Keyboard Maestro、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

DBeaver 7.1.2

Keyboard Maestro は、Mac OS X 用の強力なマクロプログラムです。Keyboard Maestro は、Macintosh の使い勝手を新しいレベルの使いやすさで実現します。 Keyboard Maestro を使用すると、自分のショートカットを設計し、いつでもアクティブにすることができます。アプリケーションの実行中にプログラム切り替えを使用してウィンドウを開くことができます。また、単純なキーストロークを押すことで無制限にクリップボードを操作できます.

その他 Else Can Keyboard Maestro ?

アプリケーションを起動する
キーを押してアプリケーションを起動します。アプリケーションを表示し、非表示にし、前面に表示します。コマンドラインですべてを表示します.

テキスト拡張
入力された文字列またはホットキーのトリガーを使用して、あらゆる種類のテキストを挿入します。テキストを入力するか、スタイル付きテキストまたはイメージで貼り付けます。あなたの名前、住所、ロゴ、署名、whatever.

テキストを挿入するためのテキストを展開トークン Tokens
任意の形式、ウィンドウの位置、無線ネットワーク、Safari のドキュメントの URL など多くの今日の日付のような表現豊富なトークンを使用します.

クリップボード履歴
Keyboard Maestro は、あなたのクリップボードを失うことはありません。 3 つのものをコピーして、別のアプリケーションに貼り付けてください.

マウスをクリックすると、画面上またはウィンドウ内の任意の場所にモディファイアをつけて、マウスをクリックしてダブルクリックしてドラッグします。さらに、Windows
を操作し、位置を変更し、閉じる、ズーム、最小化など特定の曲やプレイリストを再生したり、再生したり、一時停止したり、停止したりすることができます.

をクリックすると、メニューが表示され、目的の項目を選択できるようになります。巻き戻しまたは早送りして、レーティングまたは音量を設定します。同様に、QuickTime Player.

Palettes
では、パレット(ツールバーなど)でマクロを表示するので、さまざまなオプションから簡単に選択できます。独自のカスタムインターフェイスを作成してください.

Macros
を表示する Keyboard Maestro 何かを行う方法。ファイル、フォルダ、アプリケーション、URL、システム環境設定パネル、現在の Finder 選択、さらには CD トレイを開くことができます.

Notifications
Keyboard Maestro は、通知を表示したり、アラートを表示したり、追加情報を要求したり、警告音、話す、または再生する.

Execute Scripts
AppleScripts、または perl、python、ruby などのシェルスクリプトを実行します。 Automate ワークフローを実行するか、BBEdit Text Factories.

でクリップボードをフィルタリングする Flow Control
While ループまたは While ループ、While ループ、Repeat ループ、If 条件を Else、他の強力な構造を一時停止する.

ファイル Actions
移動、コピー、名前変更、ゴミ箱、ファイルを削除します。さまざまなフォーマットでイメージとスタイル付きテキストを読み書きします.

イメージアクション
スクリーンキャプチャ、画面上のイメージの検索、反転、回転、サイズ変更、トリミング、画像のトリミング、図形描画およびテキストの描画など.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

ファイルのバージョン DBeaver 7.1.2
ファイル名 dbeaver-ce-7.1.2-macos.dmg
ファイルサイズ 57.5 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Shareware
著者 Stairways Software
更新日 http://www.keyboardmaestro.com/
更新時間 2020-07-06
ログを更新する

What's new in this version:

Data viewer:
- Now we refresh entire row after cell value update (handy if you have triggers)
- Generate SQL context menu was fixed
- Horizontal scroll with mouse wheel support was added
- Export data in source code (PHP arrays) format was added
- Bug with Ctrl+Backspace handler was fixed

SQL Editor:
- Query cancel handler was improved (problem with UI stuck was fixed)
- Now we show query information in the result tab tooltip
- Query parser was fixed (active query extraction for Ctrl+Enter action)
- Template variables (${word_selection} and ${line_selection}) support was fixed

Navigator:
- Icons for "Create object" actions were fixed
- Main menu File items were reordered
- Heading and trailing spaces trim was added to all edit dialogs/panels
- Session manager: problem with multiple windows was fixed
- SQL Server: Database tools (index rebuild, triggers disable) were redesigned
- Firebird: new table and table column creation was fixed
- PostgreSQL: Table partition DDL was fixed
- MySQL: CHECK constraints edit support was added

Oracle:
- Table statistics read was fixed
- Schema indexes folder was added
- Check constraints editor was added
- Trigger status icon was fixed
- Exasol: (thanks to @Sargul)
- Metadata read performance was improved
- Metadata search support was added
- Table references
- Index create DDL was fixed
- Table statistics read performance was improved
- Redshift: driver download was fixed
- SQreamDB driver was added
- YugabyteDB driver was added
- We upgraded Eclipse platform version to 2020-06. It affects dark theme and General preferences and fixes several minor bugs

ファイルのダウンロード Download