iTerm2 for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

iTerm2 3.2.0

iTerm2 for Mac は、古い iTerm プロジェクトのフォークです。 iTerm2 は、ターミナルの交換と iTerm の後継です。スピード、国際化、そしてあなたの人生を改善するための新機能の構築に焦点を当てています。タブを複数のペインに分割し、それぞれに異なるセッションを表示します。あなたは垂直方向と水平方向にスライスし、想像できる配置で任意の数のペインを作成することができます。 iTerm2 for Mac には多くの機能があります。端末ユーザが考えているすべての想いが予見され、解決されました。

Split Panes
タブを複数のペインに分割し、それぞれ異なるセッションを表示します。あなたは、垂直方向と水平方向にスライスし、想像を絶する配置で任意の数のペインを作成することができます.

ホットキー Window
別のアプリケーションにいるときに iTerm2 をフォアグラウンドにするホットキーを登録します。端末は常にキーを押すだけです。ホットキーを専用のウィンドウで開くように選択できます。これにより、いつでも利用できる端末(Visor、Guake、Yakuake など)を指先で利用できます.

Search
iTerm2 には、堅牢なページ上の検索機能が付いています。 UI は途切れることはありません。すべてのマッチはすぐに強調表示されます。正規表現でさえサポートされています!

Autocomplete
あなたのウィンドウに現れた単語の先頭に Cmd- を入力してください。提案を含むウィンドウが開きます。あなたが探している言葉は、通常、リストの一番上にあります!

Mouseless Copy
Find 機能を使ってテキストの検索を開始します。タブを押して選択範囲を右に広げるか、シフトキーを押して選択範囲を左に広げます。 Option キー - 現在のマッチをペーストします..

ペーストの履歴
ペーストの履歴を使用すると、最近コピーまたはペーストされたテキストを再訪できます。履歴をディスクに保存して、失われないようにすることもできます.

Instant Replay
インスタントリプレイを使用すると、時間通りに戻ることができます。

Configurability
任意の機能に任意のキーを割り当てることができます。各オプションキーに別々の機能を割り当てるか、すべての修飾キーを再マッピングしてください。あなたのニーズに合わせて、iTerm2 の外観をカスタマイズすることができます:透明度、背景のぼかし、背景画像などを有効にします.

Unixyness
Unix の世界から来ていますか?

256 色(以上!)
256 色モードでは、Vim はフォトリアリスティックで爆発します。端末はメドレーです。色とコードが生き生きとします。バージョン 3 では、24 ビットカラーがサポートされています.

Readability
異なる色が多い場合や、読みにくい色の組み合わせがプログラムに表示される場合は、カーソルが失われますか?スマートカーソルカラーと最小コントラスト機能を使用すると、これらの問題が確実になくなっていることを確認できます.

Mouse Reporting
マウスを使用してカーソルを移動し、テキストを強調表示し、Vim や Emacs などのプログラムで他の機能を実行できます.

Growl Support
あなたは、活動、鐘などの荒々しい通知を受け取ることを選択できます。長い仕事がバックグラウンドで実行されるようにして、完了時に知っている知識を確保してください.

Exposé Tab
macOS のエクスポーズのように iTerm2 はすべてのタブを 1 つの画面に表示します。さらに良い方法は、すべてを一度に検索することです。先に進んで、必要なだけ多くのタブを開きます。あなたは探しているものをいつでも見つけることができます.

タグ付きプロファイル
多くの異なるホストに個別の設定を保存する必要がありますか? iTerm2 は、タグ付け可能な検索可能なプロファイルデータベースを提供していますので、探しているプロファイルを簡単に見つけることができます.

Multi-Lingual
iTerm2 は、ユニコード結合マーク、全角文字、およびすべての Unicode プレーンのサポートを含む優れた国際化サポートを備えています.

Triggers
iTerm2 は、正規表現に一致するテキストが受信されたときに実行されるアクションです。単語を強調表示したり、プロンプトに自動的に応答したり、重要なことが起きたときに通知したりすることができます.

