iTerm2 for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

iTerm2 3.3.0

iTerm2 for Mac は、古い iTerm プロジェクトのフォークです。 iTerm2 は、ターミナルの交換と iTerm の後継です。スピード、国際化、そしてあなたの人生を改善するための新機能の構築に焦点を当てています。タブを複数のペインに分割し、それぞれに異なるセッションを表示します。あなたは垂直方向と水平方向にスライスし、想像できる配置で任意の数のペインを作成することができます。 iTerm2 for Mac には多くの機能があります。端末ユーザが考えているすべての想いが予見され、解決されました。

Split Panes
タブを複数のペインに分割し、それぞれ異なるセッションを表示します。あなたは、垂直方向と水平方向にスライスし、想像を絶する配置で任意の数のペインを作成することができます.

ホットキー Window
別のアプリケーションにいるときに iTerm2 をフォアグラウンドにするホットキーを登録します。端末は常にキーを押すだけです。ホットキーを専用のウィンドウで開くように選択できます。これにより、いつでも利用できる端末(Visor、Guake、Yakuake など)を指先で利用できます.

Search
iTerm2 には、堅牢なページ上の検索機能が付いています。 UI は途切れることはありません。すべてのマッチはすぐに強調表示されます。正規表現でさえサポートされています!

Autocomplete
あなたのウィンドウに現れた単語の先頭に Cmd- を入力してください。提案を含むウィンドウが開きます。あなたが探している言葉は、通常、リストの一番上にあります!

Mouseless Copy
Find 機能を使ってテキストの検索を開始します。タブを押して選択範囲を右に広げるか、シフトキーを押して選択範囲を左に広げます。 Option キー - 現在のマッチをペーストします..

ペーストの履歴
ペーストの履歴を使用すると、最近コピーまたはペーストされたテキストを再訪できます。履歴をディスクに保存して、失われないようにすることもできます.

Instant Replay
インスタントリプレイを使用すると、時間通りに戻ることができます。

Configurability
任意の機能に任意のキーを割り当てることができます。各オプションキーに別々の機能を割り当てるか、すべての修飾キーを再マッピングしてください。あなたのニーズに合わせて、iTerm2 の外観をカスタマイズすることができます:透明度、背景のぼかし、背景画像などを有効にします.

Unixyness
Unix の世界から来ていますか?

256 色(以上!)
256 色モードでは、Vim はフォトリアリスティックで爆発します。端末はメドレーです。色とコードが生き生きとします。バージョン 3 では、24 ビットカラーがサポートされています.

Readability
異なる色が多い場合や、読みにくい色の組み合わせがプログラムに表示される場合は、カーソルが失われますか?スマートカーソルカラーと最小コントラスト機能を使用すると、これらの問題が確実になくなっていることを確認できます.

Mouse Reporting
マウスを使用してカーソルを移動し、テキストを強調表示し、Vim や Emacs などのプログラムで他の機能を実行できます.

Growl Support
あなたは、活動、鐘などの荒々しい通知を受け取ることを選択できます。長い仕事がバックグラウンドで実行されるようにして、完了時に知っている知識を確保してください.

Exposé Tab
macOS のエクスポーズのように iTerm2 はすべてのタブを 1 つの画面に表示します。さらに良い方法は、すべてを一度に検索することです。先に進んで、必要なだけ多くのタブを開きます。あなたは探しているものをいつでも見つけることができます.

タグ付きプロファイル
多くの異なるホストに個別の設定を保存する必要がありますか? iTerm2 は、タグ付け可能な検索可能なプロファイルデータベースを提供していますので、探しているプロファイルを簡単に見つけることができます.

Multi-Lingual
iTerm2 は、ユニコード結合マーク、全角文字、およびすべての Unicode プレーンのサポートを含む優れた国際化サポートを備えています.

Triggers
iTerm2 は、正規表現に一致するテキストが受信されたときに実行されるアクションです。単語を強調表示したり、プロンプトに自動的に応答したり、重要なことが起きたときに通知したりすることができます.

