Quip for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

DBeaver 21.0.5

Quip for Mac は、あなたの人生を簡素化し、チームが作業をより迅速に完了できるようにする最新の生産性スイートです。世界中の 3 万社以上の企業や何百万人もの人々がチームコラボレーションのために Quip for Mac を使用しています。 Instacart や Stripe のようなテクノロジー企業から、CNN や Al Jazeera のようなメディア企業、Lean In.

Quip for Mac などの非営利団体に至るまで、あなたは高速な WiFi 接続をしている場合でも、インターネットから完全に外れている場合でも機能します。オフラインでも、文書の作成、文書の編集、メッセージの送信を続けることができます。インターネットに接続すると、すべての編集内容がネットワークに同期され、作業しているすべての人に変更内容が表示されます.

オンラインではすべてがリアルタイムで行われます。オンラインでもオフラインでも、ドキュメントと一緒に仕事をしたり、リアルタイムでチャットしたりするときに、人が入力するのを見ることができます.

オンラインとオフラインの間の移行は完全にシームレスです。したがって、極端に遅い飛行機のインターネット接続では、他の人のアップデートは私たちが入手できるほど速くストリーミングされますが、遅いネットワークはあなたの経験を保持しません。 Quip for Mac は現代チームが一緒に働く方法です!

注:Quip アカウントと 64 ビットプロセッサが必要です.

Also Available:Windows 用クイックダウンロード

ファイルのバージョン DBeaver 21.0.5
ファイル名 dbeaver-ce-21.0.5-macos.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.8 or later
ソフトウェアタイプ Freeware
著者 Quip Team
更新日 https://quip.com/blog/desktop
更新時間 2021-05-17
ログを更新する

What's new in this version:

Navigator:
- Boolean properties editor behavior was redesigned
- Broken shortcuts (F2, F4, etc) in object editor were fixed
- Redundant help icons removed from standard dialogs
- Language change validation and documentation was added
- Quick filter now supports triggers

SQL Editor:
- Auto-completion was fixed for table aliases, joins and asterisks
- Smart commit now ignores EXPLAIN statements
- Big updated row count (>2gb) support was added
- Output log enable/disable button was added

Data editor:
- Selected rows highlight was fixed
- Bug with overlapping timestamp and FK values was fixed
- Find/replace dialog now respects number formatting
- ERD viewer: property view support was fixed, entity/attributes context menu was fixed

PostgreSQL:
- Constraints and indexes support was added
- Problem with constantly growing search_path was fixed
- Fully-qualified table names in foreign keys DDL was fixed
- PGPASS authentication now can be used with empty user name
- NaN and Infinity numbers formatting was fixed
- Data transfer: ON DUPLICATE query generation was fixed
- Database size statistics was added (configurable, off by default)
- CREATE DOMAIN DDL was fixed
- DB2: BEGIN/END blocks support was added
- Greenplum: DDL for replicated tables was fixed

Oracle:
- Procedure body formattign was fixed (for encoded procedures)
- Procedures/triggers/packages DDL statements processing was fixed
- Redshift: view columns metadata read was fixed, extra data type aliases were added

Vertica:
- Table columns read was fixed for older Vertica versions
- Sequences support was added
- BigQuery driver version was upgraded
- Eclipse plugin: bug with redundant .dbeaver folders was fixed
- System notifications support was added on Linux
- Jar code sign certificate was updated
- Big number of minor bigfixes

ファイルのダウンロード Download