スマートセレクション
iTerm2 はカーソルの下にあるものを認識することで URL、電子メールアドレス、ファイル名などを強調表示する スマート選択 どのくらいのテキストを選択するのかを選択してください.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン iTerm2 3.2.0
ファイル名 iTerm2-3_2_0.zip
ファイルサイズ 6.69 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 George Nachman
更新日 http://www.iterm2.com/
更新時間 2018-08-09
ログを更新する

What's new in this version:

- The big new feature in iTerm2 version 3.2 is a new rendering engine that uses Metal. It provides much higher drawing performance. Its availability is subject to some configuration settings

New Features:
- Metal renderer
- Show inline images in Retina resolution
- There is a new key binding action to toggle mouse reporting
- Semantic history now recognizes visual studio code-style "filename[line, column]" references
- There's a new type of trigger that turns text into a hyperlink
- Add support for VS Code Insiders to semantic history's editors
- Warn if the terminal tries to access the clipboard when it lacks permission rather than silently denying it
- Change ReportCellSize to include a scale factor, which gives how much images will be downscaled by because of Retina support
- New advanced pref: Fraction of character’s width on its right side that can be used to select the character to its right
- New advanced pref: Open a new window when you click the dock icon and no windows are already open
- New advanced pref: When Focus Follows Mouse is enabled, activate the window under the cursor when iTerm2 becomes active
- New advanced pref: Underline Semantic History-selectable items under the cursor while holding cmd?
- You can now escape $$ in an Applescript profile command with $$$$
- New advanced pref (affecting semantic history's URL detection): URLs must contain a scheme
- New advanced pref: Minimum weight difference between regular and bold font

Bug Fixes:
- Triggers and Find now recognize tab characters
- Fix a bug where Triggers and Find would sometimes not see past a double-width character that was wrapped to the next line
- When you drag a session onto itself in a window with split panes, do not move the window
- Don't allow fullscreen or edge-attached windows to be moved with cmd-opt-shift-drag
- Fix the color picker's eyedropper feature to respect color spaces
- If multiple hotkey windows are open, do not return to the previously active app when one is closed
- When changing the number of lines of scrollback, do not apply the change until focus leaves the text field. This solves a problem where erasing the value would erase your history
- Scrolling with wheel mice is no longer oversensitive
- Change behavior of prompt-before-closing for tmux integration. Since the list of jobs is not visible, always prompt when a whitelist of jobs is specified
- Fix a bug where changing the cursor shape by escape sequence could be reverted by changing any profile property
- When the password manager fails to get a password because the system Keychain denied access, show an alert explaining what happened
- Ignore modifier+number when there's no matching pane/tab/window to switch to rather than passing it to the terminal as a keypress
- Fix a bug where cmd-0 did not restore the original font size in tmux integration
- Ignore malformed OSC 11
- Fixes a bug where images could be drawn in the wrong column
- Improved behavior of Yen key sending backslash for Japanese keyboards
- "Select Current Command" works while the command is running
- Fix a bug where the offer to turn off paste bracketing didn't actually turn off paste bracketing
- Fix a bug where a floating hotkey window overlapped the emoji panel
- Improve reliability of entering native full screen

Other improvements:
- When a split pane in tmux integration mode closes the nearest neighbor gets keyboard focus rather than the first split pane in the tab
- When not in alternate screen mode, tab will change the background color of cells the cursor skipped over. This violates tradition but is more sensible behavior for printing syntax-highlighted code with tabs
- Inset marks by one pixel on the left margin
- The rendering of faint text has been changed to take the background color into account
- The toolbelt tools look nicer in the dark schemes
- The pointing hand cursor will show only while over a clickable item while holding cmd
- Tab name truncation no longer takes a parenthesized (job) name at the end into account when deciding whether to truncate the head or tail
- Add an option to share the tip of the day
- Treat { and } as shell characters to escape

ファイルのダウンロード Download