PhotoSweeper for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 97

PhotoSweeper for Mac は、Mac 上で重複した写真や類似の写真を取り除くのに役立つ、迅速で強力な複製写真クリーナーです。 Mac 用の使いやすい、高速で、強力で美しい複製写真クリーナー!

新しい Apple Photos とスムーズに連携し、ライブラリ階層と写真を詳細に表示します。削除すると、写真は特別なアルバムに移動します。最新の iPhoto 9、iPhoto 8.x(iLife&09)、iPhoto 7.x(iLife‘ 08)と完全に互換性があります。重複した写真は iPhoto ゴミ箱に移動します。 Aperture 3.0 以降と完全に互換性があります。 PhotoSweeper は写真のすべての詳細を表示し、写真の複製は Aperture Trash に移動します。 Lightroom CC(6.x)でうまくいきます。削除すると、PhotoSweeper はファイルを削除しませんが、“ 拒否されました。” 特別なコレクションに入れます.

なぜ PhotoSweeper が必要ですか?

Auto Mark
PhotoSweeper には、複製された写真の各グループにどの写真を保存するかを決定する直感的な調整可能なルールがあります.

類似したグループ 6 枚の類似した写真をグループ化してください。あなたは写真の類似点を判断します.

シリーズのショット
写真間の時間差を決定すると、写真は一連のショットを見つけて、最高の写真を保ち、他のものを取り除くのに役立ちます.

Auto Lock
ロックされた写真は比較のために使用されますが、削除のマークを付けることはできません..

Movies
ビデオファイルも同様です。あなたの Mac だけでなく、Photos、iPhoto、Aperture、Lightroom からビデオファイルを追加することもできます.

Edited Pictures
Photoshop、Pixelmator などのさまざまな画像サイズ、彩度、アプリケーションで編集された重複を見つけ出します.

Great Browser
The up- クイックルック、パスバー、画像の定格、カラーラベルなどの素晴らしい機能を備えた最新のブラウザを使用することができます.

Batch Rename
ファイルを別のフォルダにコピーまたは移動する際にファイルの一括リネームを行うことができます。 Mac.

Safe Removal
PhotoSweeper は、ディスクやメディアライブラリから直接ファイルを削除することはありません。何か問題がある場合は、ゴミ箱から写真を復元できます.

画像フォーマット
は、RAW 画像フォーマットを含むすべての一般的な画像フォーマットをサポートしています。 PDF、DNG、WebP 形式の独占的なサポート.

結果を見る
3 結果を確認するための快適なモード:“ One by One”” Face-to-Face“ All in One&ldquo. クリックして写真をマークする.

フレキシブル Settings
重複、類似した写真、一連のショットを簡単に見つけるための強力なマルチ設定。オンザフライでの結果のマッチングレベルを調整することができます.641235896
Fast
Well-optimized、64 ビットおよびマルチコアプロセッサーサポート、PhotoSweeper あなたの Mac のすばらしい閲覧、比較、削除を楽しんでください.

OS X El Capitan
PhotoSweeper は、最新の機能を最大限に活用し、OS X El Capitan で壮大に見える、ヨセミテとマーベリックスで素晴らしい走りを見せています.

その他の改良点
PhotoSweeper for Mac には、

注:このデモ版は 101 のみの読み込みに制限されています写真。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 97
ファイル名 GDevelop-5-5.0.0-beta97.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Overmacs Team
更新日 http://overmacs.com/?p=photosweeper
更新時間 2020-06-22
ログを更新する

What's new in this version:

Improvements:
Add a basic command palette (experimental):
- Open the command palette with Ctrl+P (or Cmd+P on macOS)
- The list of commands is then shown and allows you to quickly launch actions, like launching a preview, open a project, etc...
- This is the first part of one of the Google Summer of Code 2020 project! A few commands are available now, but many more will be added in the next weeks to navigate through the project and edit any part of it in a few keystrokes.

Add more conditions/expressions to the Platformer Objects:
- Add the speed, jump speed and fall speed
- Add condition to check if platforms can be grabbed
- Add condition to check if the object can jump

- Added "Board walk with raycast" example
- Add an option to clear the shape painted using Shape Painter between each frame
- Add an action to pause the game during a preview: this is useful to then inspect the game with the Debugger
- Prevent a behavior to be selected in a function parameter if it's incompatible with the object
- Add buttons at bottom of events to add new events.
- Avoid showing a drop marker when an event can't be dropped in another (comment, etc...)
- Slightly improve startup speed

Add a border around conditions in the default theme:
- This avoids confusion about two events that are next to each others, in particular for new users
- Also normalize styling in other themes

Bug fixes:
- Fix memory leak leading to a crash in the editor when having a BB Text in the scene: also fix similar smaller memory leak when using other features
- Fix parameter popover in the events sheet shown behind editor panel title bars
- Fix instance variable not saved after a change if another instance is clicked while editing it
- Fix physics engine not applying change in size when using circle shape
- Fix scaffolding line colors between events and some colors in Nord theme
- Fix potential crash by adding a check to ensure built-in extensions are not overriden
- Fix internal warning (divider component in select list)

ファイルのダウンロード Download