Microsoft Office for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Etcher 1.5.89

Microsoft Office for Mac はクラウドによって駆動されるため、いつでも、どこからでも、どのデバイスからでもドキュメントにアクセスできます。それは間違いなく Office ですが、Windows のユニークな機能を活用するために慎重に設計されています。 Microsoft Office は、Microsoft によって導入された Microsoft Windows および Mac OS X オペレーティングシステム用のデスクトップアプリケーション、サーバー、およびサービスのオフィススイートです。新しい Microsoft Office には、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook のアップデート版が含まれています。いずれかのアプリケーションを開くとすぐに違いが感じられます。リフレッシュされたタスクペインインターフェイスにより、グラフィックの配置、サイズ変更、または回転が容易になり、必要なレイアウトを正確に作成することができます。また、新しいテーマやスタイルを使用すると、すばらしいプロフェッショナルなドキュメントを作成できます.

Word for Mac
美しくプロフェッショナルなドキュメントを作成し、磨き、共有します。 Word の最新のオーサリングツールとレビューツールは、洗練されたドキュメントの作成を容易にします。新しい Insights ペインには、Word 内の Web から関連するコンテキスト情報が表示されます。 [デザイン] タブでは、ドキュメント全体のレイアウト、色、フォントを管理できます。組み込みのツールを使用して共同作業し、ドキュメントを共有したりレビューしたりすることで、さらに多くのことが達成されました。複数の人が同じ文書を同時に扱うことができ、関連するテキストの隣にスレッドのコメントをつけて会話をすることができます.

Excel for Mac
数値を直観的に直感的に分析して可視化します。 Mac 用の新しい Excel では、数字を洞察力に変えることができます。式ビルダーやオートコンプリートなどの使い慣れたキーボードショートカットやデータ入力機能の強化により、すぐに生産性が向上します。 Excel はまた、あなたの数値に最も適したチャートを推薦し、さまざまなオプションをすばやくプレビューできるようにして、データを視覚化するのに役立ちます。新しいピボットテーブルスライサーを使用すると、大量のデータパターンを発見するのに役立ちます.

PowerPoint for Mac
マルチメディアプレゼンテーションを作成し、自信を持ってアイデアを発表します。完全に自信を持って次のプレゼンテーションに進んでください。 PowerPoint の新しいプレゼンタービューでは、現在のスライド、次のスライド、スピーカーノート、およびタイマーが Mac に表示され、プレゼンテーションのみが大画面で視聴者に投影されます。新しいアニメーションペインは、アニメーションのデザインや微調整に役立ち、洗練されたスライドトランジションによって完成した製品が磨かれます。プレゼンテーションを簡単に共有したり、同じプレゼンテーションで同時に作業する他の人を招待したりできます.

OneNote for Mac
あなた自身のデジタルノートブックであなたの考えをお伝えください。任意のデバイスでアクセスできるデジタルノートブックでアイデアをキャプチャ、整理、共有できます。タグを追跡し、入力したメモを索引付けし、画像や手書きメモのテキストを認識する強力な検索エンジンを使用してすばやく検索します。太字、イタリック体、下線、ハイライト、ファイル、画像、表の挿入 - 必要に応じてノートの書式を設定します。ノートブックを友人、家族、同僚と簡単に共有できるので、誰もが旅行計画、家庭の仕事、または仕事のプロジェクトで一緒に仕事をすることができます.

Outlook for Mac
Stay は、電子メールとカレンダーを使って整理されています。あなたの電子メール、カレンダー、連絡先、およびタスクを管理することは決して容易ではありません。 Mac 用の新しい Outlook はプッシュメールをサポートしているので、受信トレイは常に最新の状態になっています。改善された会話ビューでは、受信トレイをスレッド化された会話の周りに自動的に編成するので、関連するメッセージを再度検索することはありません。新しいメッセージのプレビューでは、件名のすぐ下にある電子メールの最初の文章が表示されるので、すぐに読んだり、後で返すかどうかを素早く判断することができます.

注:未登録のバージョンでは、それらを編集したり、新しいものを作成することはできません.

Also Available:Microsoft Office for Windows をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン Etcher 1.5.89
ファイル名 balenaEtcher-1.5.89.dmg
ファイルサイズ 94.1 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Microsoft Corporation
更新日 https://products.office.com/en-us/mac/microsoft-office-for-mac
更新時間 2020-05-14
ログを更新する

What's new in this version:

Etcher 1.5.89
- Fix drive selector modal padding
- Update all dependencies minor versions
- Update @types/node 12.12.24 -> 12.12.39
- Update ts-loader 6 -> 7
- Update sinon 8 -> 9
- Update node-gyp 3 -> 6
- Update lint-staged 9 -> 10
- Update husky 3 -> 4
- Remove no longer used html-loader dev dependency
- Update electron-notarize 0.1.1 -> 0.3.0
- Remove no longer used chalk dev dependency
- Update @types/tmp 0.1.0 -> 0.2.0
- Update @types/sinon 7 -> 9
- Update @types/semver 6 -> 7
- Update @types/mocha 5 -> 7


