Quicksilver for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Quicksilver 1.4.1

Quicksilver for Mac は Mac OS X 用のランチャーユーティリティーアプリケーションであり、一般的な、毎日の作業を迅速かつ無意識に実行する能力を提供します。 Quicksilver の機能の概要は次のとおりです。
アプリケーション、ドキュメント、連絡先、音楽などにアクセスする。キーワードと「あいまいな」マッチングを使って Mac のファイルシステムをエレガントにブラウズする。ドラッグアンドドロップでコンテンツを管理する、または選択したコンテンツを直接取得する。プラグインを使用してインストールされたアプリケーションと対話する。 Quicksilver Features:

Find と Do
Quicksilver を使用すると、重要なすべてのものに素早くアクセスできます。わずかなキーストロークで、アプリケーション、ファイル、連絡先、ブックマーク、音楽などにアクセスできます。クイックシルバーは物事をすばやく、そして非常にうまく見つけ出し、立ち上げることができます。

ランチングはゲートウェイである drug
クイックシルバーはアプリケーションランチャーであると言うのは、車がカップホルダーであると言うのと同じです。あなたは Quicksilver で何でもできます。 Quicksilver の芸術は、あなたがやりたいことを学び、あなたの雑用を 2 秒の考えに変えることにあります。あなたの習慣を知ることで、Quicksilver は何かについて考えることと、単にそれを終わらせることとの間の線をぼかす.

それはあなたのように思える it
OS X の Spotlight や同様のアプリを使用して連絡先を見つける 'John Smith' 。 “ js” を入力するだけでどうしたらいいですか? Quicksilver では、名前のどこからでも文字を使用して短縮することができます。 “ ps” を使用します。 Photoshop を探すか、または“ tun” iTunes.
あなたに意味をなさない略語を使用してください.

それはあなたが思っているように思います.
Quicksilver は、あなたが考える方法をあなたが思うようにして、あなたが思うように適応させます。 Google 検索で「テキスト」を検索したり、「テキスト」を検索したりすることができます。連絡先を選択してファイルに電子メールで送信するか、ファイルを選択して連絡先に電子メールで送信することができます。考えていない。計画はありません。調整なし。ただやって。

あなたはどこですか?Quicksilver では、単純な作業を完了するためにやっていることを止める必要はありません。ダウンロードしたファイルを、ブラウザを離れずにドキュメントフォルダに移動します。あなたがそれを考えるとすぐにあなたの To Do リストに何かを追加してください。 Quicksilver を使うと、あなたの思考を即座に処理することができ、あなたがしたいことをすぐに得ることができます。

Grab と go
ファイルまたはテキストを選択し、すぐにそれらに対処してください。 Quicksilver はほとんどすべてのアプリケーションから現在の選択を取得できます。選択したテキストをグラブして Web 上で検索するか、ファイルに追加します。ファイルを取得して削除したり、移動したり、送信することができます。画像を取り込んで画像のサイズを変更したり、フォーマットを変更すると(上記)、オプションは無制限です.

Keep Finder at arm’ s length
Quicksilver では、ファイルの移動、コピー、名前の変更、削除など、あらゆる種類の操作を行うことができます。ファイルシステム全体。いくつかの重要なトップレベルのフォルダをカタログに追加するだけで、そこからフォルダをブラウズすることができます.

まだ高速ではありませんか?
頻繁に何かをしていると、“ trigger” それに。トリガーを使用すると、キーボードショートカットやマウスの動きに定期的なタスクを割り当てることができます。 Quicksilver を有効にする必要はありません.

Quicksilver& do more
Quicksilver の機能をさらに拡張する多くのプラグインがあります。インストールされたアプリケーションと対話します。メール、1Password、Microsoft Office など。 Web ベースのサービスから情報にアクセスします。ブラウザのブックマークと履歴にアクセスします。

複数のインターフェイス
多くのインターフェイスプラグインの 1 つを使ってクイックシルバーをカスタマイズするか、色、ベゼル、フォントサイズを変更してください.

注:64 ビットプロセッサが必要です.8997423

ファイルのバージョン Quicksilver 1.4.1
ファイル名 Quicksilver 1.4.1.dmg
ファイルサイズ 6.23 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.10 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 QSApp
更新日 http://qsapp.com/
更新時間 2016-04-13
ログを更新する

What's new in this version:

NEW:
- When a collection is (re)selected in the interface, it appears as a collection that can be managed, as though you had just created it with the comma trick, instead of a single combined object (#2092)
- Collections can be "exploded" into a list of individual items with `⌃⌘]`. This is the inverse of `⌘A`. (#2092)
- An "Explode Selection" action has been added to split collections into individual items (#2188)
- You can browse through a collection to get a better look at each item using `⌃[` and `⌃]` (#2092)
- Internal command to clear Quicksilver history (#2092)
- Preferences to control text appearance (#2162):
- Underline Matched Text
- Add Glow to Matched Text
- Always Show Name (#1391)
- Compress Long Names (#2133)

FIXED:
- Prevent a crash when scanning Spotlight entries with an empty query (#2158, #2160)
- Avoid mounting network volumes to resolve aliases (#2020, #2178)
- Triggers based on the Quicksilver Selection proxy can be used on other proxy objects (#2161, #2163)
- Recent documents are shown in the correct order on El Capitan (#2181)
- Keep the Preferences window on screen when switching displays (#2182, #2183)
- Abbreviations are remembered for items you've actually "used" (#2092)
- Better handling of collections when browsing history (#2092)
- More reliable tracking of position when browsing history, especially when going back for the first time (#2092)
- The collection tray will be hidden if the number of items collected drops to one (#2092)
- Show the search string when browsing history (#2092)
- Clear the search string when switching items in a collection (#2092)
- Improved interface when showing all history with `⌃⌘[` (#2092)
- Clearing interface with `⌃U` will also remove comma-trick collections (#2092, #2189, #2190)
- Finder Sidebar Items, Recent Applications, Recent Documents, Recent Servers, Favorite Servers now work under El Capitan (#2187, #2191)
- Fixed numerous crashes and freezes (#2177)

CHANGED:
- History only stores items you've actually "used" (#2090, #2092)
- Multiple items selected with comma will be added to Recent Objects individually (#2092)
- Reusing a recent item will make it the most recent in the history instead of adding a duplicate (#2092)
- When a proxy object is used, the item it points to will be added to Recent Objects instead of the proxy object itself, which should already be in the catalog (#2092)
- When an item is removed from a collection, the next object in the collection will be selected (#2092)
- If an action shows a result in the first pane (like Get Path), the result will be added to history (#2092)
- The string value for a collection of multiple items will now be the string values of each, separated by new lines, instead of "combined objects" (#2092)
- Removing objects from collections should be more intuitive (#1123, #2092):
- `⌫` removes the last selected item and selects the next in line (allowing multiple items to be quickly removed in order)
- `⌥,` removes the most recent item from the collection, but preserves the curent selection

DEVELOPMENT:
- New code will be checked for tab indents (#2050, #2105)
- Configure Xcode and TextMate to use tabs by default in this project (#2093)
- Allow spaces in comment blocks (#2169)
- Add support for combined objects to `-[QSObject isEqual:]` (#2092)
- New unit tests for `-[QSObject isEqual:]` (#2092)
- Eliminated some unnecessary mutable arrays (#2193)

ファイルのダウンロード Download
  • Quicksilver for Mac Screenshot 1Quicksilver for Mac Screenshot 2Quicksilver for Mac Screenshot 3Quicksilver for Mac Screenshot 4