Integrity for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Max 8.1.3

Integrity for Mac あなたのサイトのリンクと画像をチェックします。フィードの完全性をあなたのホームページの URL とし、内部リンクに従ってすべてのページを検索し、各リンクをチェックし、それぞれのサーバー応答コードを報告します。バージョン 6 はより速く、よりリーンです。また、エンジンを UI から分離して、エンジンを他の開発者が利用できるようにします.

On 機能 - 私は Integrity を無料とし、Web サイトのリンクチェッカーを維持するつもりです。 Integrity Plus には、複数のサイトの管理、エクスポート、サイトマップ生成などの機能が追加されています。 Scurutiny は、認証、スペルチェック、文法チェックなどの高度な機能を提供し、SEO チェック.

Integrity for Mac はドネーションウェアです。つまり、個人ユーザーは無制限で無料で利用できます。私は寄付に非常に感謝し、あなたが寄付することを選択した場合、これと他の OSX ソフトウェアのさらなる開発を促すでしょう.

リンクチェック
私たちは自分のページを移動、削除、または変更するので、Web ページ上のリンクは非常に素早く壊れます私たちがリンクしている他の人々も同じことをしています。リンクチェッカーを定期的に使用すると、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)と検索エンジン最適化(SEO)が向上します。 Integrity は Mac 用のフリーリンクチェッカーです。それは OSX ネイティブ、非常に高速かつ正確です.

Integrity Plus icon
Integrity は無料のリンクチェッカーです。データのエクスポート、認証(ログイン)、複数のサイトの管理、サイトマップの生成、SEO チェック、スペル& 文法はすべて 2 つの関連するアプリで利用できます。整合性プラスと精査。ここでは主要な機能の比較を行っています

developers
Integrity for Mac と Scrutiny が使用する高速かつ正確なウェブサイトのクロール / スパイダリングエンジンの開発とサポートに長年取り組んできました。私はそれがウェブサイトをクロールする必要がある他のアプリで使用されたいです。バージョン 6 はエンジンの完全な書き換えであり、これまで以上に速く、より効率的で、今や UI とは別物です。ウェブサイトのクロール / スパイダリングエンジン用のこのココアフレームワークは、try.

注:64 ビットプロセッサを必要とします..

ファイルのバージョン Max 8.1.3
ファイル名 Max813_200310.dmg
ファイルサイズ 523 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Shiela Dixon
更新日 http://peacockmedia.software/mac/integrity/free.html
更新時間 2020-03-10
ログを更新する

What's new in this version:

Fixed Bugs:
- Audio Status: fixed crash when audio is started via loadbang and input / output is set to none
- dict.view: fixed crashing and redrawing issues when in a new view of a patcher
- drunk: modernised seed implementation
- File loading: fixed crash when opening a 'maxb' renamed to .maxpat
- File Search Path: paths with " (double quote) character work
- Inspector: shows correct colors after Theme change
- jit.movie: works in standalones
- jit.playlist: fixed crash on unsupported files
- js: improvements to setting and getting global properties
- jsliveapi: simplified means of acquiring the jsobject's classname
- live.* UI objects: show annotations in Live info view
- live.gain~: display cleared when device is deactivated
- live.text: disabled roundness attribute
- Max Console: preserves state of show only errors and show time stamps across launches
- Max for Live Console: only show the Console window if it is already open (M4L)
- MC wrapper: chans attribute can be changed when audio is off
- mc.function: setvalue <channel> next message is sent to specified channel
- mc.function: properly reports mouse position
- object box: color attribute works as expected
- Packages: improvements to CPU usage after changing xattrs (Mac 10.15)
- popup menus: clicking outside the menu is consistent with platform behavior
- radiogroup: parameter size properly initialized
- record~: int and float behave as described in the documentation
- scale: fixed usage of exponent less than 1.0
- scale~: parity with scale in classic mode
- sfplay~: fixed crash when toggling timestretch attribute
- Standalones: adjust frameworks and extern plist for Catalina compatibility (Mac)
- Standalones: unsign Frameworks and runtimes during builds (Mac)
- suckah: fixed usage on Windows 7
- svgcolor: works in multiple patcher views
- Tabbed Patcher: fixed crash when changing showontab attribute
- Tabbed patchers: setactivetab falls back to name attribute if title attribute is empty
- thispatcher: fixed issues with triggering changes from the scheduler
- zoom: changing zoom changes umenu, live.menu sizing of popup and object

ファイルのダウンロード Download