iTerm2 for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

MuLab 8.3.3

iTerm2 for Mac は、古い iTerm プロジェクトのフォークです。 iTerm2 は、ターミナルの交換と iTerm の後継です。スピード、国際化、そしてあなたの人生を改善するための新機能の構築に焦点を当てています。タブを複数のペインに分割し、それぞれに異なるセッションを表示します。あなたは垂直方向と水平方向にスライスし、想像できる配置で任意の数のペインを作成することができます。 iTerm2 for Mac には多くの機能があります。端末ユーザが考えているすべての想いが予見され、解決されました。

Split Panes
タブを複数のペインに分割し、それぞれ異なるセッションを表示します。あなたは、垂直方向と水平方向にスライスし、想像を絶する配置で任意の数のペインを作成することができます.

ホットキー Window
別のアプリケーションにいるときに iTerm2 をフォアグラウンドにするホットキーを登録します。端末は常にキーを押すだけです。ホットキーを専用のウィンドウで開くように選択できます。これにより、いつでも利用できる端末(Visor、Guake、Yakuake など)を指先で利用できます.

Search
iTerm2 には、堅牢なページ上の検索機能が付いています。 UI は途切れることはありません。すべてのマッチはすぐに強調表示されます。正規表現でさえサポートされています!

Autocomplete
あなたのウィンドウに現れた単語の先頭に Cmd- を入力してください。提案を含むウィンドウが開きます。あなたが探している言葉は、通常、リストの一番上にあります!

Mouseless Copy
Find 機能を使ってテキストの検索を開始します。タブを押して選択範囲を右に広げるか、シフトキーを押して選択範囲を左に広げます。 Option キー - 現在のマッチをペーストします..

ペーストの履歴
ペーストの履歴を使用すると、最近コピーまたはペーストされたテキストを再訪できます。履歴をディスクに保存して、失われないようにすることもできます.

Instant Replay
インスタントリプレイを使用すると、時間通りに戻ることができます。

Configurability
任意の機能に任意のキーを割り当てることができます。各オプションキーに別々の機能を割り当てるか、すべての修飾キーを再マッピングしてください。あなたのニーズに合わせて、iTerm2 の外観をカスタマイズすることができます:透明度、背景のぼかし、背景画像などを有効にします.

Unixyness
Unix の世界から来ていますか?

256 色(以上!)
256 色モードでは、Vim はフォトリアリスティックで爆発します。端末はメドレーです。色とコードが生き生きとします。バージョン 3 では、24 ビットカラーがサポートされています.

Readability
異なる色が多い場合や、読みにくい色の組み合わせがプログラムに表示される場合は、カーソルが失われますか?スマートカーソルカラーと最小コントラスト機能を使用すると、これらの問題が確実になくなっていることを確認できます.

Mouse Reporting
マウスを使用してカーソルを移動し、テキストを強調表示し、Vim や Emacs などのプログラムで他の機能を実行できます.

Growl Support
あなたは、活動、鐘などの荒々しい通知を受け取ることを選択できます。長い仕事がバックグラウンドで実行されるようにして、完了時に知っている知識を確保してください.

Exposé Tab
macOS のエクスポーズのように iTerm2 はすべてのタブを 1 つの画面に表示します。さらに良い方法は、すべてを一度に検索することです。先に進んで、必要なだけ多くのタブを開きます。あなたは探しているものをいつでも見つけることができます.

タグ付きプロファイル
多くの異なるホストに個別の設定を保存する必要がありますか? iTerm2 は、タグ付け可能な検索可能なプロファイルデータベースを提供していますので、探しているプロファイルを簡単に見つけることができます.

Multi-Lingual
iTerm2 は、ユニコード結合マーク、全角文字、およびすべての Unicode プレーンのサポートを含む優れた国際化サポートを備えています.

Triggers
iTerm2 は、正規表現に一致するテキストが受信されたときに実行されるアクションです。単語を強調表示したり、プロンプトに自動的に応答したり、重要なことが起きたときに通知したりすることができます.

スマートセレクション
iTerm2 はカーソルの下にあるものを認識することで URL、電子メールアドレス、ファイル名などを強調表示する スマート選択 どのくらいのテキストを選択するのかを選択してください.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン MuLab 8.3.3
ファイル名 mulab-8-3-3-osx64.zip
ファイルサイズ 33.29 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 George Nachman
更新日 http://www.iterm2.com/
更新時間 2019-11-18
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- Event mutes let you mute individual events
- Multi-Point Envelope module: New "Global Level" parameter lets you automate and modulate the overall output level of a (looped) envelope
- Windows 32 bit version: New "Convert REX Files" function that converts all REX files in a folder to standard WAV files which also include the REX slice markers

Improved:
- Event Graph Editor: When tweaking velocity beams or drawing a curve line, now a tool tip pops up showing relevant details while dragging the beam/line
- Finetuned positioning of tooltips
- "Help" sub-menu renamed to "Tools"

VST Plug-In Manager: Extra category functions:
- Add category to selected plug-ins
- Remove category from selected plug-ins
- Remove all categories from selected plug-ins

Fixed:
- Default shortcuts to Project Open/Save/Save As were not ok
- Project Browser: When "What" = All Files and "Where" is a large file set (eg. root folder) and "Which" didn't contain a name filter then this could overload MuLab/MUX resulting in a hang or crash
- When auto-stretched sample events were clipped by the part's end, this was unintendedly taken into account by the auto-stretch
- (Un)Muting tracks did not immediately redraw the parts to reflect their muted state
- Previewing Multi-Samples and REX files from the Project Browser could cause a crash
- Windows: When using both MuLab 32 bit and MuLab 64 bit and sharing the same user folder, the already inserted user key was not recognized between both versions and needed to be reinserted
- Multi-Point Envelopes: When dragging a Loop Start/End point and then undoing and redoing that, this resulted in a bad envelope point

ファイルのダウンロード Download