Krita for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Krita 2.9.2.0

Krita for Mac は無料のデジタル絵画とイラストレーションアプリケーションです。 Krita は、CMYK サポート、HDR ペインティング、パースペクティブグリッド、ドッカー、フィルタ、ペイントアシスタント、その他多くの機能を提供します。 Krita for Mac の最新バージョンを高速でダウンロードしてください!

Krita 機能:

Interface および Workspace
Krita には、使いやすいインターフェイスがあります。設定メニューでは、カラーテーマ、使用するツールバーとドッカー、キーボードショートカットを編集できます。与えられた一連のドッカーをワークスペースとして保存し、それらの間を切り替えます。キャンバスは簡単に回転させて鏡に映すことができます。 OpenGL キャンバスは、高ビット深度モニタをサポートしています。 no-distractions キャンバスのみのペインティングモードを作成するための多数のオプションが用意されています.

ラウンドアラウンドモード
シームレスなテクスチャとパターンを簡単に作成できます。 ‘ W’ を押してください。ラップアラウンドモードを切り替えるためにペイント中にキーを押します。イメージは、x 軸と y 軸に沿って自身の参照を作成します。ペインティングを続行し、すべての参照が瞬時に更新されるのを見てください。あなたのイメージがどのように繰り返されているかを見るために、よりぎこちなくオフセットする必要はありません。エッジをペイントすることもできますし、自動的にペイントを開始します。これは、あなたが自分で見なければならない機能の 1 つです.

複数のブラシエンジンとブレンディングモード
A ブラシエンジンは、設定が変更された典型的なブラシパターンだけではありません。各ブラシエンジンには、独自のロジックと動作があります。エンジンには、ピクセル、汚れ、重複、フィルター、ヘアリー、ハッチング、テクスチャ、チョーク、色汚れ、曲線、変形、ダイナ、実験(錬金術)、グリッド、スプレーブラシ。ブラシ設定はプリセットとして保存して共有することができます。驚異的な量のブレンドモードがあります。ブレンドモードはカテゴリごとに並べられ、お気に入りのリストがリストの最上部に表示されます.

高度な選択とマスキングツール
Krita for Mac にはキャンバスの一部を選択するためのさまざまな方法が用意されています。四角形や円などのシェイプを選択したり、選択範囲をペイントしたり、ポリゴンの選択をしたり、色で選択したり、ベジェで選択することができます。選択範囲を追加、削除、または交差させることができます。また、レイヤーをコンテキストでクリックし、“ を選択して不透明な” を選択することで、レイヤーのコンテンツを選択することもできます。透明レイヤーを単独で作成することも、既存のレイヤーに追加することもできます。これは、非破壊的な変更のための素晴らしいツールです.

シンメトリツールと描画 Aids
基本的なミラーリングよりもはるかに機能するシンメトリツール。あなたが必要とする軸の数を決定できることで、完全なコントロールを取ることができます。原点の中心、角度、および平滑化パラメータを変更します。トップツールバーの x と y のミラーボタンを簡単に切り替えることができます。パースペクティブグリッドや磁気設定などの図形などの描画補助機能は、レイヤー上、またはフィルタマスクやレイヤーとして直接使用できます。フィルタの効果は画像自体でプレビューされます。波、油絵、エンボスなどの特殊効果があります。レベル、明るさ / コントラスト、HSV などの調整も含まれています。カラーからアルファおよびカラー転送などの選択に役立つその他のツール.

