Iridient Developer for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

XviD4PSP 7.0 Build 490

Iridient Developer for Mac は、Mac OS X 向けに設計された、最適化された強力な RAW 画像変換アプリケーションです。Iridient Developer は高度な写真家にデジタル写真の完全なコントロールを提供しますが、簡単なドラッグ&ドロップによるバッチ変換と、 Dave Coffin 氏のオープンソース RAW デコードプログラム dcraw に関する作業のおかげで、Iridient Developer は 620 以上のデジタルカメラモデルから RAW 画像フォーマットをサポートします!

一部の RAW 画像データフォーマットの初期読み込みとデコードに dcraw の一部を使用しています画像処理パイプライン全体は、使用されるコア RAW 処理(デモザイキング)アルゴリズム、すべてのカラーマネージメント、その他すべての露光、カラーおよびモノクロ処理の調整、シャープネス、ノイズリダクション、レンズ補正、最終的なファイルフォーマット変換など、Iridient Developer for Mac に完全にユニークです.

注:エクスポートされたすべての画像にウォーターマークが付きます.8997423

ファイルのバージョン XviD4PSP 7.0 Build 490
ファイル名 XviD4PSP-Mac64.zip
ファイルサイズ 20.8 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Shareware
著者 Iridient Digital Inc
更新日 http://www.iridientdigital.com/products/rawdeveloper.html
更新時間 2019-07-26
ログを更新する

What's new in this version:

- Updated all the codecs and internal components.
- Fixed update of status and conservation tasks when metadata is changed.
- Minor fixes.
- Added forced test to use the latest build.
- Added auto update function.
- All settings are now stored in the working program folder and are stored only at successful closing.
- Added integration with menu “Recent files”.
- Presets for codecs translated into JSON format.
- Presets formats globally reformed and translated into the JSON format.
- For sample format added 24-bit extension.
- The maximum number of reference frames are now automatically reduced for specified level.
- Updated codecs: х264, х265, VPX.
- Added MXF output format, and presets D-10 Mapping 30/40/50mbps.
- Maximum resolution increased to 8K (4320p).
- Codec x262, x264 and х265 now able to accept arguments in the info format and are automatically removed unknown or incorrect option.
- For the GIF codec unlocked all the possible frame rate.
- In the top menu Tools added Encoding Speed Test (formerly W.E.S.T).
- x265 received support encoding to YUV422P, YUV420P10, YUV422P10, YUV444P10, YUV420P12, YUV422P12, YUV444P12.
- When editing metadata changes now apply to all selected files.
- Now supports previews of the system without the video drivers and with OpenGL 1.0.
- Many different fixes, reforms and optimizations.
- Added Cluster encoding engine (yet without the support of trim, passes and metrics).
- Added Simple encoding engine . Does not require a lot of memory. Has the best stability and efficiency of the old MT mode.
- Added option when encoding to combine files with different parameters of the stream.
- Now every file in join group may have its own unique filters.
- Added support for importing AVCHD.
- Added filter rotation and reflection.
- Added BWDIF deinterlacer.
- Added NNEDI deinterlacer.
- The build for Windows has switched to GCC 7.1 and MinGW 5.0.2.

ファイルのダウンロード Download