iStat Menus for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

iStat Menus 6.10

iStat Menus for Mac では、メニューバーからシステムを直接監視することができます。あなたのシステムのあらゆる面を監視できる 8 つのメニューエキストラが含まれています。 iStat メニューはまったく新しいデザインのスポーツです。新しいメニューバーのアイコン、新しいドロップダウンメニュー、そしてアプリとアイコン自体は、エルキャピタンとヨセミテで家庭でよりきれいに、より明確になるようにすべて再設計されました。メニューバーグラフでは、背景が暗くなり、判読性が向上します.

CPU& amp; GPU
Realtime CPU グラフと上位 5 つの CPU リソース群のリスト。 CPU 使用率は、個々のコアまたはすべてのコアを組み合わせて追跡することができ、メニューバーのスペースを節約することができます.

メモリ
円グラフ、グラフ、パーセンテージ、バー、またはこれらの組み合わせのメニューバーのメモリ統計。メニューを開くと、最もメモリを使用しているアプリの一覧が表示され、その他の有用な情報が表示されます.

Network
A 上位 5 つのアプリケーションの帯域幅の内訳を含む、すべてのネットワーク接続で何が送受信されているかを把握するリアルタイムグラフ.

Disk 使い方& activity
メニューバーの複数のディスクに使用されている空き容量を確認してください。スマート。すべてのディスクのステータスの監視と詳細情報は、クリックするだけです.

Sensors
温度、ハードドライブの温度(サポートされている場合)、ファン、電圧、電流、電力を含む Mac のセンサーのリリースリスト。ファンの速度は、バッテリの電力を使用しているときのさまざまなルールを使って制御できます.66035896
の予定& time
A ファザークロックやムーンフェイズなど、あなたのメニューバーの設定が可能な日付、時刻、カレンダー。 iStat メニューを開く’ 次の予定を表示するカレンダー、または任意の日の予定です。さらに、120,000 を超える都市の日の出、日の入り、月の上昇、月の出現時間を持つ世界時計です.

バッテリー& power
あなたのバッテリーの現在の状態に関する詳しい情報と、排水、充電、または完全に充電された場合に変更できる高度に設定可能なメニュー項目。さらに、マジックマウス、マジックトラックパッド、アップルのワイヤレスキーボードバッテリーのレベル.

14 日無料トライアル
iStat メニューをダウンロードして、数週間前から使用してください。私たちはあなたが本当に好きになると思っています.

何百もの改良点があります.
iStat メニューの新機能 5:インポートとエクスポートの設定とブル; ネットワークインターフェース、センサー、ディスクをドロップダウンメニューから隠す空きディスク容量にローカルの Time Machine バックアップおよびブルが含まれなくなりました。プロセス表示は、子プロセスと親プロセス&bull を組み合わせるようになりました。ディスクと時間&雄牛の新しい表示オプション。ディスクアクティビティ&bull の新しいグラフタイプ。新しい CPU コア menubar アイテム• ハイパースレッディングコアは非表示にすることができます。 GPU プロセッサと GPU メモリ履歴グラフ(サポートされている Mac)• カレンダーを非表示にする機能を追加しました。そしてもっと多くのことがあります.

注:14 日間の試用版。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン iStat Menus 6.10
ファイル名 istatmenus6.10.zip
ファイルサイズ 20.44 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Bjango Pty Ltd
更新日 https://bjango.com/mac/istatmenus/
更新時間 2018-02-28
ログを更新する

What's new in this version:

Added:
- ability to select the weather provider
- AccuWeather as a weather provider option
- Bureau of Meteorology/WillyWeather as a weather provider option for Australian users
- ability to search for weather underground stations by station ID. Please see Using Weather Underground weather stations for more information
- calendar filtering for events
- support for temperature sensors on NVMe based SSDs
- ability to set a different timezone for each line of dual line menubar clocks
- ability to set decimal level for KB and MB separately in network
- ability to hide the calendar request UI in the Time dropdown
- ability to drag to scroll the hourly time view in the weather dropdown
- ability to click weather alert notifications to view more information
- a larger world clock database
- a single digit minute option for menubar and dropdown clock formatters

Improved:
- iMac Pro support
- localisations
- weather location searching
- disk activity monitoring
- menubar moon icon
- dropdown readability when using the “Increase Contrast” accessibility option
- internet connection status notifications
- Combined dropdown layout

Fixed:
- an issue with some GPUs always showing zero for processor usage
- an issue with clocks not being properly localised with some languages
- an issue with clock formats appearing incorrectly with some languages
- an issue with some custom graph colors not being applied to graphs in Combined dropdown
- an issue with custom graph colors not being applied to bar graphs in Sensors dropdown
- an issue with AirPods battery graphs not showing correctly in some cases
- an issue with event day headers showing incorrect date
- an issue where UPS names might be missing in battery dropdown
- an issue where it wasn’t possible to scroll in the fan speed editor with lots of fans
- an issue with the scale text on some of the disk activity history graph modes
- some installation issues

ファイルのダウンロード Download