Java JRE 8 Update 77 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac ブラウザ Oracle Freeware Rate 80

Java Runtime Environment for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Java JRE 8 Update 77

Java Runtime Environment for Mac(Mac 用 JRE)では、オンラインゲームをプレイしたり、世界中の人とチャットしたり、住宅ローンの利子を計算したり、3D で画像を見ることができます。企業コンピューティングの基盤となるイントラネットアプリケーションやその他の e ビジネスソリューションにとっても不可欠です。

T Java Runtime Environment for Mac(JRE)は、Java プログラミング言語で書かれたアプレットとアプリケーションを実行するためのライブラリ、Java 仮想マシン、およびその他のコンポーネントを提供します。さらに、Java Plug-in は、アプレットを一般的なブラウザで実行できるようにする、JRE の主要な 2 つの導入技術です。 Java Web Start は、スタンドアロンアプリケーションをネットワーク経由でデプロイします。多くのクロスプラットフォームアプリケーションでは、Java が正常に動作する必要があります.

注:64 ビット Web ブラウザが必要です。 installation.

Also の管理者特権:Windows 用 Java Runtime Environment のダウンロード

ファイルのバージョン Java JRE 8 Update 77
ファイル名 jre-8u77-macosx-x64.dmg
ファイルサイズ 64.27 MB
オペレーティングシステム Mac OS X
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Oracle
更新日 http://www.java.com/en/
更新時間 2016-03-23
ログを更新する

What's new in this version:

IANA Data 2016a:
- JDK 8u77 contains IANA time zone data version 2016a.

Security Baselines:
- The security baselines for the Java Runtime Environment (JRE) at the time of the release of JDK 8u77 is 1.8.0_77.

JRE Expiration Date:
- This JRE (version 8u77) will expire with the release of the next critical patch update scheduled for April 19, 2016.

Notes:
- This Security Alert (8u77) is based off the earlier 8u74 PSU release. All users of earlier JDK 8 releases should update to this release.

Bug Fixes:
- This Security Alert addresses CVE-2016-0636, a vulnerability affecting Java SE running in web browsers on desktops. This vulnerability is not applicable to Java deployments, typically in servers or standalone desktop applications, that load and run only trusted code. It also does not affect Oracle server-based software. This vulnerability may be remotely exploitable without authentication (i.e., may be exploited over a network without the need for a username and password). To be successfully exploited, an unsuspecting user running an affected release in a browser will need to visit a malicious web page that leverages this vulnerability. Successful exploits can impact the availability, integrity, and confidentiality of the user's system.
- Due to the severity of this vulnerability and the public disclosure of technical details, Oracle strongly recommends that customers apply the updates provided by this Security Alert as soon as possible.

ファイルのダウンロード Download