Microsoft Office for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Ultimaker Cura 4.7.0

Microsoft Office for Mac はクラウドによって駆動されるため、いつでも、どこからでも、どのデバイスからでもドキュメントにアクセスできます。それは間違いなく Office ですが、Windows のユニークな機能を活用するために慎重に設計されています。 Microsoft Office は、Microsoft によって導入された Microsoft Windows および Mac OS X オペレーティングシステム用のデスクトップアプリケーション、サーバー、およびサービスのオフィススイートです。新しい Microsoft Office には、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook のアップデート版が含まれています。いずれかのアプリケーションを開くとすぐに違いが感じられます。リフレッシュされたタスクペインインターフェイスにより、グラフィックの配置、サイズ変更、または回転が容易になり、必要なレイアウトを正確に作成することができます。また、新しいテーマやスタイルを使用すると、すばらしいプロフェッショナルなドキュメントを作成できます.

Word for Mac
美しくプロフェッショナルなドキュメントを作成し、磨き、共有します。 Word の最新のオーサリングツールとレビューツールは、洗練されたドキュメントの作成を容易にします。新しい Insights ペインには、Word 内の Web から関連するコンテキスト情報が表示されます。 [デザイン] タブでは、ドキュメント全体のレイアウト、色、フォントを管理できます。組み込みのツールを使用して共同作業し、ドキュメントを共有したりレビューしたりすることで、さらに多くのことが達成されました。複数の人が同じ文書を同時に扱うことができ、関連するテキストの隣にスレッドのコメントをつけて会話をすることができます.

Excel for Mac
数値を直観的に直感的に分析して可視化します。 Mac 用の新しい Excel では、数字を洞察力に変えることができます。式ビルダーやオートコンプリートなどの使い慣れたキーボードショートカットやデータ入力機能の強化により、すぐに生産性が向上します。 Excel はまた、あなたの数値に最も適したチャートを推薦し、さまざまなオプションをすばやくプレビューできるようにして、データを視覚化するのに役立ちます。新しいピボットテーブルスライサーを使用すると、大量のデータパターンを発見するのに役立ちます.

PowerPoint for Mac
マルチメディアプレゼンテーションを作成し、自信を持ってアイデアを発表します。完全に自信を持って次のプレゼンテーションに進んでください。 PowerPoint の新しいプレゼンタービューでは、現在のスライド、次のスライド、スピーカーノート、およびタイマーが Mac に表示され、プレゼンテーションのみが大画面で視聴者に投影されます。新しいアニメーションペインは、アニメーションのデザインや微調整に役立ち、洗練されたスライドトランジションによって完成した製品が磨かれます。プレゼンテーションを簡単に共有したり、同じプレゼンテーションで同時に作業する他の人を招待したりできます.

OneNote for Mac
あなた自身のデジタルノートブックであなたの考えをお伝えください。任意のデバイスでアクセスできるデジタルノートブックでアイデアをキャプチャ、整理、共有できます。タグを追跡し、入力したメモを索引付けし、画像や手書きメモのテキストを認識する強力な検索エンジンを使用してすばやく検索します。太字、イタリック体、下線、ハイライト、ファイル、画像、表の挿入 - 必要に応じてノートの書式を設定します。ノートブックを友人、家族、同僚と簡単に共有できるので、誰もが旅行計画、家庭の仕事、または仕事のプロジェクトで一緒に仕事をすることができます.

Outlook for Mac
Stay は、電子メールとカレンダーを使って整理されています。あなたの電子メール、カレンダー、連絡先、およびタスクを管理することは決して容易ではありません。 Mac 用の新しい Outlook はプッシュメールをサポートしているので、受信トレイは常に最新の状態になっています。改善された会話ビューでは、受信トレイをスレッド化された会話の周りに自動的に編成するので、関連するメッセージを再度検索することはありません。新しいメッセージのプレビューでは、件名のすぐ下にある電子メールの最初の文章が表示されるので、すぐに読んだり、後で返すかどうかを素早く判断することができます.

注:未登録のバージョンでは、それらを編集したり、新しいものを作成することはできません.

Also Available:Microsoft Office for Windows をダウンロードしてください.

ファイルのバージョン Ultimaker Cura 4.7.0
ファイル名 Ultimaker_Cura-4.7.0-Darwin.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Microsoft Corporation
更新日 https://products.office.com/en-us/mac/microsoft-office-for-mac
更新時間 2020-08-26
ログを更新する

What's new in this version:

Bug-fixes:
- Fixed issues with support no longer generated on some parts of the model. Support Stair Steps has caused some support to be missing where it touches the build plate or where it's resting on a shallow surface. It should be complete again
- Fixed multiple different issues with tree support, where branches would intersect with the model, the wouldn't keep distance when resting on the model, or when printing with Spiralize mode
- Fixed an issue where Cubic Subdivision infill didn't move along with the model
- Cubic Subdivision will now rotate according to the Infill Line Directions setting. Contributed by smartavionics
- X-ray view is now red again, instead of translucent green
- Improved wording of the "Discard/Keep Changes" dialog for clarity
- Models assigned to extruders >4 are visible again in layer view
- Fixed an issue when importing images if the "Base" setting was greater than "Height"
- Cura now outputs a command to cool down the build plate for the second object in one-at-a-time mode even if the Initial Layer Build Plate Temperature is 0
- Distance between infill and walls and between infill and skin is corrected when using Infill Layer Thickness
- Fixed a crash when Coasting Minimum Volume is set to 0
- The usable build volume will no longer be shrunk unnecessarily when not using any adhesion, but using a prime tower with a brim
- Fixed a slicing crash when combining Randomize Infill Start with an even number for Infill Line Multiplier
- Improved reduction of model resolution. The Maximum Resolution and Deviation settings should now be more accurate and no longer behave differently in one corner of the model
- Removed an unintended gap when something was resting on an ironed surface
- Fix skirt printing out of order, causing unnecessary travel moves. Contributed by smartavionics
- A fix was added by smartavionics which removes unnecessary long moves that travel towards the outer wall
- It wasn't possible to connect to a network printer if two network plugins were enabled simultaneously. Now made possible by Loociano
- Support settings are now visible when you have support disabled, but a support mesh is present in the scene. Fixed by fieldOfView
- Fix printing speed after performing a retraction when using the stretch post-processing script. Contributed by sgtnoodle
- Prevent tool panels from overlapping with scene information. Fix made by smartavionics
- The values of the machine settings would look cut-off on some Linux distributions. Now fixed by smartavionics
- Fixed settings sometimes not appearing if they belong to a checkbox setting that is enabled by default (e.g. retraction settings belonging to Enable Retraction)
- We cleaned up our “About...” dialog. It is now up to date
- Improve performance of loading profile metadata. This fix improves the start-up time of Cura
- When loading images, the translucency and linear options were swapped. Translucency should now again be tuned for lithophanes, and linear for a height map. Contributed by michalsc
- Retractions in travel move to next layer were sometimes omitted, but that's fixed now. Contributed by smartavionics
- Fix initial layer thickness when empty initial layers are removed. Contributed by smartavionics
- If Brim Replaces Support is enabled, the brim will now also replace support interface

ファイルのダウンロード Download
  • Microsoft Office for Mac Screenshot 1Microsoft Office for Mac Screenshot 2Microsoft Office for Mac Screenshot 3Microsoft Office for Mac Screenshot 4Microsoft Office for Mac Screenshot 5