Layer および Color Management
Krita には、ラスター、ベクター、フィルタ、プログラム、グループ、およびファイルバックアップの各レイヤーがあります。各レイヤーには、可視性、編集ロック、透過性ロック、およびアルファロックの設定があります。レイヤーは他のアプリケーションとの間でドラッグアンドドロップできます。ベクトルレイヤは、テキスト、ベクトルシェイプ、およびフィルタをベクトルシェイプでサポートします。 Krita は、8 ビット整数、16 ビット整数、16 ビット浮動小数点、32 ビット浮動小数点で RGBA、Gray、CMYKA、Lab、YCbCr、XYZ の画像を作成および編集するための次のカラーモデルをサポートしています。 Krita は常にカラーマネージメントを使用しています.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

使用可能:Krita for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Krita 2.9.2.0
ファイル名 krita-2.9.2.0.dmg
ファイルサイズ 133.72 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Krita Team
更新日 http://www.krita.org
更新時間 2015-04-03
ログを更新する

What's new in this version:

- Make the eraser end of the stylus erase by default
- Make krita remember the presets chosen for each stylus and stylus end
- Don’t show the zoom level on-canvas message while loading
- Fix initialization of the multi-brush axis
- Add some more kickstarter backers to the about box
- Fix memory leak when loading presets (and a bunch more memory leaks)
- Fix crashes related to progress reporting when running a g’mic action
- Add a toggle button to hide/show the filter selection tree in the filter dialog
- Fix a focus bug that made it hard to edit e.g. layer names when activating the editor in the docker with a tablet stylus
- Fix geometry of the toolbox on startup in some cases
- Fix lock proportions in the free transform tool when locking aspect ratio
- Add an option to hide the docker titlebars
- Update the resource manager lists after loading a resource bundle
- Make the resource manager look for bundles by default
- Make Krita start faster by only loading images for the references docker when the references docker is visible
- Fix a crash in the g’mic docker when there’s no preview widget selected
- On switching images, show the selected layer in the layer box, not the bottom one
- Show the selected monitor profile in the color management settings page instead of the default one
- Make the Image Split dialog select the right export file type.
- Fix saving and loading masks for file layers
- Make the default MDI background darker
- Fix loading some older .kra files that contained an image name with a number after a /
- Don’t crash if the linux colord colormanager cannot find a color-managed output device
- Clean the code following a number of PVS studio code analyzer warnings
- Add tooltips to the presets in the popup palette
- Fix a problem where brush presets in the popup palette were sometimes misaligned
- Fix loading most types of images in the reference docker on Windows
- Most work in the past month has gone into the Qt 5 port (Krita now starts, yay! But it doesn’t work yet…) and most of all the Photoshop-style Layerstyle feature. We’ve got most of the effects implemented, most of the dialog box, too — only the contour selector, the style library selector and the blending mode page is still missing. Loading and saving is still to be done.
- But here’s a teaser screenshot of of a layer style on a vector layer (layer styles work on all types of layers, paint layers, vector, group, clone, file…)
- We hope the loading and saving will be ready in time for 2.9.3!
- Note on G’Mic on Windows: Lukas, David and Boudewijn are trying to figure out how to make G’Mic stable on Windows. The 32 bits 2.9.1 Windows build doesn’t include G’Mic at all. The 64 bits build does, and on a large enough system, most of the filters are stable. We’re currently trying different compilers because it seems that most problems are causes by Microsoft Visual Studio 2012 generating buggy code. We’re working like crazy to figure out how to fix this, but please, for now, on 64 bits Windows treat G’Mic as entirely experimental. We still haven’t managed to find a combination of compilers that will let us build Krita and G’Mic and make it work reliable.
- If you’ve got experience cross-compiling from Linux to Windows and want to help out: that’s about the last thing we haven’t done. I’ve tried to create a cross-compilation setup, but got stuck on making Qt build with OpenGL support for Windows on Linux. If you can help, please join us on #krita.
- Note for Windows users with an Intel GPU: If krita shows a black screen after opening an image, you need to update your Intel graphics drivers. This isn’t a bug in Krita, but in Intel’s OpenGL support. Update to 10.18.14 or later. Most Ultrabooks and the Cintiq Companion can suffer from outdated drivers.
- Note on OSX: Krita on OSX is still experimental and not suitable for real work. Many features are still missing. Krita will only work on Mavericks and up.

ファイルのダウンロード Download