Etcher 1.5.88
- Update roboto-fontface 0.9.0 -> 0.10.0
- Update rendition 12 -> 14, styled-system and styled-components 4 -> 5
- Update electron-updater 4.0.6 -> 4.3.1
- Update redux 3 -> 4
- Update debug 3 -> 4
- Update semver 5 -> 7
- Update tmp 0.1.0 -> 0.2.1
- Update uuid v3 -> v8


Etcher 1.5.87
- Update etcher-sdk to ^4.1.3 to fix issues with some bz2 files


Etcher 1.5.86
- Fix theme warnings


Etcher 1.5.85
- Prefer balena-etcher to etcher-bin on Arch Linux


Etcher 1.5.84
- Including Arch / Manjaro install instructions
- Fix notification icon path


Etcher 1.5.83
- Decompress images before flashing, remove trim setting, trim ext partitions


Etcher 1.5.82
- Allow http/https only for Flash from URL
- Add generic error's message
- Refactor buttons style
- Add flash from url workflow
- Add staging percentage for v1.5.81
- Trigger update for v1.5.81


Etcher 1.5.81
- Add average speed in flash results
- docs: Update macOS drive recovery command
- Update etcher-sdk to use direct IO


Etcher 1.5.80
- Use zoomFactor to scale contents in fullscreen mode
- Update electron to v7.1.14
- Fix sass files path for lint-sass


Etcher 1.5.79
- Remove "Download the React DevTools for a better development experience" message
- Fix error when launching from terminal when installed via apt

Etcher 1.5.78
- Update drivelist to 8.0.10 to fix parsing lsblk --pairs


Etcher 1.5.77
- Fix error message not being shown on write error
- The RGBLed module has been moved to a separate repository


Etcher 1.5.76
- Prefix temp permissions script name
- Fix image drop zone, remove react-dropzone dependency
- Update etcher-sdk to ^2.0.17


Etcher 1.5.75
- Initialize leds object map


Etcher 1.5.74
- Etcher pro leds feature
- Compress deb package with bzip instead of xz
- Update electron to 7.1.11


Etcher 1.5.73
- Update electron to v7.1.10


Etcher 1.5.72
- Remove no longer used angular svg-icon component
- Remove no longer used closestUnit angular filter


Etcher 1.5.71
- Update resin-corvus to 2.0.5


Etcher 1.5.70
- Make header draggable again
- Refactor drive selector and confirm modal to React
- Rework lib/gui/app/styled-components to typescript
- Convert FlashAnother & FlashResults to typescript
- Use React instead of Angular for image selection
- Convert the drive selection step to React
- chore: move flash step to React
- Use React instead of Angular for image selection


Etcher 1.5.69
- Don't add --no-sandbox when ELECTRON_RUN_AS_NODE true


Etcher 1.5.68
- Add version in settings modal


Etcher 1.5.67
- Fix elevation on macos in development


Etcher 1.5.66
- Update spectron to ^8
- Update dependencies, get node-usb from npm
- Update nan to ^2.14
- Use the same entrypoint for etcher and the child writer
- Require angular-mocks only when needed
- Remove no longer needed pkg dev dependency
- Update mocha, remove nock
- Remove no longer needed xml2js
- Remove node-pre-gyp patch that is no longer needed with electron 6
- Update electron-mocha to ^8.1.2, remove acorn
- Update electron to 6.0.10


Etcher 1.5.65
- Convert settings modal to typescript
- Refactor settings page into modal


Etcher 1.5.64
- Change log not available for this version


Etcher 1.5.63
- Introduce an FAQ file


Etcher 1.5.62
- Update drivelist to 8.0.9


Etcher 1.5.60
- Upgrade ext2fs to 1.0.30


Etcher 1.5.59
- Catch console log messages from SafeWebView


Etcher 1.5.58
- Remove leftover GH-pages configuration file


Etcher 1.5.57
- Fix entrypoint when options are passed to electron


Etcher 1.5.56
- Fix windows portable download


Etcher 1.5.55
- Update etcher-sdk to ^2.0.13


Etcher 1.5.54
- Fix auto-updater check for updates


Etcher 1.5.53
- Allow typescript files


Etcher 1.5.52
- Don't use wmic's ProviderName if it's empty


Etcher 1.5.51
- Update sudo-prompt to ^9.0.0


Etcher 1.5.50
- Option for trimming ext partitions on raw images


Etcher 1.5.49
- Make window size configurable


Etcher 1.5.47
- Rework drive-selector with react + rendition
- Use rendition theme property for step buttons
- Upgrade styled-system to v4.1.0
- Upgrade rendition to v8.7.2


Etcher 1.5.46
- Update ext2fs to 1.0.29


Etcher 1.5.45
- Empty commit to trigger build


Etcher 1.5.44
- Fix elevation on windows when the path contains "&" or "'"


Etcher 1.5.43
- Revert "Include sass in webpack configs"


Etcher 1.5.42
Include sass in webpack configs


Etcher 1.5.41
- waffle.io removal and adding a link to the license


Etcher 1.5.40
- windows installer and portable version support both ia32 and x64

ファイルのダウンロード Download
  • Microsoft Office for Mac Screenshot 1Microsoft Office for Mac Screenshot 2Microsoft Office for Mac Screenshot 3Microsoft Office for Mac Screenshot 4Microsoft Office for Mac Screenshot 5