RazorSQL for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

RazorSQL 8.4.3

RazorSQL for Mac は、Windows、Mac OS X、macOS、Linux、Solaris 用の SQL クエリツール、データベースブラウザ、SQL エディタ、およびデータベース管理ツールです。 RazorSQL は 30 以上のデータベースでテストされており、JDBC または ODBC 経由でデータベースに接続でき、

Athena、H2、MonetDB、Salesforce、Aurora、HSQLDB、MS SQL Server、SimpleDB、Cassandra、Informix、MySQL 、solidDB、DB2、Ingres、Netezza、SQLite、DBASE、Interbase、OpenBase、SQL Anywhere、Derby、Int.Sys。 Oracle、SQL Azure、DynamoDB、JavaDB、Paradox、Sybase(ASE)、FileMaker、MariaDB、Pervasive、Sybase IQ、Firebird、Microsoft Access、PostgreSQL、Teradata、Frontbase、Mimer SQL、Redshift、Vertica、Greenplum、MongoDB.

RazorSQL for Mac 機能:

データベース Browser
スキーマ、テーブル、列、プライマリと外部キー、ビュー、インデックス、プロシージャ、関数などのデータベースオブジェクトをブラウズします。    

SQL Editor
Edit SQL スクリプト。 SQL クエリを実行します。オートコラムとオートテーブルルックアップ。 SQL、PL / SQL、TransactSQL、SQL PL、HTML、Java、XML などの 20 を超えるプログラミング言語をサポートする強力な EditRocket コードエディタを使用します.

データベースツール
データベースオブジェクトの作成、変更、記述、実行、削除などのための特殊ツールテーブル、ビュー、インデックス、ストアドプロシージャ、関数、トリガなどとして使用できます。    

データベースクエリツール
フィルタリング、並べ替え、検索などのオプションを含むクエリの複数表形式の表示が含まれます.

Import Data
区切りファイル、Excel スプレッドシート、固定幅ファイルなどのさまざまな形式のデータをインポートします。    

Export Data
デリミタ付きファイル、XML、HTML、Excel スプレッドシート、SQL 挿入ステートメントなどのさまざまな形式でデータをエクスポートします.

SQL Query Builder
SQL ステートメントの選択、挿入、更新、および削除を行います。複数テーブルの結合を作成します。    

Built-in Database
手動構成なしで起動して稼動している堅牢なリレーショナルデータベース(HSQLDB)が組み込まれています.

テーブルの編集ツール
スプレッドシートのような表形式でテーブルデータを挿入、更新、および削除します。データの検索と置換、生成された SQL のプレビュー、および more.

Data Compare
データベース間のテーブルデータの比較、またはクエリの結果の比較.

注:30 日間の試用版.8997423

ファイルのバージョン RazorSQL 8.4.3
ファイル名 razorsql8_4_3_x64.dmg
ファイルサイズ 77.2 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.7 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Richardson Software
更新日 http://www.razorsql.com/
更新時間 2019-08-01
ログを更新する

What's new in this version:

Enhancements:
- Editor: Added Auto Save functionality for automatically saving editor tabs that have associated files every n seconds. Auto save settings can be configured in the Edit -> Preferences -> Backups / Auto Save preferences tab
- Added functionality to periodically backup RazorSQL user data such as connection profiles, preferences, favorites, etc. Backup user data settings can be configured in the Edit -> Preferences -> Backup / Auto Save preferences tab
- Export Utility: Added the ability to set date and timestamp formats when exporting multiple tables
- Added an Edit -> Restore User Data from Backup option to the Edit menu for restoring user data (preferences, connection profiles, built-in database, etc.) from a previously created backup file (Edit -> Backup User Data)

Changes:
- FTPS Client: Connections to servers with expired certificates is now possible

Bug Fixes:
- Salesforce: Certain queries against the Order table are not parsing correctly

ファイルのダウンロード Download