Little Snitch for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Little Snitch 4.4.3

ファイアウォールは、インターネットからの不要なゲストからコンピュータを保護します。しかし、誰があなたの私的なデータを送信しないように保護していますか? Little Snitch does!

リトル・スニッチは、プログラムが発信インターネット接続の確立を試みるたびに通知します。この接続を許可または拒否するか、同様の将来の接続試行を処理する方法をルールとして定義できます。これにより、プライベートデータがあなたの知らなくても送信されるのを確実に防ぎます。 Little Snitch for Mac は、バックグラウンドで目立たなく走り、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのネットワーク関連の活動を検出することもできます.

リトルスニッチ機能:

Silent Mode– 後で決定してください。ネットワーク関連の通知によって中断されたくない時間があります。サイレントモードを使用すると、しばらくの間、すべての接続警告を静かにすることができます。その後、サイレントモードログを確認して、その間に発生した接続試行の永続的なルールを定義することができます.

Research Assistant
突然インターネット上の一部のサーバーに接続する前に聞いたことのないプロセスがなぜ疑問に思ったことがありますか?研究アシスタントは、あなたがその答えを見つけるのを助けます。リサーチアシスタントデータベースから現在の接続に関する追加情報を匿名で要求するには、リサーチボタンを 1 回クリックするだけです。Database.Allomatic Profile Switching
ルールは、“ Home”“ Office” のような異なるプロファイルに配置できます。または“ モバイルインターネット” これにより、現在接続しているネットワークに応じて、さまざまなフィルタルールセットを使用できます。プロファイルは、ステータスメニューから手動でアクティブ化することも、プロファイルの 1 つに関連付けられたネットワークに参加するたびに自動的にアクティブ化することもできます。

着信接続のファイアウォール
リトル・スニッチは、重要なデータがあなたの同意なしにコンピュータから離脱しないように、発信ネットワーク接続の試みを明らかにするだけでなく、 Little Snitch の受信ファイアウォールは、着信接続に対して同じレベルの制御を提供します.

注:64 ビットプロセッサが必要です。デモは 3 時間実行され、好きなだけ頻繁に再起動できます。ネットワークモニターは 30 日後に失効します.

ファイルのバージョン Little Snitch 4.4.3
ファイル名 LittleSnitch-4.4.3.dmg
ファイルサイズ 39.46 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Objective Development Software GmbH
更新日 http://www.obdev.at/products/littlesnitch/
更新時間 2019-10-07
ログを更新する

What's new in this version:

- On Catalina, system apps have been moved from /Applications to /System/Applications and the paths in rules must be updated. If you upgrade to Catalina while a previous version of Little Snitch is installed, rules for system apps are not updated

MacOS Catalina compatibility:
- Some of the system apps previously found in /Applications have moved to /System/Applications. This version updates your Little Snitch rules accordingly
- The animation that’s shown when turning on the “Keep above other windows” option in Network Monitor has been changed so that it no longer requires to record the computer’s screen (which caused a privacy warning on macOS Catalina)
- It’s now possible to restore backups that are located in a privacy protected folder such as Documents, Desktop or Downloads on macOS Catalina

Improvements:
- Little Snitch warns about potential consequences when you deny a connection and Little Snitch knows the purpose of the connection. Since this warning may be annoying, it can now be disabled on a per-application basis
- Added support for additional remote endpoint types in the Internet Access Policy. The IAP can now contain information about Berkeley Packet Filter access and connections to the local network
- It’s now possible to simply delete “Code Signature Issue Override Rules” in Little Snitch Configuration. Fixing the underlying issue is still possible in the context menu or by double-clicking the rule
- Various user interface fixes and improvements

Bug Fixes:
- Fixed: Clicking a column header in the rules list in Little Snitch Configuration didn’t sort the list
- Fixed a rare kernel panic which could occur when the system runs out of memory

ファイルのダウンロード Download
  • Little Snitch for Mac Screenshot 1Little Snitch for Mac Screenshot 2Little Snitch for Mac Screenshot 3Little Snitch for Mac Screenshot 4Little Snitch for Mac Screenshot 5