RawTherapee for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

RawTherapee 5.4

RawTherapee for Mac は、デジタル写真の改善を強化するさまざまなツールを備えたクロスプラットフォームの画像処理ソフトウェアです。マルチスレッドアルゴリズムで画像を処理して高性能を実現し、さまざまな複数のタブ、単一のタブ(フィルムストリップ)、垂直タブ(フィルムストリップフォーマット)を追加します。シャープマスク、RL デコンボリューション、ディテールレベルによるコントラスト、バッチ処理モードなどがあります.

High Image Quality
96 ビット(浮動小数点)処理エンジン。非破壊編集。 AMaZE、DCB、AHD、EAHD、HPHD、IGV、LMMSE、VNG4、Mono、Fast のモダンで伝統的なデモザイクアルゴリズムのおかげで、生の写真から最も細部まで、そして最小のアーティファクトを得ることができます。ホワイトバランスから HSV(色相 - 彩度 - 値)カーブ、カラートーニング、カラーマネージメントまでの高度なカラー処理強力な CIE カラーアピアランスモデル 2002(CIECAM02)モジュール輝度とクロミナンス(両方とも 2012 年に書き換えられる)、インパルス(塩とコショウのノイズのための)ノイズ、複数のノイズ除去方法:トーンとラボ・カーブ、ハイライトとシャドウ・ツール、トーンマッピング(HDR ライク・エフェクト)削減。細部を強調するいくつかのツール:アンシャープマスク、RL デコンボリューション、詳細レベルによるコントラスト。 Efficiency
高性能のためのマルチスレッドアルゴリズム(RawTherapee は SSE のような最新のプロセッサ機能を利用できます)。クイックサムネイルは雷を速くロードし、後でライブサムネイルで置き換えられます。バッチ処理:作業中にプロセッサーをロードせずに、一度にすべての現像済み画像を変換します。あるファイルから他のファイルへ編集パラメータをコピー / ペーストする。部分的にコピーおよび / またはペーストすることも可能である。基本的なツールはすぐに手に入れます。別々のエディタタブでの複数の画像の並行編集、および / またはファイルブラウザからの一括での編集。オプションのセカンダリディスプレイを使用できます。 Versatility
多種多様なサポートされているカメラ:ほぼすべての DSLR および一部の中規模フォーマットの本体がサポートされています。 16 ビット、24 ビット、32 ビットの raw HDR DNG 画像、標準の JPEG、PNG(8 ビットおよび 16 ビット)、TIFF(8 ビット、16 ビット、32 ビットの logluv)イメージを含むほとんどの RAW ファイルを読み込むことができます。 JPEG、PNG(8 ビットおよび 16 ビット)および TIFF(8 ビットおよび 16 ビット)イメージを保存できます。多くの微調整パラメータとカーブを備えたアルゴリズムの高度な制御 1 回のクリックで、GIMP または選択した編集ツール(16 ビット TIFF ファイル)に送信できます。通常のグラフィカルインターフェイスのほかにコマンドラインの使用。さまざまなレイアウト:複数のタブ、フィルムストリップ付きの単一タブ、フィルムストリップ付きの垂直タブ、デュアルモニター。 Freedom for Free
RawTherapee は無料でオープンソースのソフトウェアです。コピーレフト GPLv3 ライセンスを遵守している限り、好きなハードウェアを好きな場所であればどこでも無料で使用できます。ソースコードをダウンロードし、変更し、気になることを自由にしてください。私たちはオープンなソフトウェアを信じています。それはクロスプラットフォームです:Linux、Mac、Windows、それは 32 ビットか 64 ビットですか?あなたが選んだ、我々は提供しています。インターナショナル:それは 25 の言語で利用可能です!注:64 ビットプロセッサが必要です.

もご利用いただけます:Windows 用の RawTherapee をダウンロードしてください

ファイルのバージョン RawTherapee 5.4
ファイル名 RawTherapee_OSX_10.9_64_5.4.dmg
ファイルサイズ 64.24 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.9 or later
ソフトウェアタイプ Open Source
著者 Gabor Horvath
更新日 http://rawtherapee.com/
更新時間 2018-05-07
ログを更新する

What's new in this version:

New features:
- New default processing profiles, now the default look for raw photos closely matches the out-of-camera look with regard to tones and includes lens distortion and vignetting correction
- New histogram matching tool, to have RawTherapee automatically adjust the image for you to match the out-of-camera look with a single click of a button
- New HDR Tone Mapping tool to compress the light in scenes with a high dynamic range, allowing you to show details in both shadows and highlights in a realistic way
- New Local Contrast tool to boost clarity using a simple interface
- New color toning method L*a*b* Color Correction Grid
- New RCD demosaicing algorithm to minimize artifacts even with artificial lighting and strong chromatic aberration
- New thumbnail overlay icons in the File Browser and Filmstrip to help you distinguish normal images from HDR and Pixel Shift ones
- Added support for showing out-of-gamut areas based on the output profile
- Added support for reading and writing metadata and ICC profiles to and from PNG images
- Added support for processing Sony Pixel Shift ARQ raw files make sure that the ARQ extension is enabled in Preferences > File Browser > Parsed Extensions
- Create Sony ARQ raw files using https://github.com/agriggio/make_arq
- Added support for saving 32-bit floating-point TIFFs clamped to [0;1]
- Added profiled chromatic aberration correction support using Lensfun
- More tools now have an on/off switch
- The user interface is cleaner, with all power-house tools moved into a new "Advanced" tab to prevent slider-shock to newcomers
- The Metadata tab now lets you choose whether you want to copy metadata unchanged, edit metadata or strip metadata when saving images. Now you can also make metadata changes in batch mode.
- The choice of whether the main histogram should display information using the working profile or the output profile is now available from the Editor tab's top toolbar
- The Crop tool's aspect ratio now defaults to that of the image, and RawTherapee automatically zooms-to-fit the crop once it's placed
- RGB input-type ICC profiles can now be used as output profiles
- The saved reference image for profiling (created from within the Color Management tool) now contains metadata
- PNG and compressed TIFF images make use of better compression
- Shortcut key changes: Zoom-to-fit the crop using "f", fit the whole image using "Alt+f"

ファイルのダウンロード Download