MediaInfo for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Resolume Arena 7.9.0 rev 11617

MediaInfo for Mac は、ビデオまたはオーディオファイルに関する技術情報およびタグ情報を提供します。情報の例としては、コーデック、ビットレート、1 秒あたりのフレーム数、幅、高さ、チャンネル数、期間、タイトル、著者、字幕言語、チャプター名などがあります.

複数の情報(テキスト、シート、ツリー、HTML)これらのビューをカスタマイズすることができます。テキスト、CSV、HTM、グラフィカルインターフェイス、またはコマンドラインの可能性をエクスポートできます。サポートされているフォーマットには、MKV、OGM、AVI、MPEG1、MPEG2、MPEG4、DVD、OGG、MP3、WAV、RA、AC3、DTS、AAC、M4A、AU、AIFF.

MediaInfo データ表示が含まれます:
Container:format、profile ビデオ、フォーマット、コーデック ID、アスペクト、フレームレート、ビットレート、ビデオのフォーマット、期間、全体のビットレート、書き込みアプリケーションとライブラリ、タイトル、著者、ディレクター、アルバム、トラック番号、日付、音声、フォーマット、コーデック ID、サンプルレート、チャンネル、ビット深度、言語、ビットレート... テキスト:フォーマット、コーデック ID、サブタイトルの言語。 MPEG-4、QuickTime、Matroska、AVI、MPEG-PS(非保護 DVD を含む)、MPEG-TS(保護されていない Blu-ray を含む)ビデオ、MPEG-1/ 2 ビデオ、H.263、MPEG- 4 ビジュアル(DivX を含む)、MXF、GXF、LXF、WMV、FLV、Real ... タグ:Id3v1、Id3v2、Vorbis コメント、 XviD)、H.264 / A VC、Dirac ... オーディオ:MPEG オーディオ(MP3 含む)、AC3、DTS、AAC、ドルビー E、AES3、FLAC ... 字幕:CEA-608、CEA-708、DTVCC、SCTE-20、SCTE-128、 MediaInfo の機能には、次のものが含まれます:
さまざまなフォーマット(テキスト、シート、ツリー、HTML など)で情報を表示します。これらの表示フォーマットのカスタマイズテキスト、CSV、HTML としての情報のエクスポートグラフィカルユーザーインターフェイス、コマンドラインインターフェイス、またはライブラリ(.dll / .so / .dylib)のバージョンが利用可能シェルと統合(ドラッグアンドドロップ、コンテキストメニュー)国際化:任意のオペレーティングシステム上の任意の言語を表示可能利用可能:MediaInfo for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン Resolume Arena 7.9.0 rev 11617
ファイル名 Resolume_Arena_7_9_0_rev_11617_Installer.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 MediaInfo Team
更新日
更新時間 2022-02-07
ログを更新する

What's new in this version:

Preview Advanced Output Screens & CrossFader:
- Since version 7.7 you can create as many preview monitors you like and directly monitor layer and groups. We're now taking this one step further by introducing preview monitoring of screens from the advanced Output and the CrossFader. Open the monitor menu by clicking on the radar icon in the bottom right of every monitor.

Node Library Search Improvements:
- Version 7.9 changes the way you patch in Wire forever. The Node Library with search can now be brought up by double clicking on inlets & outlets and by double clicking on a wire. This makes patching sooo much faster! You can also now select a node, press CMD + ENTER on macOS and CTRL + ENTER on Windows to open the node library, search what you're looking for and press enter to the create the node, this way you can use the mouse even less and patch even faster.

Installing Wire Patches:
- Drop a compiled Wire patch onto Arena and Avenue and it will be copied to the correct folder and show up in the Wire category on the Effects and Sources panels instead of listed as a "normal effect".

Avenue & Arena Fix List:
- Update to FFmpeg 4.3
- Swagger.yaml has wrong value type for clip Connected
- Stutter when loading & triggering a clip with Syphon input
- Recalling cue point when AV clip is paused, audio position is not recalled
- Dongle no worky any more under Monterey
- Green color fringing when outputting via Blackmagic cards
- Option for Footage Installer to not launch app in /SILENT mode
- Crash clearing clip slot through API
- Black BG in Chinese translation says Black Beijing
- Blend params can get lost when copying effect
- Clearing layer through REST-API does not work

Wire Fix List:
- Crash inserting Pack before Node which already has float 4 connected to other inlet
- Snapshot can create image from wrong node, move Snapshot to Node menu
- Length isn't multi-class
- Welcome dialog doesn't show thumbnails in recents
- Crash connecting multichannel nodes using wire drop on background with nodes not accepting multi channel input
- Bloom and Pixel blur are broken in Wire on M1 with Montere

ファイルのダウンロード Download
  • MediaInfo for Mac Screenshot 1MediaInfo for Mac Screenshot 2MediaInfo for Mac Screenshot 3