MindNode for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Bitwig Studio 3.2.4

MindNode のクリーンなインターフェースにより、あなたの考えを簡単に捕捉して接続することができます。拡大キャンバスとスマートなレイアウトは、どんなに大きくて複雑でも、あなたのアイデアを維持します。そして、あなたが 1000 語以上の言葉を言いたいときは、あなたの写真やスタイリッシュなステッカーが手元にあります。 Great Brainstorm with MindNode for Mac!

MindNode は、あなたの思考を簡単に並べ替え、気をそらすことなく整理しておくことができます。ノートを使用して詳細を表示し、アウトラインビューですばやくアイデアを見つけ、思考をタスクに変えることで作業を完了します。 iCloud ドライブを使用すると、すべてのデバイス上にすべてのドキュメントが保存されます。共有する必要があると感じたら、MyMindNode はあなたのドキュメントの対話型バージョンをアップロードしましょう。また、MindNode は、インポート / エクスポート可能な幅広いドキュメント形式をサポートしています.

MindNode for Mac 特徴:

Smart Layout
マインドマップよりも悪くないので、読めません。スマートレイアウトを使用すると、マインドマップが自動的にきれいに保たれ、MindNode の無限のキャンバスがすべてのアイデアについていくでしょう.

Expressive Visuals
画像とその関連付けが主に発生します。そのため、あなたのアイデアを表現したり、すべてのテーマにカラーマッチングしたり、単にあなた自身の写真を使用したりすることができます.

Intuitive Interface
MindNode’ s Interface はモデル市民です。フルスクリーンモード、iCloud ドライブとファイルバージョン、VoiceOver、その他多くのシステム機能をサポートすることで、MindNode はあなたの世界にシームレスにフィットします.

クイックタスク
あなたのアイデアをタスクに変換するのは簡単です。また、タスクが何であるかを知ったら、Things、OmniFocus、Reminders などの専用 ToDo アプリに簡単にエクスポートすることができます.

Extensive Notes
あなたの意見にメモを追加することがあります。テキストの書式設定やリンクの追加もできます。あなたの次のブログ投稿用のビジュアルアウトラインを作成することはこれまでにないほど簡単でした.

シンプルアウトライン
アウトラインサイドバーを使用すると、最大のドキュメントを簡単に参照できます。必要なものを展開または折りたたみ、必要なものをズームインして、ドキュメント全体を検索してください.

簡単な同期
Apple ウォッチや iPhone を使いたい場合、または実行したい場合はどうぞあなたの iPad や Mac で創造的な仕事。 iCloud Drive.

My MindNode
を使用して、すべてのデバイスからすべてのマインドマップの最新バージョンにアクセスできます。インタラクティブドキュメントを一般公開することができます。何よりも、私たちの MyMindNode サービスを通じて Web 経由で入手できます。誰もあなたを送信するので、あなたは何もインストールせずにあなたのアイデアを探求することができます.

インポート / エクスポート
あなたのデータがどこから来ているのか、どこで作業を続けるべきかについてはインポートできます FreeMind、OPML、OmniFocus、Things、PDF、および Markdown.

注:ドキュメントごとに 30 のノード制限などの幅広いドキュメントからのインポートおよびエクスポートが可能です。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Bitwig Studio 3.2.4
ファイル名 Bitwig Studio 3.2.4.dmg
ファイルサイズ 189 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.12 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 IdeasOnCanvas GmbH
更新日 https://mindnode.com/mindnode/mac
更新時間 2020-07-03
ログを更新する

What's new in this version:

Improvements:
- Better precision when drawing boolean/integer automation using the pencil tool

Fixes:
- Pencil tool no longer allows point selection/dragging for automation
- Fixed lots of issues auto-zooming/scrolling the pitch ruler when selecting time/clips in Arranger
- Follower RF Grid module: presets saved before 3.1 were missing their output connections
- Rare crashes when disconnecting some controllers from a project
- If a controller does not use MIDI to change parameters (e.g OSC or some other form of input) still allow it to be mapped in the mapping browser based on the logical controls it changes via the controller API
- Plug-ins can no longer steal focus whenever the mouse moves over the plug-in window (e.g., LiquidSonics Reverberate 2), but we eventually give in to avoid fighting over window focus forever.
- ASIO: Removing an output routing sometimes left non-silence in the output buffer
- Crash after starting the application in demo mode, then activating while in demo mode, and then switching Display Profile or activating the engine for a project

ファイルのダウンロード Download