Krita for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Krita 4.4.5

Krita for Mac は無料のデジタル絵画とイラストレーションアプリケーションです。 Krita は、CMYK サポート、HDR ペインティング、パースペクティブグリッド、ドッカー、フィルタ、ペイントアシスタント、その他多くの機能を提供します。 Krita for Mac の最新バージョンを高速でダウンロードしてください!

Krita 機能:

Interface および Workspace
Krita には、使いやすいインターフェイスがあります。設定メニューでは、カラーテーマ、使用するツールバーとドッカー、キーボードショートカットを編集できます。与えられた一連のドッカーをワークスペースとして保存し、それらの間を切り替えます。キャンバスは簡単に回転させて鏡に映すことができます。 OpenGL キャンバスは、高ビット深度モニタをサポートしています。 no-distractions キャンバスのみのペインティングモードを作成するための多数のオプションが用意されています.

ラウンドアラウンドモード
シームレスなテクスチャとパターンを簡単に作成できます。 ‘ W’ を押してください。ラップアラウンドモードを切り替えるためにペイント中にキーを押します。イメージは、x 軸と y 軸に沿って自身の参照を作成します。ペインティングを続行し、すべての参照が瞬時に更新されるのを見てください。あなたのイメージがどのように繰り返されているかを見るために、よりぎこちなくオフセットする必要はありません。エッジをペイントすることもできますし、自動的にペイントを開始します。これは、あなたが自分で見なければならない機能の 1 つです.

複数のブラシエンジンとブレンディングモード
A ブラシエンジンは、設定が変更された典型的なブラシパターンだけではありません。各ブラシエンジンには、独自のロジックと動作があります。エンジンには、ピクセル、汚れ、重複、フィルター、ヘアリー、ハッチング、テクスチャ、チョーク、色汚れ、曲線、変形、ダイナ、実験(錬金術)、グリッド、スプレーブラシ。ブラシ設定はプリセットとして保存して共有することができます。驚異的な量のブレンドモードがあります。ブレンドモードはカテゴリごとに並べられ、お気に入りのリストがリストの最上部に表示されます.

高度な選択とマスキングツール
Krita for Mac にはキャンバスの一部を選択するためのさまざまな方法が用意されています。四角形や円などのシェイプを選択したり、選択範囲をペイントしたり、ポリゴンの選択をしたり、色で選択したり、ベジェで選択することができます。選択範囲を追加、削除、または交差させることができます。また、レイヤーをコンテキストでクリックし、“ を選択して不透明な” を選択することで、レイヤーのコンテンツを選択することもできます。透明レイヤーを単独で作成することも、既存のレイヤーに追加することもできます。これは、非破壊的な変更のための素晴らしいツールです.

シンメトリツールと描画 Aids
基本的なミラーリングよりもはるかに機能するシンメトリツール。あなたが必要とする軸の数を決定できることで、完全なコントロールを取ることができます。原点の中心、角度、および平滑化パラメータを変更します。トップツールバーの x と y のミラーボタンを簡単に切り替えることができます。パースペクティブグリッドや磁気設定などの図形などの描画補助機能は、レイヤー上、またはフィルタマスクやレイヤーとして直接使用できます。フィルタの効果は画像自体でプレビューされます。波、油絵、エンボスなどの特殊効果があります。レベル、明るさ / コントラスト、HSV などの調整も含まれています。カラーからアルファおよびカラー転送などの選択に役立つその他のツール.

Layer および Color Management
Krita には、ラスター、ベクター、フィルタ、プログラム、グループ、およびファイルバックアップの各レイヤーがあります。各レイヤーには、可視性、編集ロック、透過性ロック、およびアルファロックの設定があります。レイヤーは他のアプリケーションとの間でドラッグアンドドロップできます。ベクトルレイヤは、テキスト、ベクトルシェイプ、およびフィルタをベクトルシェイプでサポートします。 Krita は、8 ビット整数、16 ビット整数、16 ビット浮動小数点、32 ビット浮動小数点で RGBA、Gray、CMYKA、Lab、YCbCr、XYZ の画像を作成および編集するための次のカラーモデルをサポートしています。 Krita は常にカラーマネージメントを使用しています.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