スマートセレクション
iTerm2 はカーソルの下にあるものを認識することで URL、電子メールアドレス、ファイル名などを強調表示する スマート選択 どのくらいのテキストを選択するのかを選択してください.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン iTerm2 3.3.0
ファイル名 iTerm2-3_3_0.zip
ファイルサイズ 12.94 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 George Nachman
更新日 http://www.iterm2.com/
更新時間 2019-08-02
ログを更新する

What's new in this version:

New Features:

- A Python scripting API has been added to enable extensive configuration and customization
- A scriptable status bar has been added with 13 built-in configurable components
- Two new themes: Minimal: Reduces visual clutter. Modernist; Compact: Moves tabs into the title bar to save space, while preserving the general appearance of a macOS app
- Session, tab, and window titles have been revamped to be more flexible and comprehensible. You can now configure them separately and select what information is shown per profile. They are integrated with the new Python scripting API.
- Tabs may now have icons: either an icon indicating the running app, or a fixed icon per profile
- The display of Sixel images is now supported
- Add menu item to arrange split panes evenly. In tmux, this uses the tiled layout
- Greatly improved support for background images: they may now span split panes and you can adjust how they are scaled to avoid stretching
- Add support for reporting keystrokes with CSI u
- New type of trigger added that turns text into a hyperlink
- New type of trigger added that adds annotations to the matching text
- You can now export a recording of your screen from the Instant Replay panel
- A new toolbelt tool, Actions, provides shortcuts to frequent actions like sending a snippet of text
- You can now search preferences. There's a search bar in the top right of the window
- Add a new utility, "it2git", which allows the git status bar component to show git state on a remote host. Install the utilities and then view ~/.iterm2/it2git for further instructions
- Add touch bar mitigations: haptic feedback, key click, and blink cursor when touching esc.
- Replace the system font picker with an easier- to-use custom one
- Search now remembers your 10 most recent queries and offers them as suggestions
- Adds support for crossed-out text (SGR 9)
- Add support for automatically restarting a session when it ends


Improvements:
- Numerous visual improvements
- Update app icon
- You can now change the color preset from the Open Quickly window
- Added an advanced pref for the height of the underline cursor
- The state of various terminal emulation flags is now exposed in Session > Terminal State
- Remove the bell icon from tabs more aggressively
- Various pages of preferences have been rearranged to make more sense or be more visually pleasing
- A new menu item lets you configure cmd-+ and cmd-- to adjust the underlying profile rather than only the current session
- By default the tab bar now stretches to fill the available width so it looks more like a native tab bar. You can change this in Prefs > Appearance
- Add a new proprietary control sequence to bounce the app icon only one time
- Add support for setting the proxy icon by control sequence
- Add support for broadcasting passwords to multiple sessions from the password manager. Off by default
- Update "Terminal.app Compatibility" key mapping for option left and right arrows
- Add support for natively drawn Powerline glyphs, allowing you to use any font and still get the fancy arrows. They also align properly with other elements, which the Powerline fonts do not always do
- Cmd-clicking on filename[line,column] will now open the file to the specified line and column
- Add "use transparency" as a profile setting for newly created windows
- Adjust how underlines are drawn to have a more correct baseline offset
- Add an advanced pref to swap find next/find previous behavior (since the default does not conform to macOS norms)
- The default scheme for URLs when you cmd-click is now https rather than http. You can change it with an advanced pref
- Sparkle updates now use EdDSA signatures. DSA signatures will be phased out soon
- Add an advanced preference to show a hint with split pane direction in menu items
- Add an option to preserve window size when tab bar shows or hides
- You can now use the password manager when entering a password for secure copy
- Adds support for the DECRQM control sequence
- Performance improvements for long scrollback history
- iTerm reports itself as a VT200 supporting Sixel in response to DA1
- Doesn't block the main thread when checking if the text under the cursor is an existing file
- Avoid blocking the main thread when creating a new session
- Performance improvements for box drawing characters when not using GPU renderer
- Performance improvements for opening long lists of color presets
- Change natural text editing keyboard preset to include cmd-left and cmd-right
- Work around a bug in tmux 2.9 that would crash the tmux server when changing panes
- When the current tab is closed select the one to its right, like standard macOS tabs
- Work around a macOS quirk where the equals sign on the numeric keypad is not treated as a numeric keypad key
- When tabs are very narrow, prefer to show the tab label over the new-output/bell icon
- Add an advanced setting to handle spacing combining marks properly ("Detect base unicode characters with lookup table")
- Respect System "Prefs>Dock>Prefer tabs when opening documents"
- Reduce default fast paste speed
- Revamp titles in tmux integration mode. Pane titles and window names are now distinct when using tmux 2.6 or later. set-titles and set-titles-string is now respected
- Allow Highlight triggers with "Instant" enabled to fire more than once per line
- Add a profile preference to disable paste bracketing
- When semantic history is configured to run a command and the command fails, you can now see the output
- Add an option to log Automatic Profile Switching messages to the scripting console
- Use Menlo in advanced paste and in the notes tool

ファイルのダウンロード Download