RapidWeaver for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

Ultimaker Cura 4.9.0

RapidWeaver for Mac は、数分でプロフェッショナルな Web サイトを簡単に作成できるようにする次世代の Web デザインアプリケーションです。複雑なコードについての知識は必要ありません。RapidWeaver はあなたのためにそれをすべて処理します。 RapidWeaver は、有効な XHTML および CSS ベースのウェブサイトを制作しています.

RapidWeaver を使用することについての特典の 1 つは、強力なカスタムテーマコミュニティがあることです。テーマをダウンロードして RapidWeaver 内から編集することができます。その結果、小さな個人サイトからオンライン商取引ストアに至るまで、ほとんど手間のかからないかなり滑らかな Web サイトが作成されます.

Build RapidWeaver for Mac はあなたとあなたのビジネスと共に成長するのに十分強力です。なぜあなたのサイトを構築したり更新したりするために他の人に頼っているのですか? RapidWeaver があなたをコントロールします。 Mac ウェブサイトビルダー。 HTML は必要ありません。 RapidWeaver

RapidWeaver for Mac のサポートと柔軟性を提供することに近い他の Mac Web デザインアプリはありません。特徴:

Build Anything
ブログ、ポートフォリオ、新しいビジネスやオンラインストアのウェブサイトを作成します。何かが可能です.

SEO Optimised
RapidWeaver は検索エンジンが好むコードを生成し、検索エンジンがあなたのウェブサイトについて知っていることを確認します.

Works オフライン
インターネット接続はありませんか?あなたはまだオフライン中にウェブサイトを使用して構築することができます.

モバイル Friendly
RapidWeaver を使用すると、プロフェッショナルでモバイルフレンドリーなウェブサイトを簡単に構築できます。コードは不要です.

ブラウザ互換
RapidWeaver が公開しているコードはすべて、あなたのお気に入りのブラウザに表示されます。Internet Explorer.

Unlimited Websites
オンラインツールでは作成できるサイトの数が制限されます。 RapidWeaver では、好きなだけ多くを作成することができます.

必須コード
HTML を知りませんか?心配しないでください。 1 行のコードを書くことなく、サイト全体を構築することができます.

Publish Anywhere
RapidWeaver は、変更が加えられたファイルのみを巧妙にアップロードします:Addons
あなたのサイトを拡張し、

注:デモモードでは、ドキュメントに 3 ページ以上を追加することはできません。 64 ビットプロセッサーが必要です.8997423

ファイルのバージョン Ultimaker Cura 4.9.0
ファイル名 Ultimaker_Cura-4.9.0-Darwin.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.11 or later
ソフトウェアタイプ Demo
著者 Realmac Software
更新日 https://www.realmacsoftware.com/rapidweaver/
更新時間 2021-04-20
ログを更新する

What's new in this version:

Digital factory integration:
- Now you can open files directly from Digital Library projects. Then, after preparation, quickly and easily export them back. This feature is available for all users with an Ultimaker Essentials, Professional, or Excellence subscription. Learn more

"Line type" is now the default color scheme:
- When entering the Preview mode, you don't have to switch manually to line type.

Z-seam is now clearly shown in preview mode:
- This ensures that you will know whether the seam will be sufficiently hidden in the end product. This will also indicate the starting point of the print.

Fixed:
- a security vulnerability on windows permitting the openssl library used to launch other programs
- Connect Top/Bottom Polygons
- closing Marketplace after quitting Cura
- clicking on Marketplace button to go to web Marketplace
- Pause at Height when using Repetier flavour
- correct density for current PETG filaments
- Pause at height post-processing script that returns to the right position
- layer view being grayed out after reslicing
- fan speed issue due to reuse of empty extruder plan
- loading OBJ files with no texture references, but does have normal references
- retraction/priming while extruder switches
- loading script from all registered resource paths
- typeError: define_round_method
- missing layer with Hole Horizontal Expansion
- Tree Support Floor layers
- Top Surface Skin Layers if Top layers = 0
- recent files on opening as project
- opening project file from command-line
- thumbnail in UFP files
- validator for floats in Machine Settings dialog. Contributed by @fieldOfView
- recessed areas at the bottom of a model while using Make Overhangs Printable
- slicing grouped models if one of the group parts is below Z=0
- material temperatures and fan speed for Anycubic i3 Mega
- drop model down to buildplate when always drop to buildplate is disabled.
- drop objects to buildplate after scaling
- disallowed areas while using Brim Line Widths
- message for non manifold models
- setting category arrows
- metadata tags for 3MF files
- engine crash when using low-density Cross Infill
- performance of loading .def.json files

ファイルのダウンロード Download