使用可能:Krita for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Krita 4.4.5
ファイル名 krita-4.4.5.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Krita Team
更新日 http://www.krita.org
更新時間 2021-06-09
ログを更新する

What's new in this version:

- Set ElideRight for the tabs in the mdiarea.
- If loading the image fails too often, stop retrying
- Use QVersionNumber to compare versions
- Fix oilpaint filter’s tiling artifacts commit
- Only open the bug dialog when Krita is in alpha or beta
- Fix crash on popup palette on 125% scale
- Fix compilation for GCC11. Thanks Jonathan Wakely for the suggested fix!
- Use opengl ES on Arm Linux
- Fix crash on importing a broken icc profile
- Remove the hello world demo plugin
- Bugfix: Crash with crop tool
- Bugfix: Transform (Shear) tool doesn’t use pivot
- Fix angle range in the angle selector in status bar and overview docker
- Implement “Scale handles proportionally” feature for the mesh transform
- Bugfix: Crop tool doesn’t respond to some events
- Remove JPG from the list of supported clipboard image formats
- Don’t set the menu text on the action if it’s empty
- Expose the node’s unique id to libkis commit
- Fix quicklook generator
- Fix random crashes on macOS and fix cursor getting stuck after switching to other apps using cmd+tab and returning to krita using mouse click.
- Fix data corruption on pressing Ctrl+Z while crop action is active
- Fix zooming of the palette in Lazy Fill Tool
- Fix outline-selection precision when shift-modifier is pressed
- Fix crash when closing Krita too quickly while some stroke is still rendering
- Fix incorrect memory access in KisCanvas2::setProofingOptions()
- Fix a race condition when starting spontaneous jobs
- Fix display color management in Overview docker
- Fix Nearest Neighbour filter of the perspective transform mode
- Fix drift of the transformed image when moving mouse too quickly
- Fix smoothness of Free Transform mode
- Fix input method not working on popup widgets
- Fix export in Krita using CLI commit
- Fix OpenColorIO include dir detection commit
- Fix order of arguments in OverviewThumbnailStrokeStrategy
- Do not rely on endianness in psd_image_data
- Widen variables before making calculations
- Override patchWidth and patchHeight being 0 with defaults
- Check value after dynamic cast in ConvertColorSpacePr.Vis.
- Properly bound values on conversions
- Initialize propertyType in KisMetaData::TypeInfo::Private
- Initialize variables in KoRuler and KisFullRefreshWalker
- Initialize members of KisImagePyramid
- Initialize members of DlgOffsetImage and DeformBrush - Initialize members in KCanvasPreview
- Initialize members in DlgClonesArray)
- Initialize members in KisShadeSelectorLine
- Initialize members of assistant classes,
- Initialize members in spin box related classes,
- Fix xyYtoXYZ color conversion formula
- Make the code in the triangle color selector cleaner commit
- Fix updates in Channels docker commit
- Fix updates in Histogram docker commit
- Fix multithreading in Histogram widget commit
- Change typedef to using in HistogramDockerWidget commit
- Fix referencing of null value in SvgStyleWriter)
- Fix uninitialized values in HistogramDockerWidget)
- Fix High DPI for canvas previews in Undo History docker commit
- Fix crash on saving a huge image to .kra
- Ensure that transform worker won’t try to scale to 0
- Fix KoQuaZipStore error checking commit
- Show country in language list for disambiguation
- Fix failing update when transforming a shape layer with a Transform Tool
- Do not append country name to zh_CN and zh_TW
- Revert “Fix OpenColorIO include dir detection”
- Add more checks on saving to kra commit
- Fix non-float results in expressions for float values,  
- Fix uninitialized values in various classes,    
- Don’t assert on invalid 0-bytes palettes commit
- Initialize members of SVG Symbols classes)
- Initialize members of KisColorSelector classes   
- Android: Make saving operation on exit more robust commit
- Bugfix: Artifact with more than one active assitant
- Android: SAFE_ASSERT on TouchCancel event commit
- Android: Layer Properties’ text field not responding to keyboard events
- Android: Fix Window Manager position when rotating
- Bugfix: Inconsistent stroke fill and shape fill

ファイルのダウンロード Download