LINE for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

SwitchResX 4.11.2

いつでも、どこでも、あなたの友人と連絡を取り合うことができます。オフィスや自宅で、移動中や Mac からスマートフォンで LINE for Mac を使用します。長い電話には「はい」と答えてください。いつでも無料で質の高い通話をお楽しみください。スマートフォンと Mac の両方から受信します.



LINE 機能:

フリーメッセージング、いつでも、どこからでも
1 対 1 とグループチャットでいつでもどこでも友人とインスタントメッセージを自由に交換できます。 LINE は、すべてのスマートフォンデバイス(iPhone、Android、Windows Phone、Blackberry、Nokia)、さらには Mac.

Free Voice& ビデオ通話
友人とのリアルタイムの音声通話とビデオ通話は、LINE で無料です。あなたの愛する人の声を聞いたり、笑顔を見たりするのを待ってはいけません。今すぐ電話してください!現在、iPhone、Android、および PC(Windows / Mac OS)で利用できます.

LINE ステッカー、もっと楽しく表現力豊かな chats
10,000 個以上のステッカーや顔文字を使用すると、より広い範囲の感情を表現できます。 LINE for Mac のステッカーで楽しく過ごせます。ステッカーショップを訪れてオリジナルの LINE と世界的に有名な文字シールを見つけてください.

写真& 動画共有から音声メッセージへ
LINE for Mac 友だちと簡単に写真、ビデオ、ボイスメッセージ、連絡先、位置情報を共有できます.

Timeline
タイムラインを使ってテキスト、写真、動画、ステッカーを共有し、親しい友人と物語を交換しましょう.

スナップ動画
わずか 10 秒!クールなバックグラウンドミュージックを追加し、友人と共有する。

友だちを簡単に追加する
「Shake It!」を使ってすばやく友だちを追加してください機能、QR コード、またはライン ID.

注:携帯電話と 64 ビットプロセッサには LINE が必要です.

Also Available:Windows 用の LINE をダウンロードしてください

ファイルのバージョン SwitchResX 4.11.2
ファイル名 SwitchResX4.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 LINE Corporation
更新日 http://line.me/en/
更新時間 2021-09-06
ログを更新する

What's new in this version:

- New for M1 Macs: Allows to read and export EDID on M1 Macs again (when possible)
- Allows changing the HDR setting (if available) from SwitchResX Menu, as well as from Display Sets and from AppleScript (only on BigSur and later, and only on Macs that support HDR)
- Allows creating custom timings with CVTrbV3 formula (on Intel Macs only, still)
- Allows creating large custom resolutions (custom timings up to 65536, scaled resolutions up to 99999 pixels)


Fixed:
- an issue where it wouldn't remove the system settings correctly (at uninstallation or factory reset)
- an issue where it would try to install Contextual Menu module on BigSur when SIP was disabled. The Contextual Menu only works up to Catalina
- an issue where setting mirroring and resolution in the same Display Set wouldn't apply all settings correctly
- an issue during sorting very big resolutions in the resolutions list
- an issue where the startup DisplaySet could be removed and would still be referenced
- an issue where the Finder extension to show the Contextual Menu wouldn't show if the User desktop folder is on an other volume
- an issue where selecting a HiDPI mode would sometimes incorrectly mark it as native on M1 Macs
- again a memory leak in the SwitchResX Daemon on M1 Macs

ファイルのダウンロード Download
  • LINE for Mac Screenshot 1LINE for Mac Screenshot 2LINE for Mac Screenshot 3LINE for Mac Screenshot 4