Java Development Kit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

PyCharm 2020.3.4

Java Development Kit for Mac(JDK とも呼ばれる)は、Oracle Corporation によって作成され、定期的にサポートされている高度にプロフェッショナルなクロスプラットフォーム SDK プラットフォームです。世界中の Java SE、Java EE、および Java ME プラットフォーム開発者の特定の実装を提供するという目標を使用します。強力な開発サポートのため、この SDK パッケージは、エンタープライズプロジェクトとあらゆる規模のオープンソースプロジェクトの作成に最も広く普及している Java SDK プラットフォームです。 Java 開発キットの人気は、このパッケージで提供されるツール、サービス、機能が驚異的なだけでなく、2006 年後半に GNU 一般公衆利用許諾契約書に基づいてリリースされたためです。

Java Development Kit for Mac(Java SE 開発キットで見つかる通常のツールを拡張する“ extended” パッケージとして Oracle に記述されることが多い)では、Java アプリケーションの開発、デバッグ、テスト、および監視を効率化するためのさまざまなツールを提供しています。パッケージのコアは、コンセプトフェーズから最終的な展開からエンドユーザーまで、Java アプリケーション開発のあらゆる側面を簡単に制御できる 30 以上のツールとサービスから構成されています。

JDK の内容:

開発ツール
(bin / サブディレクトリ内)JavaTM プログラミング言語で書かれたプログラムの開発、実行、デバッグ、およびドキュメント作成に役立つツールとユーティリティ。

Runtime Environment
(jre / サブディレクトリ内)JDK で使用する Java Runtime Environment(JRE)の実装。 JRE には、Java 仮想マシン(JVM)、クラスライブラリ、および Java プログラミング言語で書かれたプログラムの実行をサポートするその他のファイルが含まれています.

追加ライブラリ
(lib / サブディレクトリ内)開発ツールで必要な追加クラスライブラリおよびサポートファイル.

デモアプレットとアプリケーション
(デモ / サブディレクトリ内)Java プラットフォーム用のプログラミングの例(ソースコード付き)。これらには、Swing やその他の Java Foundation Classes、Java Platform Debugger Architecture.

Sample Code
(サンプルサブディレクトリ内)を使用するサンプルが含まれています。特定の Java API のプログラミングサンプル(ソースコード

C ヘッダ Files
)(include / サブディレクトリ) Java ネイティブインターフェイス、JVM ツールインターフェイス、および Java プラットフォームのその他の機能を使用してネイティブコードプログラミングをサポートするヘッダーファイル.

ソースコード
(src.zip で)Java コア API を構成するすべてのクラスの Java プログラミング言語ソースファイルつまり、java。*、javax。*、およびいくつかの org。* パッケージのソースファイルですが、com.sun。* パッケージのソースファイルはありません)。このソースコードは、情報提供のみを目的として提供されており、開発者が Java プログラミング言語を学んで利用するのに役立ちます。これらのファイルには、プラットフォーム固有の実装コードは含まれておらず、クラスライブラリの再構築には使用できません。これらのファイルを抽出するには、共通の zip ユーティリティを使用します。または、JDK の bin / ディレクトリ:jar xvf src.zip で Jar ユーティリティを使用できます。今すぐ Java Development Kit for Mac をダウンロードしてください!

Also Available:Windows 用 Java 開発キットをダウンロードします.

ファイルのバージョン PyCharm 2020.3.4
ファイル名 pycharm-professional-2020.3.4.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Oracle
更新日 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk7-downloads-1880260.html
更新時間 2021-03-18
ログを更新する

What's new in this version:

- This release is dedicated to fixing bugs and enhancing performance. We are also working on implementing the concept of trusted projects, which is designed to mitigate the risks associated with opening projects from unknown and untrusted sources.
- You can upgrade to v2020.3.4 with the Toolbox App, or right from the IDE, or by using snap if you are an Ubuntu user. It is also available for download from our website.

Trusted Projects:
- The simple act of opening a project in the IDE can lead to the automatic execution of code from the project’s virtual environment, specifically its activation script. This can pose a significant risk if a malicious actor creates the project. Unfortunately, the risk is not merely hypothetical. There have been recent attempts to attack security researchers by sending them Visual Studio projects containing malicious code.
- We’ve introduced the concept of Trusted Projects to mitigate these risks. When you open an imported or cloned project that contains a virtual environment, PyCharm doesn’t execute the auto-configuration of the virtual environment. Instead, it first checks whether the project is from a trusted location. If the project folder is not listed as a trusted location, PyCharm won’t proceed with the auto-configuration of its interpreter. Instead, PyCharm will let you decide whether to use the project’s interpreter or configure another Python interpreter instead.
- PyCharm makes it possible to identify trusted locations in Preferences/Settings | Build, Execution, Deployment | Trusted Locations. Projects in directories specified as “Trusted Locations” are always considered trusted. To ensure that the projects are treated as untrusted only in unusual circumstances, we recommend adding the directory where you usually create projects to your trusted locations.

Other notable improvements:
- Apple ARM chip (Apple Silicon): the OS X Keychain is now accessible from your IDE
- Code insight: inspections work as expected for decorators defined as classes
- Pytest: failed tests for run configurations with additional arguments can now be rerun without errors
- Markdown: all characters are now rendered correctly in the preview tab
- Docker: we’ve fixed the issue causing log spamming when disconnecting from Docker
- Web development: the Vue.js plugin no longer breaks HTML templating

ファイルのダウンロード Download