な新しいテクニックに基づいた新しいトーンマッパーが付属しています。この新しいトーン・マッパーは、可能な限り最高のユーザー体験を得るために、フル解像度の画像をリアルタイムでプレビューすることができます。すべての設定は、実際の出力に対応する即時フィードバックを取得します。 Hydra 4 では 12 個のトーンマッピングプリセットが用意されており、そこから Hydra の手動モードを使用して結果を微調整することができます.

Modern Features& ユーザーエクスペリエンス
Hydra 4 は、ネイティブのメタルサポートに加え、最新の OS およびハードウェア機能の多くをサポートしています。たとえば Deep& 最新の Mac ディスプレイ(P3 Retina ディスプレイ)のワイドカラー、写真アプリとの統合、マルチタッチトラックパッドナビゲーション、魅力的な Mac ネイティブの半透明のユーザーインターフェイス Hydra 4 では、RAW 入力オプション、Radiance および OpenEXR の入出力ファイルフォーマット、イメージエクスポートの色空間選択、およびスコープごとのトーンマッパー設定など、より高度なオプションも用意されています.

注:64 ビットプロセッサが必要です。一部の機能が無効になっています.8997423

ファイルのバージョン Hydra Pro 4.1.1
ファイル名 hydra4.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Creaceed
更新日 http://creaceed.com/hydra
更新時間 2017-10-25
ログを更新する

What's new in this version:

Hydra Pro 4.1.1
- Optimized for macOS High Sierra
- Fixed some glitches in the user interface (macOS High Sierra only)
- Fixed a bug that could prevent to add alignment points

Hydra Pro 4.1
- New color grading
- With version 4.1, we've taken feedback into account and developed a new color grading technique for Hydra. The new color grading technique provides more vivid colors by default.
- New color grading technique
- New Vibrancy color control available in the tone mapper
- Improved local contrast that will now reveal more details in the image
- Fixed a crash occurring on Macs with older discrete GPUs
- Finer-grained GPU memory allocation limits to accommodate with a wider range of Macs

Hydra Pro 4.0.4
- Faster image loading for Mac computers supporting Metal in macOS Sierra
- Fixed a crash that could occur when updating the color of the hue setting in the tone mapping
- Fixed project thumbnail selection on macOS Sierra
- Fixed other layout issues on macOS Sierra

Hydra Pro 4.0.3
- Improved compatibility and stability with upcoming OS X release

Hydra Pro 4.0.2
- Improved compatibility and stability with upcoming OS X release

Hydra Pro 4.0.1
- Minor bug fixes

Hydra Pro 4.0
- Optimized for Metal
- Elegant and easy-to-use translucent user interface
- Automatic or manual image alignment with high-precision live positioning and fine-tuning
- Manual removal of ghosting artefacts using region delineation tool and per-region output contribution
- High-precision 128-bit internal format
- Much improved tone mapping including presets, and live, full-resolution preview
- Advanced comparison tool of result against original pictures
- Single or multiple input photos of various formats (JPEG, RAW, HDR, EXR)
- Blazingly fast rendering to various output file types (JPG, TIFF, HDR, EXR) and color spaces (sRGB, Pro Photo, AdobeRGB...)
- Accurate color processing, including support for Deep & Wide Color displays (30-bit, DCI-P3 display of latest iMac 27’)
- Integration with Apple Photos app (input / output)

ファイルのダウンロード Download