Komodo Edit for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Komodo Edit 9.3.0 Build 16396

PHP、Python、Ruby、Perl、Tcl、JavaScript、CSS、HTML、RHTML、Template-Toolkit、HTML-Smarty、Django などのテンプレート言語)は、無料のオープンソース、マルチプラットフォーム、 。バックグラウンドの構文チェックと構文カラーリングはエラーを直ちに捕捉し、オートコンプリートとコールティップはあなたが書いている間にあなたを導きます。 Windows、Mac OS X、および Linux で利用できます。 XPI の拡張機能では、独自のプラグインを作成することができます。 XPI 拡張機能は、XUL、XBL、XPCOM をベースにしたすべての標準 Mozilla API、Python と JavaScript の独自機能を備え、Firefox と同じ機能を提供します。その他の機能には、Vi エミュレーション、Emacs キーバインディング、コード折りたたみ、コードスニペットなどがあります.

Komodo 編集機能:

Track Changes
編集者は未保存の変更やコミットされていない SCC の変更を強調表示する新しい左マージンを取得しました。余白をクリックすると、変更の差分ダイアログが表示され、個々の変更を元に戻すことができます。 Sweet!

Commando(Anything に移動)
この強力なポップアップダイアログは、以前のバージョンの Komodo での Fast Open と Invoke Tool ダイアログの後継機能です。 Commando はファジーマッチング、ハイライトの一致、ファイル検索(フォルダ下のファイルの検索)、ツールボックス検索、ブックマークの統合、ショートカット(ゴーツール)の統合、カスタムカテゴリのフィルタリングを提供します.

GoLang Support
Google Go Komodo は Markdown テキストを変更するたびに、コモドの分割ビュー内で直接生成された HTML のプレビューを提供し、内容は動的に更新されます。保存する必要もありません.

Kopy.io Helper
他の人とコードスニペットを簡単に共有できるようになりました。テキストを選択してエディタを使用するだけです:コンテキストメニューを右クリックして、Kopy.io でコードを共有を選択します。 Kop.io はクライアントサイドの暗号化をサポートしているので、共有ペーストをより安全にすることができます.

カラースキームとテーマ
「Komodo のカラースキームを更新しました。また、Tomorrow_Dark を新しいデフォルトの Komodo カラースキーム(暗系スキーム) Komodo UI は最新のオペレーティングシステムに合わせて更新されているので、Komodo の外観はさらに良くなりました。エディタ行の高さの間隔を調整する機能も追加されました」

Notifications
ユーザーに表示される通知メッセージは、メインの Komodo エディタウィンドウ(以前は Komodo のステータスバーに表示されていました)。これはコモドのより直感的で有益な使用を可能にします。

Language Icons
言語アイコンは、色とエンブレムによって一貫性があり、容易に識別できるように改訂されました。 Komodo は以前に遭遇したことのないファイルタイプ用の新しいアイコンを動的に生成するので、各言語に固有のアイコンが常に表示されます.

New Developer SDK
Komodo API のオーバーホールにより、Komodo のメソッドを読み込みやすくなります。個々のモジュールをロードするために、CommonJS(ノード Node.js)の require()呼び出しを使用しています.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

Also Available:Windows 用の Komodo Edit をダウンロードします.

ファイルのバージョン Komodo Edit 9.3.0 Build 16396
ファイル名 Komodo-Edit-9.3.0-16396-macosx-x86_64.dmg
ファイルサイズ 82.3 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 ActiveState Software Inc.
更新日 http://komodoide.com/komodo-edit/
更新時間 2015-11-04
ログを更新する

What's new in this version:

- Quick Bookmarks: Quickly place numeric bookmarks and go to them, allowing you to use bookmarks as more than just reminders. Hit Ctrl+Shift+number to place a quick bookmark, then hit Ctrl+number to go to that bookmark
- Console Widget: The new Console pane allows you to interact with the Komodo runtime much in the same way as you would use your browser developer tools console to interact with a website. This is especially useful for developers wanting to customize their Komodo experience
- CSS Auto-Completions: CSS, LESS, and SCSS files now support auto-completions and code browsing. This will also work when editing HTML and using CSS classes or ID’s in your markup. With the 9.3.0 release this only works for CSS files living at the same or a lower level as the HTML file, we will very soon be supporting this project wide
- Auto-Wrap Delimiters: When pressing a delimiter (eg. double quotes) while having text selected the text will be wrapped by that delimiter. Delimiters are configurable from your Preferences and can be disabled entirely
- Auto multi-caret for HTML/XML tags: When selecting an HTML (XML) tag the corresponding start/end tag will also be selected, allowing you to change the start and end tag without having to select each individually
- Elastic Tabstops: Komodo now supports Elastic Tabstops. Since this is intended only for files that use tab characters for indentation it is disabled by default. You can enable it under Indentation Preferences
- In-line Syntax Checking: When syntax errors/warnings occur a small notification popup will show at the bottom right corner of your editor window
- Package Manager 2.0: You can now fully manage your packages via Komodo, ie. uninstall, update, etc. (the previous version only allowed you to install). Advanced functionality currently only works for addons, skins, and languages
- Enhanced Multi-Caret Mode: Multiple caret mode is now much more flexible and useful, allowing for more complex actions than before. You can also now set multi-carets with ctrl+click
- Embedded Find/Replace: Find and replace has been significantly overhauled and is now part of the editor (rather than a popup dialog)
- Multiple Find Result Tabs: Every search now opens in its own result tab, you are no longer limited to 2 tabs. Find results now also show a new input field that allow you to search again with the same input but a different search pattern
- Macros renamed to Userscripts: Toolbox Macros have been renamed to Userscripts. Macros also still exist but only through the toolbar or menu interface. When you save them to your toolbox they effectively become userscripts
- Quick Start on Tabs: When opening a new tab you now get a view that lets you pick what to do with the tab; eg. create a new file, open files, new file from template, recent file, etc
- New & Improved File Icons: The language icons have been updated to be more distinctive and less generic looking
- Commando has gotten a visual overhaul: More lightweight, no borders or gradients. Commando now feels as lightweight as it is
- Tons and tons of UX improvements: An ongoing effort to make Komodo the most user friendly IDE out there by many miles

ファイルのダウンロード Download
  • Komodo Edit for Mac Screenshot 1Komodo Edit for Mac Screenshot 2Komodo Edit for Mac Screenshot 3Komodo Edit for Mac Screenshot 4Komodo Edit for Mac Screenshot 5