JabRef for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

JabRef 3.5

JabRef for Mac は、オープンソースの参考文献リファレンスマネージャです。 JabRef で使用されるネイティブファイル形式は、標準の LaTeX 書誌形式である BibTeX です。 JabRef は、Java VM(バージョン 1.8 以降)上で動作し、Windows、Linux、Mac OS X でも同等に機能します.

BibTeX は、LaTeX ドキュメント作成システム用の Oren Patashnik と Leslie Lamport によって書かれたアプリケーションおよび参考文献ファイル形式です。一般的な情報は、CTAN BibTeX パッケージの情報ページにあります。 JabRef は BibLaTeX.

をサポートしています。LaTeX によって生成された BibTeX の BibTeX ファイルは、BibTeX ファイルと BibLaTeX スタイルファイルを使用して参照リストの仕様に合うようにフォーマットできます.

JabRef 機能:

Search the Web
Entries は外部データベースと BibTeX エントリで検索できますそこからフェッチすることができます。例:ソース、arXiv、CiteseerX、Google Scholar、Medline、GVK、IEEEXplore、Springer

さまざまなフォーマットのインポート
RIS、Medline / Pubmed(xml)、Refer / Endnote、INSPEC、BibTeXML、CSA、ISI Web of Science、SilverPlatter、Scifinder、OVID、 Biblioscape、Sixpack、JStor、および RIS.

フルテキストのオートダウンロード
JabRef は、参照の全文を検索してダウンロードし、BibTeX のエントリに直接リンクするよう指示することができます.

参考文献を検索する
参考文献を検索する

分類 entries
キーワードやその他のフィールドで明示的に項目をグループ化できます.

環境に合わせる
外部アプリケーションを起動する:PDF ビューア、Web ブラウザ。 TeXstudio、LyX、Kile、LatexEditor、Emacs、Vim、および WinEdt

への引用の挿入自動キー生成
BibTeX キーは、ドキュメントデータからカスタマイズ可能な方法で自動的に生成することができます。著者名、タイトル、年号を使用します.

XMP メタデータの PDF サポート
PDF および参考文献情報の共有のワークフローを改善します.

Built-in およびカスタムエクスポートフォーマット
HTML、Docbook、BibTeXML、MODS、RTF、Refer / Endnote、および OpenOffice.org と LibreOffice

JabRef interface
フォント、表示されたフィールドなど.

BibTeX fields
のカスタム化任意の BibTeX エントリーに独自のフィールドを追加することができます。type

注:64 ビットプロセッサが必要です.

Also Available:Windows 用の JabRef をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン JabRef 3.5
ファイル名 JabRef_macos_3_5.dmg
ファイルサイズ 24.46 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8.3 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 JabRef Team
更新日 http://www.jabref.org/
更新時間 2016-07-13
ログを更新する

What's new in this version:

Changed
- Implemented #1356: Added a formatter for converting HTML to Unicode
- Implemented #661: Introducing a "check for updates" mechnism (manually/automatic at startup)
- Implemented #1338: clicking on a crossref in the main table selects the parent entry and added a button in the entry editor to select the parent entry.
- Implemented #1485: Biblatex field shorttitle is now exported/imported as standard field ShortTitle to Word bibliography
- Implemented #1431: Import dialog shows file extensions and filters the view
- When resolving duplicate BibTeX-keys there is now an "Ignore" button. "Cancel" and close key now quits the resolving.
- The online forum is now directly accessible via the "Help" menu
- Updated German translation

Fixed
- Fixed #1530: Unescaped hashes in the url field are ignored by the integrity checker
- Fixed #405: Added more {} around capital letters in Unicode/HTML to LaTeX conversion to preserve them
- Fixed #1476: NPE when importing from SQL DB because of missing DatabaseMode
- Fixed #1481: Mac OS X binary seems broken for JabRef 3.4 release
- Fixed #1430: "review changes" did misinterpret changes
- Fixed #1434: Static groups are now longer displayed as dynamic ones
- Fixed #1482: Correct number of matched entries is displayed for refining subgroups
- Fixed #1444: Implement getExtension and getDescription for importers.
- Fixed #1507: Keywords are now separated by the delimiter specified in the preferences
- Fixed #1484: HTML export handles some UTF characters wrong
- Fixed #1534: "Mark entries imported into database" does not work correctly
- Fixed #1500: Renaming of explicit groups now changes entries accordingly
- Fixed issue where field changes were not undoable if the time stamp was updated on editing
- Springer fetcher now fetches the requested number of entries (not one less as before)
- Alleviate multiuser concurrency issue when near simultaneous saves occur to a shared database file

ファイルのダウンロード Download