REAPER for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

REAPER 6.04

REAPER for Mac は、マルチトラックのオーディオと MIDI の録音、編集、処理、ミキシング、およびマスタリングツールセットを提供する完全なデジタルオーディオ制作アプリケーションです。 REAPER は幅広いハードウェア、デジタルフォーマット、プラグインをサポートしており、包括的に拡張、スクリプト化、修正が可能です.

REAPER の完全で柔軟な機能セットと有名な安定性により、デジタルオーディオが使用されている場所はすべて商用とホームスタジオ、学生のラップトップにミッションクリティカルなプロフェッショナルな環境から、人工的な制限なしで完全に機能する単一のバージョンの REAPER があります。 REAPER for Mac を 60 日間完全に評価することができます。 REAPER ライセンスは手頃な価格で DRM フリーです.

REAPER 特長:
効率的で読み込みが速く、しっかりコード化されています。ポータブルまたはネットワークドライブからインストールして実行できます。強力なオーディオと MIDI ルーティング。 64 ビットの内部オーディオ処理。ほとんどのビット深度とサンプルレートで、多くのメディアフォーマットをインポート、記録、レンダリングします。徹底した MIDI ハードウェアとソフトウェアのサポート。 VST、VST3、AU、DX、JS など、数千のサードパーティプラグインエフェクトとバーチャルインストゥルメントをサポートします。オーディオや MIDI を処理するための何百ものスタジオ品質のエフェクト、新しいエフェクトを作成するためのビルトインツールオートメーション、モジュレーション、グループ化、VCA、サラウンド、マクロ、OSC、スクリプティング、コントロールサーフェイス、カスタムスキン、レイアウト。注:60 日間の試用版です.

もご利用いただけます:REAPER for Windows

ファイルのバージョン REAPER 6.04
ファイル名 reaper604_x86_64.dmg
ファイルサイズ 18.69 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Cockos Incorporated
更新日 http://www.reaper.fm/
更新時間 2020-02-22
ログを更新する

What's new in this version:

MIDI editor:
- add UI scaling support
- add basic CC LFO dialog
- add option to allow CC shape in bank and LSB lanes (CC0, CC32-63)
- display non-standard CC values in event list view
- prevent multiple events at the same time position when creating saw LFO
- respect default CC curve shape preference when inserting new event via action
- support entering note name directly in event properties dialog

VST:
- fix VST3 .vstpreset loading
- fix interaction between automation items and VST3 parameters in certain cases
- fix support for VST3 plugins that output MIDI via LegacyMIDICCOutEvent
- notify VST3 plug-ins of display DPI

macOS:
- disable formatting in various text fields
- faster listview updates
- show open-project options on recent macOS versions by default

Envelopes:
- add actions to move active envelope fader, or selected envelope points, up or down a tiny bit
- turn off track/send mute button when creating new mute envelope while muted, so it's not double-muted

Media items:
- fix erratic snap when source loop length is less than snap division
- inform user when auto-stretch timebase cannot be applied due to existing gradual tempo map
- when enabled, trim behind duplicated media items immediately after duplicating

Mouse modifiers:
- add modifier to adjust loop section start/end by dragging media item contents
- add modifiers to adjust loop section length by dragging loop divider notch or item edges
- add modifier to draw selected media item, looping the visible or time-selected section

ReaTune:
- allow detection on very low pitches G-1..A0 with large window size
- optionally limit output note range in automatic tuning mode

Render:
- display more accurate remaining render time when using region render matrix
- force rendered sample rate to be compatible with stem file output format

Retina/HiDPI:
- generic FX UI font sizing improvements
- track routing window font sizing improvements

ARA:
- support media with different sample rates for ARA plugins like VocAlign

Automation items:
- add sine shape, tilt parameter

Control surfaces:
- preserve MCU/MCP mode across sessions (csurf section, mcu_mcp key)

Custom actions:
- add options to define when custom action toolbar buttons and menu items are displayed as enabled

JSFX:
- fix possible crash from concurrent random() calls

MIDI inline editor:
- DPI-scale CC lane resizers

Performance meter:
- shorten text strings when very narrow

Project bay:
- display source offset, tempo, time signature for source media if applicable

Projects:
- store arrange view Y-scroll position in project

ReaNINJAM:
- improve status display/visual click

ReaScript:
- improve support for touch messages when using OscLocalMessageToHost()

Theme:
- omit IDE colors from theme element finder

ファイルのダウンロード Download
  • REAPER for Mac Screenshot 1