Krita for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Krita 4.2.8

Krita for Mac は無料のデジタル絵画とイラストレーションアプリケーションです。 Krita は、CMYK サポート、HDR ペインティング、パースペクティブグリッド、ドッカー、フィルタ、ペイントアシスタント、その他多くの機能を提供します。 Krita for Mac の最新バージョンを高速でダウンロードしてください!

Krita 機能:

Interface および Workspace
Krita には、使いやすいインターフェイスがあります。設定メニューでは、カラーテーマ、使用するツールバーとドッカー、キーボードショートカットを編集できます。与えられた一連のドッカーをワークスペースとして保存し、それらの間を切り替えます。キャンバスは簡単に回転させて鏡に映すことができます。 OpenGL キャンバスは、高ビット深度モニタをサポートしています。 no-distractions キャンバスのみのペインティングモードを作成するための多数のオプションが用意されています.

ラウンドアラウンドモード
シームレスなテクスチャとパターンを簡単に作成できます。 ‘ W’ を押してください。ラップアラウンドモードを切り替えるためにペイント中にキーを押します。イメージは、x 軸と y 軸に沿って自身の参照を作成します。ペインティングを続行し、すべての参照が瞬時に更新されるのを見てください。あなたのイメージがどのように繰り返されているかを見るために、よりぎこちなくオフセットする必要はありません。エッジをペイントすることもできますし、自動的にペイントを開始します。これは、あなたが自分で見なければならない機能の 1 つです.

複数のブラシエンジンとブレンディングモード
A ブラシエンジンは、設定が変更された典型的なブラシパターンだけではありません。各ブラシエンジンには、独自のロジックと動作があります。エンジンには、ピクセル、汚れ、重複、フィルター、ヘアリー、ハッチング、テクスチャ、チョーク、色汚れ、曲線、変形、ダイナ、実験(錬金術)、グリッド、スプレーブラシ。ブラシ設定はプリセットとして保存して共有することができます。驚異的な量のブレンドモードがあります。ブレンドモードはカテゴリごとに並べられ、お気に入りのリストがリストの最上部に表示されます.

高度な選択とマスキングツール
Krita for Mac にはキャンバスの一部を選択するためのさまざまな方法が用意されています。四角形や円などのシェイプを選択したり、選択範囲をペイントしたり、ポリゴンの選択をしたり、色で選択したり、ベジェで選択することができます。選択範囲を追加、削除、または交差させることができます。また、レイヤーをコンテキストでクリックし、“ を選択して不透明な” を選択することで、レイヤーのコンテンツを選択することもできます。透明レイヤーを単独で作成することも、既存のレイヤーに追加することもできます。これは、非破壊的な変更のための素晴らしいツールです.

シンメトリツールと描画 Aids
基本的なミラーリングよりもはるかに機能するシンメトリツール。あなたが必要とする軸の数を決定できることで、完全なコントロールを取ることができます。原点の中心、角度、および平滑化パラメータを変更します。トップツールバーの x と y のミラーボタンを簡単に切り替えることができます。パースペクティブグリッドや磁気設定などの図形などの描画補助機能は、レイヤー上、またはフィルタマスクやレイヤーとして直接使用できます。フィルタの効果は画像自体でプレビューされます。波、油絵、エンボスなどの特殊効果があります。レベル、明るさ / コントラスト、HSV などの調整も含まれています。カラーからアルファおよびカラー転送などの選択に役立つその他のツール.

Layer および Color Management
Krita には、ラスター、ベクター、フィルタ、プログラム、グループ、およびファイルバックアップの各レイヤーがあります。各レイヤーには、可視性、編集ロック、透過性ロック、およびアルファロックの設定があります。レイヤーは他のアプリケーションとの間でドラッグアンドドロップできます。ベクトルレイヤは、テキスト、ベクトルシェイプ、およびフィルタをベクトルシェイプでサポートします。 Krita は、8 ビット整数、16 ビット整数、16 ビット浮動小数点、32 ビット浮動小数点で RGBA、Gray、CMYKA、Lab、YCbCr、XYZ の画像を作成および編集するための次のカラーモデルをサポートしています。 Krita は常にカラーマネージメントを使用しています.

注:64 ビットプロセッサが必要です.

使用可能:Krita for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Krita 4.2.8
ファイル名 krita-4.2.8.dmg
ファイルサイズ 180.15 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Krita Team
更新日 http://www.krita.org
更新時間 2019-11-25
ログを更新する

What's new in this version:

- Fix the sliders in the performance settings page
- Fix the color space of the onion skin cache
- Fix transforming layers that have onion skins enabled
- Also save the preferences when closing the preferences dialog with the titlebar close button
- Fix a bug in the polygon tool that adds an extra point
- Save the last used export settings
- Prevent a crash on macOS when closing a dialog that opened the system color dialog
- Fix an issue on macOS where the native file dialogs would not return a filename
- Make it possible to save the “All” tag as the current tag
- Show the correct blending mode in the brush preset editor
- Fix saving color profiles that are not sRGB to PNG files
- Make the transform tool work correctly with the selection mask’s overlay
- Fix a crash when editing the global selection mask
- Remove the “Show Decorations” option from the transform tool
- Remove the CSV export filter (it hasn’t worked for ages)
- Fix slowdown in the Warp transform tool
- Fix possible data loss when pressing the escape key multiple times
- Fix a crash when opening an image with a clone layer when instant preview is active
- Fix a crash when editing vector shapes
- Fix visibility of Reference Layer and Global Selection Mask in Timeline
- Fix random crashes when converting image color space
- Rewrite the “auto precision” option in the brush preset editor
- Fix legacy convolution filters on images with non-transparent background
- Fix an assert when force-autosaving the image right during the stroke
- Fix crash when using Contionous Selection tool with Feather option
- Fix an issue where temporary files were created in the folder above the current folder
- Improve the rendering of the transform tool handles while actually making a transformation
- Use the actual mimetype instead of the extension to identify files when creating thumbnails for the recent files display
- Improve the logging to detect whether Krita has closed improperly
- Fix exporting compositions from the compositions docker
- Fix Color Adjustment Curves not processing
- Fix artifacts on layers with colorize mask *and* disabled layer styles
- Make Separate Channels work
- Make it possible to create vector shapes on images that are bigger than QImage’s limits
- Disable adjustmentlayer support on the raindrop filter
- Make it possible to use .kra files as file layers
- Fix Crop tool loosing aspect ratio on move
- Fix Rec2020 display format
- Improve error messages when loading and saving fails
- Fix jumping of vector shapes when resizing them
- Add hi-res input events for pan, zoom and rotate
- Fix crash when using Pencil Tool with a tablet
- Always ask Windows to synchronize the file systems after saving a file from Krita
- Fix wrong aspect ratio on loading SVG files

ファイルのダウンロード Download