MacPilot、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Etcher 1.5.92

MacPilot は UNIX のパワーと Macintosh のシンプルさを提供します。これはあなたの手に驚異的な量の未使用電力を意味します! MacPilot を使用して 1,200 以上の機能のロックを解除し、簡単で使い慣れた Macintosh ユーザーインターフェイスですべての機能にアクセスします。

Finder で隠しファイルを表示したり、起動チャイムを無効にしたり、スペーサーとスタックを Dock に追加したり、スクリーンショットファイルのフォーマットを変更したり、メンテナンスツールを実行したり、ネットワーク設定を微調整したり、ゴミ箱やゴミ箱を強制したりします。もっと。どのくらいの Mac OS X が「フードの下に」あるかを知るうちに、あなたは畏敬の念を浮かべ、数日間忙しいままでいます.

助手席から出て、あなたの Mac をコントロールしてください。ログインウインドウの設定、デスクトップとしてのスクリーンセーバーの使用、高度なファイルアクセス許可(ACL)の変更、システムウェルカムメッセージの変更、QuickTime での同時録音の有効化、システムログの表示、または多数のアプリケーションでのデバッグメニューの有効化

MacPilot 特長:

System Profile
高度なシステム情報を要約する美しいシステムプロファイル。グラフィックスカードと RAM バスの速度からシステムのシリアル番号とプロセッサー情報までのすべての情報.

Reference
ネットワークポート、エラーコード、およびキーコンボの完全なリストを表示します。 UNIX のノードパス、空きブロック、デバイスブロックサイズ、ファイル数、フォルダ数、マウントポイント、ファイルシステムタイプ、ソリッドステートステータスなどの高度なディスク情報と統計情報を表示する。他の BSD レベルの情報飾り付きのアクセサリーなどがあります.

Maintenance
cron、起動サービス、および事前バインディングなどの一般的な保守スクリプトを実行して、システムを最適化して修復します。ダウンロード隔離リストをリセットしてゴミ箱を空にし、システムログを回転させてシステムを再起動します RAM.

シングルクリック Access
システムに深く埋もれている Bluetooth、証明書、ディレクトリ、RAID、印刷システムのアシスタントに簡単にアクセスします

ファイル Browser121235896Browse the computer すべての不可視ファイルとシステムファイルを表示します。信じられないほど詳細なファイル仕様を表示し、拡張属性、POSIX および ACL 権限、ファイルを削除できないようにするハードロックなどの高度な設定を編集する.

注:15 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン Etcher 1.5.92
ファイル名 balenaEtcher-1.5.92.dmg
ファイルサイズ 77.7 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.12 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Koingo Software
更新日 http://www.koingosw.com/products/macpilot/
更新時間 2020-05-25
ログを更新する

What's new in this version:

Etcher 1.5.92
- Use electron.app.getAppPath() instead of reading it from argv in catalina-sudo
- Disable asar packing on all platforms
- Remove unneeded fortawesome from main.scss
- Remove unneeded font formats
- Webpack everything, reduce package size


Etcher 1.5.91
- Minor fix - Init isSourceDrive param in correct place
- Fix undefined image from DriveCompatibilityWarning


Etcher 1.5.90
- Change log not available for this version


Etcher 1.5.89
- Fix drive selector modal padding
- Update all dependencies minor versions
- Update @types/node 12.12.24 -> 12.12.39
- Update ts-loader 6 -> 7
- Update sinon 8 -> 9
- Update node-gyp 3 -> 6
- Update lint-staged 9 -> 10
- Update husky 3 -> 4
- Remove no longer used html-loader dev dependency
- Update electron-notarize 0.1.1 -> 0.3.0
- Remove no longer used chalk dev dependency
- Update @types/tmp 0.1.0 -> 0.2.0
- Update @types/sinon 7 -> 9
- Update @types/semver 6 -> 7
- Update @types/mocha 5 -> 7


Etcher 1.5.88
- Update roboto-fontface 0.9.0 -> 0.10.0
- Update rendition 12 -> 14, styled-system and styled-components 4 -> 5
- Update electron-updater 4.0.6 -> 4.3.1
- Update redux 3 -> 4
- Update debug 3 -> 4
- Update semver 5 -> 7
- Update tmp 0.1.0 -> 0.2.1
- Update uuid v3 -> v8


Etcher 1.5.87
- Update etcher-sdk to ^4.1.3 to fix issues with some bz2 files


Etcher 1.5.86
- Fix theme warnings


Etcher 1.5.85
- Prefer balena-etcher to etcher-bin on Arch Linux


Etcher 1.5.84
- Including Arch / Manjaro install instructions
- Fix notification icon path


