Intego Internet Security for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 82

Intego Internet Security for Mac あなたを安全に保ちます。 Mac を使用しているという理由だけで、ネットワーク攻撃やマルウェアの影響を受けません。あなたのネットワークを侵害し、個人情報を盗み、コンピュータやファイルに大混乱を招くマルウェアやウイルスを開発するために、昼夜を問わず働く人々がいます。 Intego のバンドルを使用して、これらの脅威からすべてを守ります。Mac Internet Security X9.

Intego VirusBarrier は、Mac 用のリアルタイムアンチウィルス保護を提供し、いつでもファイルをスキャンし、Mac にマルウェアがないようにします。 Mac のウイルス対策ソフトウェアは最新のアップデートを自動的にチェックして、最新の脅威からあなたを保護します。 Intego Internet Security for Mac は素晴らしいです!

Mac ユーザーがウイルスを取得できないという一般的な誤解によって、Mac ユーザーが誤解されています。ウイルス対策ソフトウェアは不要です。現実にはすべてのマシンが脆弱であり、悪意のあるサイバー犯罪者は Macintosh コンピュータを脅かすさまざまなマルウェアを使用しています。さらに悪いことに、彼らはあなたの敏感な個人情報とあなたのお金の後ろに、マックをターゲットにするだけではありません。受賞歴を誇る Mac ウイルス対策ソフトウェアである Intego VirusBarrier を使用して、Mac と貴重なデータを保護することができます。

Intego インターネットセキュリティ機能:

Mac と PC の両方からのアンチウィルス保護 malware
Intego VirusBarrier は、既存の Mac の脅威からあなたを守るだけでなく、PC ベースのマルウェアを検出し、感染したファイルを友人、家族、または職場の同僚に伝染させません.

Mac を知っています。私たちの競合他社は don't
私たちのウイルス対策ソフトウェアを MacOS と Mac OS X のために徹底的に構築しました。そして、1997 年に始まって以来、そうしてきました。受賞歴のある信頼性の高いセキュリティ製品は、 、クリーニング、および整理 Macs.

PC を使用しますか?われわれはそれも保護しようとしている
多くの世帯には、Windows ベースの PC と Mac があります。両方とも完全なアンチウィルス保護を確実にするために、Windows のカバレッジを提供するためにパンダと提携しました.

New インターフェイスはそれをシンプルに保ちます
Mac 愛好家の方々、私たちは非常にシンプルなソフトウェアを好んでいます。 Mac アプリケーションは、効果的で簡単で邪魔にならないようにする必要があります。また、私たちのセキュリティソフトウェアをどのように設計して Mac を設計しているかを正確に把握しておく必要があります.

iPhone と iPad のアンチウィルス保護
Intego VirusBarrier は iOS でメールで受信した悪意のあるファイルをスキャンし、 iPhone、iPad、または iPod touch がマルウェアを他のコンピュータに渡すのを防ぐことができます.

注:30 日間試用版.8997423

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 82
ファイル名 gdevelop-5.0.0-beta82.dmg
ファイルサイズ 99.8 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Intego
更新日 https://www.intego.com/antivirus-mac-internet-security
更新時間 2019-10-26
ログを更新する

What's new in this version:

New features:

The Yarn Dialogue editor is now embedded in GDevelop (thanks @blurymind!). Yarn is a powerful editor allowing to create advanced and dynamic dialogues with multiple choices:
- When choosing a dialogue to load using the Dialogue Tree actions, you can edit or create a json file containing a dialogue in Yarn format
- Read the help page about dialogue trees to learn more about how to use them
- See the example "Dialogue Tree with Yarn" to see how to use dialogue actions. You can also try the example online

Improved Shape Painter object with new shapes and advanced features:
- Add ellipse, rounded rectangle and star to Shape Painter
- Add support for other advanced shapes (arc, bezier curves), and shapes composed of multiple shapes

Various new smaller features:
- Add condition to check for WebGL support
- Add "Scene just resumed" condition
- Add menu item to extract events into a new group

Improvements:

Lots of User Interface improvements:
- Selectors for objects or resources (and in general) can now be entirely keyboard controlled (arrow to select, enter to choose)
- Buttons are slighlty smaller
- Lists are showing more objects or items
- All tips shown at the bottom of the screen that can be dismissed won't pop again
- Fix the focus of some fields when opening dialogs
- Some selector fields are now displayed using the OS native selectors
- Contrast of the default theme as been improved
- Reworked drag'n'drop in objects and resources list
- Tooltips are shown faster for all buttond in the top toolbar
- Action/conditions and their parameters can be traversed with Tab key, and selected with Enter/space

Improvements for very small screens (phones or small windows) and touchscreens:
- Dialogs are shown fullscreen
- Fix drag'n'drop support on touchscreens (objects can be drag'n'dropped like on the desktop app)
- The view can be moved in the scene editor using two fingers on a touchscreen
- The view can be zoomed in the scene editor using two fingers on a touchscreen ("pinch to zoom")
- Actions are rendered below the conditions on small screens ("responsive layout")
- Display only a single secondary editor panel on small screens (use the toolbar to change to another)

- Objects dragged from the list to the scene are now showing the object instance while dragging - so that you can perfectly position the instance
- Invalid operators are now displayed with an error in the events sheet
- Comments and groups are positioned on top of selection when added
- Add help button for Video object
- New translation in Slovenian
- Improved translation in Japanese


Bug fixes:

Sprites used to flip around the center of the image, without respecting the center point. The center point is now used as the center when flipping a sprite horizontally or vertically (just like when rotating it):
- In other words, this means that the center point is unmoved when the sprite is rotated (as before) or flipped (new)
- If you have objects with a non default center point and that are flipped, check their positioning. You might have to remove manual offsets that you added using events

- Some actions/conditions were shown in the list of "Other actions" (or "Other conditions") in the new action/condition editor - while they are used with objects. This is fixed and should be more intuitive now
- Events are now properly updated when a group is renamed
- Fix window border not updated in the scene editor when the project window size is changed
- Properly re-open closed panels at their default positions
- Fix typo in Facebook Instant Games actions
- Fix 'Download Game File' removing all spaces from downloaded game file in the web-app
- Display an error message when opening a non GD5 file
- Add explicit mention to "scene" variable in various descriptions

ファイルのダウンロード Download
  • Intego Internet Security for Mac Screenshot 1Intego Internet Security for Mac Screenshot 2Intego Internet Security for Mac Screenshot 3