Integrity for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

OpenSSL 1.1.1d

Integrity for Mac あなたのサイトのリンクと画像をチェックします。フィードの完全性をあなたのホームページの URL とし、内部リンクに従ってすべてのページを検索し、各リンクをチェックし、それぞれのサーバー応答コードを報告します。バージョン 6 はより速く、よりリーンです。また、エンジンを UI から分離して、エンジンを他の開発者が利用できるようにします.

On 機能 - 私は Integrity を無料とし、Web サイトのリンクチェッカーを維持するつもりです。 Integrity Plus には、複数のサイトの管理、エクスポート、サイトマップ生成などの機能が追加されています。 Scurutiny は、認証、スペルチェック、文法チェックなどの高度な機能を提供し、SEO チェック.

Integrity for Mac はドネーションウェアです。つまり、個人ユーザーは無制限で無料で利用できます。私は寄付に非常に感謝し、あなたが寄付することを選択した場合、これと他の OSX ソフトウェアのさらなる開発を促すでしょう.

リンクチェック
私たちは自分のページを移動、削除、または変更するので、Web ページ上のリンクは非常に素早く壊れます私たちがリンクしている他の人々も同じことをしています。リンクチェッカーを定期的に使用すると、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス(UX)と検索エンジン最適化(SEO)が向上します。 Integrity は Mac 用のフリーリンクチェッカーです。それは OSX ネイティブ、非常に高速かつ正確です.

Integrity Plus icon
Integrity は無料のリンクチェッカーです。データのエクスポート、認証(ログイン)、複数のサイトの管理、サイトマップの生成、SEO チェック、スペル& 文法はすべて 2 つの関連するアプリで利用できます。整合性プラスと精査。ここでは主要な機能の比較を行っています

developers
Integrity for Mac と Scrutiny が使用する高速かつ正確なウェブサイトのクロール / スパイダリングエンジンの開発とサポートに長年取り組んできました。私はそれがウェブサイトをクロールする必要がある他のアプリで使用されたいです。バージョン 6 はエンジンの完全な書き換えであり、これまで以上に速く、より効率的で、今や UI とは別物です。ウェブサイトのクロール / スパイダリングエンジン用のこのココアフレームワークは、try.

注:64 ビットプロセッサを必要とします..

ファイルのバージョン OpenSSL 1.1.1d
ファイル名 openssl-1.1.1d.tar.gz
ファイルサイズ 8.4 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Shiela Dixon
更新日 http://peacockmedia.software/mac/integrity/free.html
更新時間 2019-09-10
ログを更新する

What's new in this version:

- Fixed a fork protection issue. OpenSSL 1.1.1 introduced a rewritten random number generator (RNG). This was intended to include protection in theevent of a fork() system call in order to ensure that the parent and child processes did not share the same RNG state. However this protection was not being used in the default case.
- A partial mitigation for this issue is that the output from a high precision timer is mixed into the RNG state so the likelihood of a parent and child process sharing state is significantly reduced.
- If an application already calls OPENSSL_init_crypto() explicitly using OPENSSL_INIT_ATFORK then this problem does not occur at all
- For built-in EC curves, ensure an EC_GROUP built from the curve name is used even when parsing explicit parameters, when loading a serialized key or calling `EC_GROUP_new_from_ecpkparameters()`/ `EC_GROUP_new_from_ecparameters()`. This prevents bypass of security hardening and performance gains, especially for curves with specialized EC_METHODs. By default, if a key encoded with explicit parameters is loaded and later serialized, the output is still encoded with explicit parameters, even if internally a "named" EC_GROUP is used for computation.
- Compute ECC cofactors if not provided during EC_GROUP construction. Before this change, EC_GROUP_set_generator would accept order and/or cofactor as NULL. After this change, only the cofactor parameter can be NULL. It also does some minimal sanity checks on the passed order.
- Fixed a padding oracle in PKCS7_dataDecode and CMS_decrypt_set1_pkey. An attack is simple, if the first CMS_recipientInfo is valid but the second CMS_recipientInfo is chosen ciphertext. If the second recipientInfo decodes to PKCS #1 v1.5 form plaintext, the correct encryption key will be replaced by garbage, and the message cannot be decoded, but if the RSA decryption fails, the correct encryption key is used and the recipient will not notice the attack. As a work around for this potential attack the length of the decrypted key must be equal to the cipher default key length, in case the certifiate is not given and all recipientInfo are tried out. The old behaviour can be re-enabled in the CMS code by setting the CMS_DEBUG_DECRYPT flag.
- Early start up entropy quality from the DEVRANDOM seed source has been improved for older Linux systems. The RAND subsystem will wait for /dev/random to be producing output before seeding from /dev/urandom. The seeded state is stored for future library initialisations using a system global shared memory segment. The shared memory identifier can be configured by defining OPENSSL_RAND_SEED_DEVRANDOM_SHM_ID to the desired value. The default identifier is 114.
- Correct the extended master secret constant on EBCDIC systems. Without this fix TLS connections between an EBCDIC system and a non-EBCDIC system that negotiate EMS will fail. Unfortunately this also means that TLS connections between EBCDIC systems with this fix, and EBCDIC systems without this fix will fail if they negotiate EMS
- Mingw isn't a POSIX environment per se, which means that Windows paths should be used for installation
- Changed DH_check to accept parameters with order q and 2q subgroups. With order 2q subgroups the bit 0 of the private key is not secret but DH_generate_key works around that by clearing bit 0 of the private key for those. This avoids leaking bit 0 of the private key
- Significantly reduce secure memory usage by the randomness pools

ファイルのダウンロード Download