Etcher 1.5.83
- Decompress images before flashing, remove trim setting, trim ext partitions


Etcher 1.5.82
- Allow http/https only for Flash from URL
- Add generic error's message
- Refactor buttons style
- Add flash from url workflow
- Add staging percentage for v1.5.81
- Trigger update for v1.5.81


Etcher 1.5.81
- Add average speed in flash results
- docs: Update macOS drive recovery command
- Update etcher-sdk to use direct IO


Etcher 1.5.80
- Use zoomFactor to scale contents in fullscreen mode
- Update electron to v7.1.14
- Fix sass files path for lint-sass


Etcher 1.5.79
- Remove "Download the React DevTools for a better development experience" message
- Fix error when launching from terminal when installed via apt

Etcher 1.5.78
- Update drivelist to 8.0.10 to fix parsing lsblk --pairs


Etcher 1.5.77
- Fix error message not being shown on write error
- The RGBLed module has been moved to a separate repository


Etcher 1.5.76
- Prefix temp permissions script name
- Fix image drop zone, remove react-dropzone dependency
- Update etcher-sdk to ^2.0.17


Etcher 1.5.75
- Initialize leds object map


Etcher 1.5.74
- Etcher pro leds feature
- Compress deb package with bzip instead of xz
- Update electron to 7.1.11


Etcher 1.5.73
- Update electron to v7.1.10


Etcher 1.5.72
- Remove no longer used angular svg-icon component
- Remove no longer used closestUnit angular filter


Etcher 1.5.71
- Update resin-corvus to 2.0.5


Etcher 1.5.70
- Make header draggable again
- Refactor drive selector and confirm modal to React
- Rework lib/gui/app/styled-components to typescript
- Convert FlashAnother & FlashResults to typescript
- Use React instead of Angular for image selection
- Convert the drive selection step to React
- chore: move flash step to React
- Use React instead of Angular for image selection


Etcher 1.5.69
- Don't add --no-sandbox when ELECTRON_RUN_AS_NODE true


Etcher 1.5.68
- Add version in settings modal


Etcher 1.5.67
- Fix elevation on macos in development


Etcher 1.5.66
- Update spectron to ^8
- Update dependencies, get node-usb from npm
- Update nan to ^2.14
- Use the same entrypoint for etcher and the child writer
- Require angular-mocks only when needed
- Remove no longer needed pkg dev dependency
- Update mocha, remove nock
- Remove no longer needed xml2js
- Remove node-pre-gyp patch that is no longer needed with electron 6
- Update electron-mocha to ^8.1.2, remove acorn
- Update electron to 6.0.10


Etcher 1.5.65
- Convert settings modal to typescript
- Refactor settings page into modal


Etcher 1.5.64
- Change log not available for this version


Etcher 1.5.63
- Introduce an FAQ file


Etcher 1.5.62
- Update drivelist to 8.0.9


Etcher 1.5.60
- Upgrade ext2fs to 1.0.30


Etcher 1.5.59
- Catch console log messages from SafeWebView


Etcher 1.5.58
- Remove leftover GH-pages configuration file


Etcher 1.5.57
- Fix entrypoint when options are passed to electron


Etcher 1.5.56
- Fix windows portable download


Etcher 1.5.55
- Update etcher-sdk to ^2.0.13


Etcher 1.5.54
- Fix auto-updater check for updates


Etcher 1.5.53
- Allow typescript files


Etcher 1.5.52
- Don't use wmic's ProviderName if it's empty


Etcher 1.5.51
- Update sudo-prompt to ^9.0.0


Etcher 1.5.50
- Option for trimming ext partitions on raw images


Etcher 1.5.49
- Make window size configurable


Etcher 1.5.47
- Rework drive-selector with react + rendition
- Use rendition theme property for step buttons
- Upgrade styled-system to v4.1.0
- Upgrade rendition to v8.7.2


Etcher 1.5.46
- Update ext2fs to 1.0.29


Etcher 1.5.45
- Empty commit to trigger build


Etcher 1.5.44
- Fix elevation on windows when the path contains "&" or "'"


Etcher 1.5.43
- Revert "Include sass in webpack configs"


Etcher 1.5.42
Include sass in webpack configs


Etcher 1.5.41
- waffle.io removal and adding a link to the license


Etcher 1.5.40
- windows installer and portable version support both ia32 and x64

ファイルのダウンロード Download