Integrity for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Max 8.1.1

Integrity for Mac あなたのサイトのリンクと画像をチェックします。フィードの完全性をあなたのホームページの URL とし、内部リンクに従ってすべてのページを検索し、各リンクをチェックし、それぞれのサーバー応答コードを報告します。バージョン 6 はより速く、よりリーンです。また、エンジンを UI から分離して、エンジンを他の開発者が利用できるようにします.

On 機能 - 私は Integrity を無料とし、Web サイトのリンクチェッカーを維持するつもりです。 Integrity Plus には、複数のサイトの管理、エクスポート、サイトマップ生成などの機能が追加されています。 Scurutiny は、認証、スペルチェック、文法チェックなどの高度な機能を提供し、SEO チェック.

Integrity for Mac はドネーションウェアです。つまり、個人ユーザーは無制限で無料で利用できます。私は寄付に非常に感謝し、あなたが寄付することを選択した場合、これと他の OSX ソフトウェアのさらなる開発を促すでしょう.

リンクチェック
私たちは自分のページを移動、削除、または変更するので、Web ページ上のリンクは非常に素早く壊れます私たちがリンクしている他の人々も同じことをしています。リンクチェッカーを定期的に使用すると、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)と検索エンジン最適化(SEO)が向上します。 Integrity は Mac 用のフリーリンクチェッカーです。それは OSX ネイティブ、非常に高速かつ正確です.

Integrity Plus icon
Integrity は無料のリンクチェッカーです。データのエクスポート、認証(ログイン)、複数のサイトの管理、サイトマップの生成、SEO チェック、スペル& 文法はすべて 2 つの関連するアプリで利用できます。整合性プラスと精査。ここでは主要な機能の比較を行っています

developers
Integrity for Mac と Scrutiny が使用する高速かつ正確なウェブサイトのクロール / スパイダリングエンジンの開発とサポートに長年取り組んできました。私はそれがウェブサイトをクロールする必要がある他のアプリで使用されたいです。バージョン 6 はエンジンの完全な書き換えであり、これまで以上に速く、より効率的で、今や UI とは別物です。ウェブサイトのクロール / スパイダリングエンジン用のこのココアフレームワークは、try.

注:64 ビットプロセッサを必要とします..

ファイルのバージョン Max 8.1.1
ファイル名 Max811_191112.dmg
ファイルサイズ 512 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Shiela Dixon
更新日 http://peacockmedia.software/mac/integrity/free.html
更新時間 2019-11-13
ログを更新する

What's new in this version:

New Features:
- Preferences: ask to restart Max when glengine / translations prefs change (if needed)

Fixed Bugs:
- Audio Drivers: prevent crash if there are no audio devices present
- Dialog box: closing save dialog box via 'X' no longer closes unsaved patcher
- Embedded / factory fonts: prioritize versions in the distro
- Fonts: "light" font types render properly (Windows)
- Gen: inlet/outlets update properly while editing Max for Live device
- Inspector / parameter window: fixed modmode menu
- Inspector: fixed crash when dragging attribute
- Inspector: fixed potential crash when selecting an object with inspector open
- Inspector: view is refreshed after undo
- jit.gl.lua: fixed crash when using a lua file in frozen M4L device
- Gen: fixed crash pasting Max objects into a Gen patcher
- jit.gl.multiple: fix issues with pass effects that require VELOCITY and target object is bound to a material with a texture
- jit.gl.pass: fixed file reading from a collective
- jit.release: outputs correct signal types
- jit.wake: attrui updates appropriately for "group" attrs
- jit.world: fixed @output_matrix 1 crash on Intel_Iris GPU (Mac)
- js: fixed crash when sending patchername message to poly~
- live.* ui objects: fixed issues with output if scripted in a bpatcher when pattrstorage @greedy 1 is present in parent patcher
- live.object: always pass full resolution floats back to Live
- M4L: fixed crashing related to transport synchronization
- M4L: improved launching Max editor from Live (Mac)
- Max Console: fixed crash after an object that posts is deleted
- mc.gen: mc_channelcount updates after chans attribute change
- mxj: fixed issues with crashing, opening files, recover edits, etc
- Patcher: showontab attribute is now a three-state enum (none, parent, top-level) instead of on-off
- pattrstorage: pattr objects are properly registered when scripted
- pfft~: fixed crash on patcher close
- Ref sidebar window: fixed potential crash
- Patching: fixed locked patcher context menu
- Snapshots: no longer stores truncated float values
- Standalones: no longer unnecessarily complain about missing files (Win)
- tabbed patchers: tabs retained when creating a new view
- Toolbar: removed extraneous ampersand in "Patcher Windows" context menu
- umenu / live.menu / context menus: no longer block the scheduler while drop-down list is displayed (Mac)
- vst~: correct VST3 Waves shell plugins load
- vst~: fixed native editor UI rendering issues with some plugins
- vst~/vstscan: scanning no longer blacklists non-signed plugs
- Windows dependencies: prefer dependencies in the distro (libcef.dll, viddll/ffmpeg dlls, etc.)

ファイルのダウンロード Download