LaunchBar for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

LaunchBar 6.8

LaunchBar for Mac は受賞歴のある生産性ユーティリティで、コンピュータや Web 上に保存されたあらゆる種類の情報を検索してアクセスするための驚くほど直感的かつ効率的な方法を提供します。 LaunchBar の入力ウィンドウを前面に持ってくるために Command-Space を押すだけで、アプリケーション、文書、連絡先、ブックマーク、音楽ライブラリ、検索エンジンなどにすぐにアクセスできます.

任意の省略形を入力すると、入力を開始すると LaunchBar に最適な選択肢が表示され、すぐに開くことができます。アプリケーションを起動したり、ドキュメントを開いたり、システムサービスを起動したり、電子メールを作成したり、Web をナビゲートすることができます。LaunchBar はあなたにとって不可欠なサーバントになります.

あなたは長年のユーザーか初心者かを問わず。 LaunchBar の新しいインターフェースが大好きです。あらゆる面で、すべてのピクセルは簡単に設計されています。 LaunchBar の絶え間なく成長する一連のインデックス作成ルールは、ファインダータグ、絵文字、リマインダー、Safari リーディングリストとトップサイト、iCloud タブ、テーマなどをさらに含むように拡張されました.66535896
カスタムのスクリプトベースのアクションでは、あなたのニーズに合ってください。他のユーザーが作成したアクションをインストールするか、AppleScript、JavaScript、Ruby、Python、PHP などのさまざまなスクリプト言語で自分自身を作成し​​てください。画像の寸法、カラープロファイル、Finder タグ、アプリケーションバンドルへのナビゲート、プロパティリストまたはテキストファイルのコンテンツのブラウズ、最新のドキュメントや関連ファイルの表示、ファイル属性のレビュー、ディスク容量、語数などのアイテムのメタデータを探索する.

Google、Wikipedia、DuckDuckGo のウェブ検索を、ライブ提案でさらに効率的に行うことができます。電卓やカレンダー入力などの多くのアクションは、入力されたクエリに対して即座のフィードバックを提供するようになりました。 LaunchBar をどれくらいの期間使用していたとしても、まだ発見されていないものがあります。使用統計情報を使用すると、最も頻繁に使用する機能と、残りの機能についての詳細な分析が得られます.

適応型アプリケーションランチャーとドキュメントブラウザ
簡略略語を入力するとアプリケーション、ドキュメント、ブックマークなどにアクセスできます.

パーソナルデジタルアシスタント
イベントとリマインダーを管理する。あなたの contacts.

A にアクセスしてください。強力なファイルマネージャー
ファイルシステムを見て、ファイルのメタデータを問い合わせてください。ファイルやフォルダをコピー、移動、名前を変更する.

効率的な検索ツールを作成する.
デスクトップやウェブ検索を実行して即座にフィードバックを得る.

A クリップボード履歴、スニペットマネージャ、ジュークボックス、電卓、スクリプトランナー、情報ブラウザ&あなたの Mac で何を達成したいと思いますか? LaunchBar を使うと数回のキーストロークだけで済むでしょう!

注:30 日間の試用版です。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン LaunchBar 6.8
ファイル名 LaunchBar-6.8.dmg
ファイルサイズ 14.2 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Objective Development Software
更新日 https://www.obdev.at/products/launchbar/index.html
更新時間 2016-12-22
ログを更新する

What's new in this version:

Improved 1Password integration:
- Thanks to the enhanced 3rd party integration of 1Password 6.5 we are now able to provide much more comprehensive access to your 1Password items.
- It’s now possible to access all kinds of items (not only logins but also credit cards, secure notes, etc.) from all vaults.
- 1Password categories (Logins, Passwords, Secure Notes, Credit Cards, Software Licenses, etc.) are now indexed. You can for example type CC to select 1Password’s “Credit Cards” category. You can then browse that category to get a list of all your credit cards stored in 1Password.
- Browsing 1Password by selecting the 1Password app and pressing Right Arrow now provides a list of all available 1Password categories.
- Opening items that don’t perform a login on a website are now showing a window for viewing and editing that item.

Actions:
- New “Safari Tabs” action provides access to all tabs that are currently opened in Safari. Allows to quickly switch to one of those tabs with the keyboard.
- New “Font Awesome Icons” action. Provides a list of all icons available in Font Awesome. You can sub-search that list for a particular icon by name, then press right arrow to access details of that icon (Icon Identifier, Unicode, HTML snippet for inserting that icon in your web-page, a link to the icon’s Font Awesome web-page). Font Awesome icons can also be used in your custom LaunchBar actions. Just specify the icon’s “Icon Identifier” in Action Editor.
- New “Wiktionary” and “Wikiquote” actions with live suggestions.
- New localized “Wikipedia”, “Wiktionary” and “Wikiquote” actions to access those wikis in your preferred non-English language version (according to System Preferences > Language & Region > Preferred languages).
- Existing search templates for Wikipedia and Wiktionary are removed from the configuration. Please use the new actions instead. It may be necessary to re-train your abbreviations for these items.
- Improved indexing of macOS Sharing Service actions.
- Updated Sample Actions

Improved Emoji support:
- Emoji character names are now the same as those in the macOS Character Palette
- It’s now possible to search for emoji by alternative names. For example, type SPORT to find the basketball emoji, or type SPOCK to find a greeting gesture from a place where no man has gone before
- Links to Emojipedia (accessible via Info Browsing of an emoji that’s selected in LaunchBar) now work more reliably with all kinds of emoji, including skin tone modified versions

Other Improvements:
- Improved Calendar input allowing to specify alarms at the time of the event. Example: “Call mom @ 3pm !0min” or just “Call mom @ 3pm !0”
- Browsing the Contacts app now shows the Birthdays category, which provides a chronological list of all upcoming birthdays starting from today
- Improved Info Browsing of indexing rules (showing number of indexed items, date of last index update and the item’s indexing rule)
- Improved Info Browsing of categories to show the number of items in that category
- Improved Info Browsing allowing to sub-search the displayed item by their label

Bug Fixes:
- Fixed: Browsing into an application to access recent documents or other items related to that app sometimes stopped working
- Fixed: Calendar events and reminders were created without time zone information
- The Clipboard History now shows the correct number of characters if the copied text contains emoji characters
- Fixed: Blinking text cursor disappeared while typing in LaunchBar Calculator or while browsing suggestions during text input
- Disabling an indexing rule now frees the memory occupied by items of that rule

ファイルのダウンロード Download