JabRef for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

DBeaver 22.1.1

JabRef for Mac は、オープンソースの参考文献リファレンスマネージャです。 JabRef で使用されるネイティブファイル形式は、標準の LaTeX 書誌形式である BibTeX です。 JabRef は、Java VM(バージョン 1.8 以降)上で動作し、Windows、Linux、Mac OS X でも同等に機能します.

BibTeX は、LaTeX ドキュメント作成システム用の Oren Patashnik と Leslie Lamport によって書かれたアプリケーションおよび参考文献ファイル形式です。一般的な情報は、CTAN BibTeX パッケージの情報ページにあります。 JabRef は BibLaTeX.

をサポートしています。LaTeX によって生成された BibTeX の BibTeX ファイルは、BibTeX ファイルと BibLaTeX スタイルファイルを使用して参照リストの仕様に合うようにフォーマットできます.

JabRef 機能:

Search the Web
Entries は外部データベースと BibTeX エントリで検索できますそこからフェッチすることができます。例:ソース、arXiv、CiteseerX、Google Scholar、Medline、GVK、IEEEXplore、Springer

さまざまなフォーマットのインポート
RIS、Medline / Pubmed(xml)、Refer / Endnote、INSPEC、BibTeXML、CSA、ISI Web of Science、SilverPlatter、Scifinder、OVID、 Biblioscape、Sixpack、JStor、および RIS.

フルテキストのオートダウンロード
JabRef は、参照の全文を検索してダウンロードし、BibTeX のエントリに直接リンクするよう指示することができます.

参考文献を検索する
参考文献を検索する

分類 entries
キーワードやその他のフィールドで明示的に項目をグループ化できます.

環境に合わせる
外部アプリケーションを起動する:PDF ビューア、Web ブラウザ。 TeXstudio、LyX、Kile、LatexEditor、Emacs、Vim、および WinEdt

への引用の挿入自動キー生成
BibTeX キーは、ドキュメントデータからカスタマイズ可能な方法で自動的に生成することができます。著者名、タイトル、年号を使用します.

XMP メタデータの PDF サポート
PDF および参考文献情報の共有のワークフローを改善します.

Built-in およびカスタムエクスポートフォーマット
HTML、Docbook、BibTeXML、MODS、RTF、Refer / Endnote、および OpenOffice.org と LibreOffice

JabRef interface
フォント、表示されたフィールドなど.

BibTeX fields
のカスタム化任意の BibTeX エントリーに独自のフィールドを追加することができます。type

注:64 ビットプロセッサが必要です.

Also Available:Windows 用の JabRef をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン DBeaver 22.1.1
ファイル名 dbeaver-ce-22.1.1-macos.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8.3 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 JabRef Team
更新日 http://www.jabref.org/
更新時間 2022-06-27
ログを更新する

What's new in this version:

Data viewer:
- Arrays and multi-row data types visualization was added (beta version)
- Excel like behavior for inline editor was added (shift row down, configurable)
- Bug in grouping panel was fixed ("duplicates only" option)
- Inconsistency of NULL value representation in calendar edit control was fixed
- Bug with inline editor activation with double-click was fixed (gtk)
- Bug with inline editor deactivation with single-click was fixed (macos)

Data transfer:
- Export with "selected columns only" was fixed (wrong column mapping)
- Target DDL generator now checks for existing non-table objects
- Export in SQL INSERT format now uses proper table name for complex custom tables
- Header configuration for CSV and TXT formats was added
- Problem with super-long CSV files import was fixed (row number visualization)

SQL editor:
- Generate DDL from resultset command was added
- Re-execute queries from execution log was supported
- Schema selector was fixed for databases which don't support schema change (Sybase, SQL Server)

Tasks:
- Nested task folders support was added
- Folders rename support was added
- SQL script execute task was fixed (NullPointer error)
- Connections: new connection name pattern now can be customized
- SSH configuration page now has scrollbars on small monitors
- Database full text search: page UI was improved, long lists paging was added
- Metadata editor: columns auto-size command was added to the context menu
- General UI: project configuration load visualization was added
- Clickhouse: enum data types support was added
- Derby: default driver version was set to 10.15 (to avoid Java version problems)

Netezza:
- Default catalog selection was fixed
- Old drivers support was added (thanks to @rosspb3)

PostgreSQL:
- Constraints information pre-read option was added
- Enum columns edit support was fixed
- Representation of arrays with NULL elements was fixed

- SQLite: view text edit support was added

SQL Server:
- DDL for nchar and nvarchar columns was fixed (incorrect length)
- Columns with aliases now can be edited

- Trino: multi-row insert support was added

ファイルのダウンロード Download