LibreOffice for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

LibreOffice 6.4.7

LibreOffice for Mac は強力なオフィススイートです。そのきれいなインターフェースと強力なツールは、あなたの創造性を発揮し、生産性を向上させます。 LibreOffice には、最も強力な Free& オープンソース Office スイート:Writer、ワードプロセッサ、Calc、スプレッドシートアプリケーション、Impress、プレゼンテーションエンジン、Draw、図面とフローチャートアプリケーション、Base、データベースとデータベースのフロントエンド、数学を編集する数学.

文書手紙、修士論文、パンフレット、財務報告書、マーケティングプレゼンテーション、テクニカルドローイング、ダイアグラムなど、目的にかかわらず、プロフェッショナルでクリーンなものになります。ダウンロード、インストール、アップデート LibreOffice for Mac!

LibreOffice for Mac は、Microsoft® などの多くのドキュメントフォーマットと互換性があります。 Word、Excel、PowerPoint、パブリッシャー。しかし、LibreOffice は、現代のオープンスタンダードである OpenDocument Format(ODF)を使用できるようにすることでさらに進歩しています。デフォルトで出荷される多くの機能以外にも、LibreOffice は強力な拡張機構によって容易に拡張可能です.

LibreOffice は何を提供していますか?

Writer は LibreOffice 内のワードプロセッサです。簡単な手紙を消してから、目次、埋め込み図、参考文献、図を使って本を全部制作するまで、あらゆるものにそれを使用してください。あなたのタイプのオートコンプリート、自動フォーマット、自動スペルチェックは難しい作業を簡単にします(ただし、必要に応じて簡単に無効にすることができます).

Calc は番号をテンして、選択肢を計量しているときに困難な決定に役立ちます。 Calc でデータを分析し、それを使用して最終出力を提示します。チャートと分析ツールは、結論に透明性をもたらすのに役立ちます。完全に統合されたヘルプシステムにより、複雑な数式を簡単に入力できます。 SQL や Oracle などの外部データベースからデータを追加し、並べ替えてフィルタリングして統計分析を作成します。

Impress は効果的なマルチメディアプレゼンテーションを作成する最も簡単で簡単な方法です。素晴らしいアニメーションと驚異的な特殊効果は、あなたの聴衆を説得するのに役立ちます。職場でよく見られる標準的なプレゼンテーションよりもプロフェッショナルに見えるプレゼンテーションを作成します。ちょっと違うものを作成することで、あなたの同僚や上司の注意を喚起してください.

Draw は、スケッチとスケッチをゼロから作成することができます。絵は何千もの言葉に見合う価値があるので、ボックスダイアグラムとラインダイアグラムで単純なものを試してみませんか?また、さらに進んで、ダイナミックな 3D イラストや特殊効果を簡単に作成できます。これは、必要なだけシンプルで強力です.62535896
Base は、LibreOffice スイートのデータベースフロントエンドです。 Base を使用すると、既存のデータベース構造を LibreOffice の他のコンポーネントにシームレスに統合することも、スタンドアロンアプリケーションとしてデータを使用および管理するためのインタフェースを作成することもできます。 MySQL、PostgreSQL、Microsoft Access などのデータソースからインポートしたリンクテーブルやクエリを使用したり、Base.

で独自のデザインを作成することができます.Math は、数学、化学、電気、科学的方程式を標準的な表記法ですばやく作成できます。最も複雑な計算であっても、正しく表示されていると理解できます。 E = mc2.

Also 入手可能:Windows 用の LibreOffice をダウンロードする

ファイルのバージョン LibreOffice 6.4.7
ファイル名 LibreOffice_6.4.7_MacOS_x86-64.dmg
ファイルサイズ 250 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 (Intel)
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 The Document Foundation
更新日 http://www.libreoffice.org/
更新時間 2020-10-22
ログを更新する

What's new in this version:

