Mactracker、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

install4j 9.0.5

Mactracker は、すべての Mac OS X ユーザーにあなたの現在のハードウェアに関する情報とこれまでに作成されたすべての Apple Macintosh コンピュータのハードウェア構成を提示できる強力な診断ツールです。 If は、すべてのプロセッサ速度、光学ドライブ、グラフィックカード、メモリ、サポートされている Mac OS のバージョンなどを追跡します。内蔵ハードウェアに加えて、iPod、iPhone、iPad、スキャナー、プリンター、ディスプレイ、デジタルカメラ、マウス、ベースステーション、Wi-Fi カード、その他数多くのモデルを含む幅広い外部デバイスデータベースも備えています。 Mactracker Mac のためのすべてのアップルのハードウェアモデルの完全なデータベースを含むフリーウェアアプリケーションです!

すべての知識レベルのユーザーを簡単にアップルのハードウェアの現在の状態を一覧表示するユーザーを支援する開発者イアンページで作成され、このアプリケーションのインターフェイスは、プロフェッショナルは同時に使いやすい。メインダッシュボードには、Apple が作成したハードウェアのカテゴリのリストがあります。リストは“ All Models” で始まります。その後、現在のモデル、この Mac、履歴、タイムライン、デスクトップ、ノートブック、Apple TV、iPhone、iPads などのように、ますます明確に分類されたカテゴリになります。それはあなたのメインのリンゴアカウントに接続された Mac のあなた自身のモデルの統合されたショーケースを持っていて、そのハードウェアがまだ保証の対象であるかどうか、またはすぐに保証を残すかどうかを示しています。このアプリケーションで紹介されているすべてのハードウェアには、コンポーネント、電力レベル、過去の価格など、Apple ハードウェアの機能に関する完全なイメージを描くことができる他の多くの情報が網羅されています。 Apple Macintosh、iPod、iPhone、iPad のすべての詳細情報を提供します!

ファイルのバージョン install4j 9.0.5
ファイル名 install4j_macos_9_0_5.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Ian Page
更新日 http://www.mactracker.ca/
更新時間 2021-09-14
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- Added a JDK provider for Adoptium. This is now the default JDK provider
- Added an option to collect file association actions for macOS installer media files at compile-time on the "Executable info->macOS options" step of the launcher wizard. This is required on the ARM architecture where the Info.plist file cannot be modified after the installation. This will become the default behavior in install4j 10.

Fixed:
- Regression in 9.0.3: Leading or trailing spaces in the default launcher arguments produced empty arguments
- Regression in 9.0: Blocking in-process launcher integrations did not set the Look and Feel anymore
- Regression in 9.0: The "Insert variables" action in editors did not work in contexts where i18n messages are not supported
- Regression in 9.0: If no JRE bundle and no maximum Java version was configured, the minimum Java version was incorrectly used as the maximum version
- Regression in 9.0: Windows installers did not work with IBM 9+ JREs
- "Load a response file" and "Create a response file" actions: The variable selection in the edit dialog of properties for excluded variables inserted the replacement syntax instead of the variable names
- "Create a file association" action: Compiler variables were not supported in the "Icon file for macOS" property
- Empty directories in the distribution tree with an uninstall policy "Never" were deleted by the uninstaller
- Fixed a StackOverflowException in the communication with the elevated helper process
- macOS: The configured native library directories had no effect for command line launchers
- macOS: JAR files with an & in their file name did not work
- MSI installers: Temporary files were not always deleted
- MSI installers: Starting an already installed per-machine installation again did not work as expected
- RPM archives: Signed RPMs were considered source packages by older RPM releases

ファイルのダウンロード Download
  • Mactracker Screenshot 1Mactracker Screenshot 2Mactracker Screenshot 3Mactracker Screenshot 4