MySQL for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

MySQL 5.6.26

MySQL for Mac は、ビジネスクリティカルなデータベースアプリケーションを提供する企業組織向けに設計されています。企業の開発者、DBA、および ISV に一連の新しいエンタープライズ機能を提供することで、工業用アプリケーションの開発、配備、および管理をより生産的に行うことができます.

MySQL データベース用の GUI が必要な場合は、NAVICAT(MySQL GUI)をダウンロードできます。 Oracle は、Oracle、MS SQL、MS Access、Excel、CSV、XML、またはその他のフォーマットを MySQL にインポートすることをサポートしています.

MySQL Database Server は、信頼性と安全性の高いビジネスクリティカルなアプリケーションを構築するための ACID トランザクションを含む、開発者の生産性を向上させるためのストアドプロシージャ複雑なビジネス・ルールをデータベース・レベルで実行するためのトリガー。機密情報を確実に保護するための表示は損なわれません。メタデータに簡単にアクセスできる情報スキーマ。複数のデータベース間で複雑なトランザクションをサポートするための分散トランザクション(XA).

トップ 10 の使用理由 MySQL for Mac:

スケーラビリティと柔軟性
MySQL データベースサーバは、膨大なデータを実行するだけで 1MB のフットプリントで深く組み込まれたアプリケーションを処理する能力を誇る究極のスケーラビリティを提供します。テラバイトの情報を保持する倉庫.

高性能
A 独自のストレージエンジンアーキテクチャにより、データベースの専門家は特定のアプリケーション専用に MySQL データベースサーバを構成でき、最終結果は驚異的なパフォーマンス結果になります.

高可用性
信頼性と継続的な可用性は MySQL の特徴です。 24 時間稼働時間を保証するために MySQL に依存している顧客

Robust Transactional Support
MySQL は、市場で最も強力なトランザクションデータベースエンジンの 1 つを提供しています。機能には、完全な ACID(アトミック、一貫性、分離性、耐久性)トランザクションサポート、無制限の行レベルのロックなどがあります.

Web とデータウェアハウスの強み
MySQL は高性能クエリエンジン、驚異的な高速データ挿入機能、高速フルテキスト検索などの特殊な Web 機能の強力なサポートを提供します.

ストロングデータプロテクション
企業のデータ資産を守ることは、データベース専門家にとって最大の仕事です。MySQL for Mac は絶対データ保護を保証する優れたセキュリティ機能を提供します.

包括的アプリケーション MySQL が世界で最も普及しているオープンソースデータベースである理由の 1 つは、あらゆるアプリケーション開発のニーズに包括的なサポートを提供することです。データベース内では、ストアドプロシージャ、トリガ、ファンクション、ビュー、カーソル、ANSI 標準 SQL などのサポートが提供されています.

管理 Ease
MySQL は、ソフトウェアのダウンロードからインストールの完了までの平均時間が 15 秒未満の非常に優れたクイックスタート機能を備えています分

オープンソースの自由と 24 時間 365 日のサポート
多くの企業がオープンソースソフトウェアを完全にコミットすることを躊躇しています。なぜなら、彼らが現在サポートしているタイプのサポートやプロフェッショナルサービスセーフティネットを得ることができないからです。現在のデータベースドライブアプリケーションを MySQL に移行するか、または新しい開発プロジェクトに MySQL を使用することで、企業は 7 倍に多くの時間を費やすコスト削減を実現しています.

Also Available:Windows 用 MySQL のダウンロード

ファイルのバージョン MySQL 5.6.26
ファイル名 mysql-5.6.26-osx10.9-x86_64.dmg
ファイルサイズ 167.76 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.12 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Oracle
更新日 http://www.mysql.com/
更新時間 2015-07-28
ログを更新する

What's new in this version:

Bugs Fixed:
- InnoDB: The ib_cursor_moveto function did not accept a search tuple with fewer fields than are defined for the index.
- InnoDB: The ib_table_truncate function failed to release a transaction, resulting in a hang on server shutdown.
- InnoDB: The ib_open_table_by_id function passed an incorrect argument to dict_table_open_on_id.
- InnoDB: On Unix-like platforms, os_file_create_simple_no_error_handling_func and os_file_create_func opened files in different modes when innodb_flush_method was set to O_DIRECT.
- InnoDB: Opening a foreign key-referenced table with foreign_key_checks enabled resulted in an error when the table or database name contained special characters.
- InnoDB: The page_zip_verify_checksum function returned false for a valid compressed page.
- InnoDB: An ALTER TABLE ... IMPORT TABLESPACE operation on a table with prefix index failed with a schema mismatch error.
- InnoDB: A failure to load a change buffer bitmap page during a concurrent delete tablespace operation caused a server exit.
- InnoDB: Importing a tablespace with a full-text index resulted in an assertion when attempting to rebuild the index.
- InnoDB: After dropping a full-text search index, the hidden FTS_DOC_ID and FTS_DOC_ID_INDEX columns prevented online DDL operations.
- InnoDB: The InnoDB memcached plugin handled unsigned NOT NULL integer columns incorrectly. Thanks to Piotr Jurkiewicz for the patch.
- InnoDB: A DROP DATABASE operation raised an assertion.
- InnoDB: An index record was not found on rollback due to inconsistencies in the purge_node_t structure.
- Partitioning: In certain cases, ALTER TABLE ... REBUILD PARTITION was not handled correctly when executed on a locked table.
- Replication: If flushing the cache to the binary log failed, for example due to a disk problem, the error was not detected by the binary log group commit logic. This could cause inconsistencies between the master and the slave. The fix uses the binlog_error_action variable to decide how to handle this situation. If binlog_error_action=ABORT_SERVER, then the server aborts after informing the client with an ER_BINLOGGING_IMPOSSIBLE error. If binlog_error_action=IGNORE_ERROR, then the error is ignored and binary logging is disabled until the server is restarted again. The same is mentioned in the error log file, and the transaction is committed inside the storage engine without being added to the binary log.
- Replication: When using GTIDs, a multi-threaded slave which had relay_log_recovery=1 and that stopped unexpectedly could encounter a relay-log-recovery cannot be executed when the slave was stopped with an error or killed in MTS mode error upon restart. The fix ensures that the relay log recovery process checks if GTIDs are in use or not. If GTIDs are in use, the multi-threaded slave recovery process uses the GTID protocol to fill any unprocessed transactions.
- Replication: When two slaves with the same server_uuid were configured to replicate from a single master, the I/O thread of the slaves kept reconnecting and generating new relay log files without new content. In such a situation, the master now generates an error which is sent to the slave. By receiving this error from the master, the slave I/O thread does not try to reconnect, avoiding this problem.
- Compilation failed when building MySQL without the Performance Schema.
- Incorrect cost calculation for the semi-join Duplicate Weedout strategy could result in a server exit.
- MySQL Enterprise Firewall recorded prepared statements as they were received by the server, not as normalized digests.
- Identifiers in normalized statements were sometimes quoted and sometimes not, an inconsistency that caused matching failure for statement digests and digest texts. This caused problems for MySQL Enterprise Firewall and for Performance Schema aggregation by digest. Identifiers now are quoted consistently.
- For MySQL Enterprise Firewall operation, max_digest_length had to be larger than mysql_firewall_max_query_size or normalized statements were truncated.
- Enabling MySQL Enterprise Firewall and binary logging could result in the server reading freed memory.
- For large values of max_digest_length, the Performance Schema could encounter an overflow error when computing memory requirements, resulting in a server exit.
- The Spencer regex library used for the REGEXP operator could be subject to heap overflow in some circumstances.
- A buffer-overflow error could occur for mysqlslap during option parsing.
- An off-by-one error in string-copying code could result in a buffer overflow.
- GROUP BY or ORDER BY on a CHAR(0) NOT NULL column could lead to a server exit.
- For some status variables that should monotonically increase, SHOW GLOBAL STATUS in one session could show them as decreasing when other concurrent sessions changed user or disconnected.
- mysql-systemd-start failed if datadir was set in /etc/my.cnf.
- A call to the MySQL Enterprise Firewall sp_set_firewall_mode() stored procedure with an invalid user name produced an error but added the user to the firewall_users table anyway.
- Ubuntu packages were missing dependencies for killall and psmisc.
- When choosing join order, the optimizer could incorrectly calculate the cost of a table scan and choose a table scan over a more efficient eq_ref join.

ファイルのダウンロード Download