Quip for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Postman 7.27.0

Quip for Mac は、あなたの人生を簡素化し、チームが作業をより迅速に完了できるようにする最新の生産性スイートです。世界中の 3 万社以上の企業や何百万人もの人々がチームコラボレーションのために Quip for Mac を使用しています。 Instacart や Stripe のようなテクノロジー企業から、CNN や Al Jazeera のようなメディア企業、Lean In.

Quip for Mac などの非営利団体に至るまで、あなたは高速な WiFi 接続をしている場合でも、インターネットから完全に外れている場合でも機能します。オフラインでも、文書の作成、文書の編集、メッセージの送信を続けることができます。インターネットに接続すると、すべての編集内容がネットワークに同期され、作業しているすべての人に変更内容が表示されます.

オンラインではすべてがリアルタイムで行われます。オンラインでもオフラインでも、ドキュメントと一緒に仕事をしたり、リアルタイムでチャットしたりするときに、人が入力するのを見ることができます.

オンラインとオフラインの間の移行は完全にシームレスです。したがって、極端に遅い飛行機のインターネット接続では、他の人のアップデートは私たちが入手できるほど速くストリーミングされますが、遅いネットワークはあなたの経験を保持しません。 Quip for Mac は現代チームが一緒に働く方法です!

注:Quip アカウントと 64 ビットプロセッサが必要です.

Also Available:Windows 用クイックダウンロード

ファイルのバージョン Postman 7.27.0
ファイル名 Postman-osx-7.27.0.zip
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Quip Team
更新日 https://quip.com/blog/desktop
更新時間 2020-06-23
ログを更新する

What's new in this version:

New:
- You can now update collections generated from the API builder and keep your API elements in sync with the API schema
- We have added a new overview tab for APIs which consolidates important information about your API
- You can now add APIs to your team's Private API Network from the API overview tab
- You can now easily toggle between the custom size and the default size of a Postman window using the Zoom menu item on macOS
- Added support for SHA-256 and SHA-512-256 algorithms in Digest authentication helper
- Added support for using custom Authorization header prefix in OAuth 2.0
- Added support to include AWS auth data in query params
- Added callback and verifier fields with body hash support in OAuth 1.0
- Added the network information for requests in the App

Improvements:
- Remove from Workspace action for Collections and Environments now requires the app to be online
- Removed the dropdown list which appeared on clicking the New button in the App header
- Use faked value instead of schema as fallback when an example is not defined or invalid for OpenAPI importer
- Improve collection-run syncing flow to only load details on-demand

Bug Fixes:
- Added Read-Only mode to view collection and folder level data for users with view permissions only
- Fixed a bug where the description is displayed as [object Object] while importing collection having a description in { content, type } format
- Fixed a bug where schema validation does not provide mismatch details
- Fixed a bug where cookies are not previewed when URL is resolved from a variable
- Fixed a bug where request name field in edit mode has a smaller width than in view mode
- Fixed a bug where variables with null value were being resolved to an empty string in the request body
- Fixed a bug where custom CA certificates were not being respected while sending an HTTPS request through proxy
- Fixed a bug where Team Usage dropdown would not open from the notification banner
- Fixed a bug where importing collection from PostmanCloudAPI loses basic auth values
- Fixed a bug when multiple tabs are open, Cmd/Ctrl + Click would open links in responses in a Postman tab instead of the browser
- Fixed a bug where example dropdown shifts to left on selecting an example
- Fixed a bug where UI would break in cases of error in Response
- Fixed an issue where a wrong error message was being shown when creating a mock from collection browser
- Fixed an issue where unwanted scrollbar appeared in mock creation model when creating a private mock from collection browser

ファイルのダウンロード Download