Live Home 3D for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Ultimaker Cura 4.9.0

Live Interior 3D の後継機種である Live Home 3D for Mac は、あなたの Mac にあなたの夢の家を建てられる強力で直感的な家庭用設計ソフトウェアです。これからの家庭改善を計画している住宅所有者か、アイデアと視覚化のギャップを埋めようとしているプロのインテリアデザイナーであるかどうかは関係ありません。ライブホーム 3D はあなたを助けることができます.

Live Home 3D for Mac 特徴:

2D と 3D 環境で作業する
ライブホーム 3D は、詳細な 2D フロアプランをドラフトし、3D で構造を自動的に構築するのに役立ちます。インポートされたフロアプランをトレースしたり、プログラムスマートツールを使用して最初から開始することができます.

Apply Materials and Add Furniture
家具配置を最適化し、スマートなカラー決定を行うことでインテリアをデザインして飾ることができます。ライブホーム 3D は部屋の装飾のプロセスを楽しいものに変えます.

リッチオブジェクトコレクション
あなたは、ソファ、椅子、キッチンセット、家電製品、ドアなどのビルトインライブラリから選択できます。 Trimble 3D Warehouse&trade との統合、さらには、オンラインストレージから何千もの無料 3D モデルをダウンロードできます.

使用できる結果
家のデザインプロジェクトの変更を行い、クライアント、同僚、友人、家族と結果を共有します。カスタムのカメラアングルを設定し、ビューを JPEG、TIFF、PNG、および BMP にエクスポートします。 3D ビデオウォークスルーをレンダリングし、YouTube または Vimeo で共有します。 360°作成パノラマ JPEG 画像または 360° videos.

2D フロアプランを作成する
直感的なポイントアンドクリックドラフトツールを使用して 2D フロアプランを作成して、インテリアデザインプロジェクトを開始します。数回のクリックで部屋と壁を測定します。家具、ドア、窓を追加する。インテリアデザイン views.

家具と材料のコレクション
のいずれかの部屋の家具の配置と配色を取り出す前に、単一の指を離したり、塗装を注文するカメラや映画トラックを設定します。 1,500 以上のオブジェクトからなるライブラリから家具、装飾品、ドアなどをドラッグ&ドロップし、2,100 以上の素材を使用してファブリック、色、仕上げを簡単に変更できます.

エクスポートオプション
MacOS 用の Live Home 3D の内部と外部の両方の作業が生きています。あなたはアプリを変更し、クライアント、同僚、友人、家族と結果を共有することができます.

フロアプラン、スクリーンショット、ビデオ
PDF、JPEG、360&deg。のフロアプランをエクスポートできます。パノラマ JPEG、TIFF、PNG または BMP ファイル形式。また、内部ビューのスナップショットを JPEG、TIFF、PNG、および BMP に書き出すこともできます。カメラのパスを設定し、プロジェクトの 3D ビデオウォークスルーを記録するのは簡単です(360°および 360°を含む)。 Facebook または Youtube.

で共有するための動画注:デモ版では、保存機能が無効になっています。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Ultimaker Cura 4.9.0
ファイル名 Ultimaker_Cura-4.9.0-Darwin.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 BeLight Software, Ltd.
更新日 http://www.livehome3d.com/mac/live-home-3d
更新時間 2021-04-20
ログを更新する

What's new in this version:

Digital factory integration:
- Now you can open files directly from Digital Library projects. Then, after preparation, quickly and easily export them back. This feature is available for all users with an Ultimaker Essentials, Professional, or Excellence subscription. Learn more

"Line type" is now the default color scheme:
- When entering the Preview mode, you don't have to switch manually to line type.

Z-seam is now clearly shown in preview mode:
- This ensures that you will know whether the seam will be sufficiently hidden in the end product. This will also indicate the starting point of the print.

Fixed:
- a security vulnerability on windows permitting the openssl library used to launch other programs
- Connect Top/Bottom Polygons
- closing Marketplace after quitting Cura
- clicking on Marketplace button to go to web Marketplace
- Pause at Height when using Repetier flavour
- correct density for current PETG filaments
- Pause at height post-processing script that returns to the right position
- layer view being grayed out after reslicing
- fan speed issue due to reuse of empty extruder plan
- loading OBJ files with no texture references, but does have normal references
- retraction/priming while extruder switches
- loading script from all registered resource paths
- typeError: define_round_method
- missing layer with Hole Horizontal Expansion
- Tree Support Floor layers
- Top Surface Skin Layers if Top layers = 0
- recent files on opening as project
- opening project file from command-line
- thumbnail in UFP files
- validator for floats in Machine Settings dialog. Contributed by @fieldOfView
- recessed areas at the bottom of a model while using Make Overhangs Printable
- slicing grouped models if one of the group parts is below Z=0
- material temperatures and fan speed for Anycubic i3 Mega
- drop model down to buildplate when always drop to buildplate is disabled.
- drop objects to buildplate after scaling
- disallowed areas while using Brim Line Widths
- message for non manifold models
- setting category arrows
- metadata tags for 3MF files
- engine crash when using low-density Cross Infill
- performance of loading .def.json files

ファイルのダウンロード Download