Java Development Kit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Java JDK 10.0.2

Java Development Kit for Mac(JDK とも呼ばれる)は、Oracle Corporation によって作成され、定期的にサポートされている高度にプロフェッショナルなクロスプラットフォーム SDK プラットフォームです。世界中の Java SE、Java EE、および Java ME プラットフォーム開発者の特定の実装を提供するという目標を使用します。強力な開発サポートのため、この SDK パッケージは、エンタープライズプロジェクトとあらゆる規模のオープンソースプロジェクトの作成に最も広く普及している Java SDK プラットフォームです。 Java 開発キットの人気は、このパッケージで提供されるツール、サービス、機能が驚異的なだけでなく、2006 年後半に GNU 一般公衆利用許諾契約書に基づいてリリースされたためです。

Java Development Kit for Mac(Java SE 開発キットで見つかる通常のツールを拡張する“ extended” パッケージとして Oracle に記述されることが多い)では、Java アプリケーションの開発、デバッグ、テスト、および監視を効率化するためのさまざまなツールを提供しています。パッケージのコアは、コンセプトフェーズから最終的な展開からエンドユーザーまで、Java アプリケーション開発のあらゆる側面を簡単に制御できる 30 以上のツールとサービスから構成されています。

JDK の内容:

開発ツール
(bin / サブディレクトリ内)JavaTM プログラミング言語で書かれたプログラムの開発、実行、デバッグ、およびドキュメント作成に役立つツールとユーティリティ。

Runtime Environment
(jre / サブディレクトリ内)JDK で使用する Java Runtime Environment(JRE)の実装。 JRE には、Java 仮想マシン(JVM)、クラスライブラリ、および Java プログラミング言語で書かれたプログラムの実行をサポートするその他のファイルが含まれています.

追加ライブラリ
(lib / サブディレクトリ内)開発ツールで必要な追加クラスライブラリおよびサポートファイル.

デモアプレットとアプリケーション
(デモ / サブディレクトリ内)Java プラットフォーム用のプログラミングの例(ソースコード付き)。これらには、Swing やその他の Java Foundation Classes、Java Platform Debugger Architecture.

Sample Code
(サンプルサブディレクトリ内)を使用するサンプルが含まれています。特定の Java API のプログラミングサンプル(ソースコード

C ヘッダ Files
)(include / サブディレクトリ) Java ネイティブインターフェイス、JVM ツールインターフェイス、および Java プラットフォームのその他の機能を使用してネイティブコードプログラミングをサポートするヘッダーファイル.

ソースコード
(src.zip で)Java コア API を構成するすべてのクラスの Java プログラミング言語ソースファイルつまり、java。*、javax。*、およびいくつかの org。* パッケージのソースファイルですが、com.sun。* パッケージのソースファイルはありません)。このソースコードは、情報提供のみを目的として提供されており、開発者が Java プログラミング言語を学んで利用するのに役立ちます。これらのファイルには、プラットフォーム固有の実装コードは含まれておらず、クラスライブラリの再構築には使用できません。これらのファイルを抽出するには、共通の zip ユーティリティを使用します。または、JDK の bin / ディレクトリ:jar xvf src.zip で Jar ユーティリティを使用できます。今すぐ Java Development Kit for Mac をダウンロードしてください!

Also Available:Windows 用 Java 開発キットをダウンロードします.

ファイルのバージョン Java JDK 10.0.2
ファイル名 jdk-10.0.2_osx-x64_bin.dmg
ファイルサイズ 395.46 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Oracle
更新日 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk7-downloads-1880260.html
更新時間 2018-07-18
ログを更新する

What's new in this version:

CHANGES:
core-libs/java.lang.invoke ➜ filterArguments runs multiple filters in the wrong order:
- The specification of the method java.lang.invoke.MethodHandles.filterArguments was clarified to state more clearly that filter arguments are invoked in left to right order. The implementation of this method was also fixed to ensure it conformed to the specification. Prior to the fix the implementation incorrectly invoked filters in right to left order. For the majority of usages it is expected such a change in behavior will not be observable. Only in the minority of cases where two or more filters have side-effects that affect their results will such behavior be observable
- See JDK-8194554

core-libs/javax.naming ➜ Improve LDAP support:
- Endpoint identification has been enabled on LDAPS connections
- To improve the robustness of LDAPS (secure LDAP over TLS ) connections, endpoint identification algorithms have been enabled by default.
- Note that there may be situations where some applications that were previously able to successfully connect to an LDAPS server may no longer be able to do so. Such applications may, if they deem appropriate, disable endpoint identification using a new system property: com.sun.jndi.ldap.object.disableEndpointIdentification
- Define this system property (or set it to true) to disable endpoint identification algorithms.
- JDK-8200666 (not public)

core-libs/java.io:serialization ➜ Better stack walking:
- New access checks have been added during the object creation phase of deserialization. This should not affect ordinary uses of deserialization. However, reflective frameworks that make use of JDK-internal APIs may be impacted. The new checks can be disabled if necessary by setting the system property jdk.disableSerialConstructorChecks to the value "true". This must be done by adding the argument -Djdk.disableSerialConstructorChecks=true to the Java command line
- JDK-8197925 (not public)

Bug fixes:
hotspot/gc ➜ JVM Crash during G1 GC:
- A klass that has been considered unreachable by the concurrent marking of G1, can be looked up in the ClassLoaderData/SystemDictionary, and its _java_mirror or _class_loader fields can be stored in a root or any other reachable object making it alive again. Whenever a klass is resurrected in this manner, the SATB part of G1 needs to be notified about this, otherwise, the concurrent marking remark phase will erroneously unload that klass
- In this particular crash, while G1 was doing concurrent marking and had prepared its list of unreachable classes, JVMTI on a Java thread could traverse classes in the CLD and store thread-local JNIHandles for the java_mirror of the loaded classes. G1 did not have knowledge of these thread-local JNIHandles, and in the remark phase, it unloaded classes per its prior knowledge of unreachable classes. When these JNIHandles were later scanned, it lead to a crash
- This fix for JDK-8187577 informs G1's SATB that a klass has been resurrected and should not be unloaded

Fixed:
- JDK-8203368: core-libs: java.io:serialization: ObjectInputStream filterCheck method throws NullPointerException
- JDK-8194554: core-libs: java.lang.invoke: filterArguments runs multiple filters in the wrong order
- JDK-8187577: hotspot: gc: JVM crash during gc doing concurrent marking
- JDK-8200556: hotspot: runtime: AArch64: assertion failure in debug builds
- JDK-8196011: javafx: web: Intermittent crash when using WebView from JFXPanel application
- JDK-8200418: javafx: web: webPage.executeCommand("removeFormat", null) removes the style of the body element
- JDK-8199910: tools: javac: Compiler crashes with -g option and variables of intersection type inferred by `var`

ファイルのダウンロード Download