Bugs fixed:
- insertion into set might find a duplicate
- keep ParseCMAP within legal area
- use std::vector with bounds checking accessor
- PDF export in calc does not export labels
- Changing "Start at" number never changes unless you do something else to reinitialize bullets and numbering inputs
- FILEOPEN: Custom lists not imported from MSO XLSX files
- FILESAVE XLSX: Copy-pasting cell validation may result in a sheet reference error saved as invalid xlsx content
- Table settings and borders are not saved if checked "Embed fonts" and "Only embed fonts that are used"
- Copied calc diagram in gdi format looks ok under linux, but the fonts looks weird under windows
- FONT EFFECTS: Not possible to hide/unhide when selection contains both hidden and unhidden text
- Printing progress dialog briefly shows the total page numbers multiplied by ten in the beginning
- FILEOPEN: DOCX: Incorrect spacing when paragraph is divided by a line
- FILEOPEN: DOCX: Incorrect text wrapping of fly frame
- FILEOPEN: PPTX: Incorrect paragraph alignment in shape
- AUTO-REDACT: enhance GUI and term
- UI: Find All search result frame cannot resized (gen)
- add support for paragraph mark formatting with character style for DOCX
- Crash in swlo!SwRedlineData::SetSeqNo
- Drag and drop to the left removes formatting
- Table is multiplying with dummy's after undo
- Calc only saves background color up to column BL for additional row of the same background color with empty row in between ( steps on comment 16 )
- FILEOPEN: Frames have no bonder
- Unwanted "Text box" movement after Undo'ing last Move
- Check Spelling (F7): cursor unexpectedly jumps backwards when correcting text
- Crash swlo!SwDoc::GotoOutline+0x59c
- DOCX import: use DropDown text field instead of ComboBox form control
- Python script freezes when access text field master in MailMerge event for the second time
- Edit with external tool causes a CPU hit
- CRASH: undoing section paste
- FILEOPEN RTF (in Writer): Image missing/empty frame
- Crash specific undo/redo dance
- Page Break: editing "Text flow > Breaks" gives differing results depending on where the cursor is situated
- MsgBox macro function always creates an icon next to the text
- Images disappearing when editing text in libre writer (tracking changes enabled)
- Table does paste but not visible
- Crash in: swlo.dll
- Crash delete/undo an resize shape
- CRASH: Track Changes: Accepting All Changes
- Freeze hang/after deleting index SwPosition::dumpAsXml
- Writer crashes when merging horizontally cells in a table
- Saving DOCX to ODT with hiding tracking changes trashes all images
- Crash: Run Swam Non Linear Solver with blank input
- Allow duration inputs of 0:mm or 0:0:ss with values >59, or 0:mm:ss with mm>59
- Impress generates a wrong PPTX file after Minimize presentation
- CRASH: Undoing paste of section with flys
- LO crashes when About Libreoffice is clicked
- CRASH in a BASIC macro
- Tables are stacked onto each other after undo of page wrap change
- Crash inspecting an array after Redim Statement with option VBASupport 1
- Image position broken after undo save & reload (and causes save error for DOCX)
- EDITING: If a table is the first element of the document, "Select All" does not select all
- Image removed after correcting word with right click context menu
- Sifr: Missing icons for Line Numbering
- copy/paste of text boxes results in separate shape and text frame
- Breeze: Missing icons for Line Numbering
- crashtesting failure on export to docx
- Immediate CRASH: Highlight multiple cells in a Writer table and select FORMAT -> CHARACTER
- FILESAVE DOCX: Restart Numbering (text:start-value="1") Not Reserved
- Basic Compiler Bug - incorrect syntax error message - Print #iNumber,"#"
- UI Calc Manage Changes dialog has incorrect button texts
- Crash rejecting track and changes sorted by author
- LibreOffice 6.4.3.2 crash ASSERT: "object == obj" in qaccessiblecache.cpp, line 122
- Multiple non-contiguous ranges (range list/concatenation/union) broken on import from Excel and in UI
- XShapeGrouper::group does not work with a single shape
- Icons not showing in menus [Maxim Monastirsky]
- Display of diacritics added to existing files is broken in lines with punctuation or footnotes/endnotes
- Crash in: sw::GetParaPropsNode
- Style 'Result' and 'Result2' have been removed; Subtotals do not get automatic formatting any longer
- Wrong Auto Filter Result if all the records are selected
- layout change with paragraph line spacing in table cells caused by fix for bug 125300
- Crash after resolving comment, undoing and opening redo steps
- FILEOPEN: PPTX: Text is center aligned instead of left

ファイルのダウンロード Download
  • LibreOffice for Mac Screenshot 1LibreOffice for Mac Screenshot 2LibreOffice for Mac Screenshot 3LibreOffice for Mac Screenshot 4LibreOffice for Mac Screenshot 5