MenuMeters for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.32.0

MenuMeters は、Mac OS X 用の CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク監視ツールのセットです。同じことをする他の多くのプログラムがありますが、私が探していた機能セットはまったくありませんでした。ほとんどは、コーナーやデスクトップに座っていたウィンドウで、ノートパソコンの小さな画面上のドキュメントウィンドウによって必然的に隠されていました。メニューバーを使用していたモニターは、たいてい NSStatusItem API を使用しました。これは、ログインごとにメニューバーを完全に並べ替える厄介な傾向があります.6.6235896
The MenuMeters for Mac モニターは、本当の SystemUIServer プラグイン(Menu Extras とも呼ばれます)です。これは、コマンドドラッグを使用して並べ替えることができることを意味し、ログインと再起動の間のメニューバー内の位置を覚えていることを意味します.

MenuMeters 機能:

CPU Meter
は、合計パーセンテージとして、またはユーザとシステム時間として表示されます。また、ユーザとシステムの負荷をグラフ化し、負荷を「温度計」として表示することもできます。 CPU メーターのメニューには、1 回クリックするだけで好きな情報がいくつか含まれています.

ディスクアクティビティメーター
は、ディスクアクティビティをシステム上のローカルディスク(IOKit BlockStorage ドライバ)に表示します。ホットプラグ対応で、FireWire や USB ディスクがマウントされているときにその動作を表示します。ディスクメーターメニューには、ローカルドライブのボリュームスペースの詳細が表示されます(パフォーマンス上の理由からマウントされたネットワークボリュームは表示されません).

メモリメーター
は、現在のメモリ使用量を円グラフ、温度計、履歴グラフ、または使用済み / [Memory Meter]メニューには、現在のメモリ使用量と VM 統計が表示されます。メモリメーターには、オプションでページングインジケータ light

を表示することができます。Net Meter
は、ネットワークスループットを矢印、バイト / 秒、および / またはグラフとして表示できます。矢印およびグラフの両方は、ユーザが選択したスケーリング係数および計算を使用してスケーリングされる。スケーリングは、ネットワークインターフェイスまたはピークトラフィックによって報告された実際のリンク速度に基づいて行われ、いくつかのスケーリング計算のうちの 1 つを使用することができます。 Net Meter メニューには、現在のインターフェイスとそのステータスが表示されます。インターフェイス情報は、SystemConfiguraton フレームワークから収集され、Mac OS X のネットワークロケーション認識です.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン Postman 7.32.0
ファイル名 Postman-osx-7.32.0.zip
ファイルサイズ 115.92 MB
オペレーティングシステム Mac OS 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Raging Menace
更新日 http://www.ragingmenace.com/software/menumeters/index.html
更新時間 2020-09-19
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- Static IPs are enabled by default on monitors for Business and Enterprise teams. You can also view the static IP details on the Create Monitor page for easy reference.
- It’s easier to draft OpenAPI2 and OpenAPI3 schemas with new support for auto-complete
- You can more accurately depict API behavior with mock servers by simulating a 100ms, 300ms, or custom network delay

Improvements:
- You can now import and configure multiple API schemas at once in Postman
- When inviting teammates to a workspace, we added a confirmation message to ensure any changes weren’t lost on closing the invitation window without saving
- Updated the placeholder value for the header prefix field in OAuth2, which previously implied that “Bearer” would be added by default if left blank #8811

Bug Fixes:
- Fixed a bug when adding empty params to the OAuth1 signature, where the signature would be calculated incorrectly
- Fixed a bug when entering a request query param with the value hasOwnProperty would cause the app to crash
- Fixed a bug when stopping a collection run would cause the app to crash
- Fixed a bug when changing workspaces, where newer collection runs wouldn’t sync
- Fixed a bug when filtering the workspace activity feed by user, where the list of users wouldn’t show up in the filter menu

ファイルのダウンロード Download
  • MenuMeters for Mac Screenshot 1MenuMeters for Mac Screenshot 2MenuMeters for Mac Screenshot 3MenuMeters for Mac Screenshot 4