REAPER for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

REAPER for Mac 5.3.5

REAPER for Mac は、マルチトラックのオーディオと MIDI の録音、編集、処理、ミキシング、およびマスタリングツールセットを提供する完全なデジタルオーディオ制作アプリケーションです。 REAPER は幅広いハードウェア、デジタルフォーマット、プラグインをサポートしており、包括的に拡張、スクリプト化、修正が可能です.

REAPER の完全で柔軟な機能セットと有名な安定性により、デジタルオーディオが使用されている場所はすべて商用とホームスタジオ、学生のラップトップにミッションクリティカルなプロフェッショナルな環境から、人工的な制限なしで完全に機能する単一のバージョンの REAPER があります。 REAPER for Mac を 60 日間完全に評価することができます。 REAPER ライセンスは手頃な価格で DRM フリーです.

REAPER 特長:
効率的で読み込みが速く、しっかりコード化されています。ポータブルまたはネットワークドライブからインストールして実行できます。強力なオーディオと MIDI ルーティング。 64 ビットの内部オーディオ処理。ほとんどのビット深度とサンプルレートで、多くのメディアフォーマットをインポート、記録、レンダリングします。徹底した MIDI ハードウェアとソフトウェアのサポート。 VST、VST3、AU、DX、JS など、数千のサードパーティプラグインエフェクトとバーチャルインストゥルメントをサポートします。オーディオや MIDI を処理するための何百ものスタジオ品質のエフェクト、新しいエフェクトを作成するためのビルトインツールオートメーション、モジュレーション、グループ化、VCA、サラウンド、マクロ、OSC、スクリプティング、コントロールサーフェイス、カスタムスキン、レイアウト。注:60 日間の試用版です.

もご利用いただけます:REAPER for Windows

ファイルのバージョン REAPER for Mac 5.3.5
ファイル名 reaper535_x86_64.dmg
ファイルサイズ 15.8 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Cockos Incorporated
更新日 http://www.reaper.fm/
更新時間 2017-03-01
ログを更新する

What's new in this version:

- Control surfaces: send metronome state to MCU devices
- Smooth seek: fix potential hang
- Subprojects: do not try/fail auto-rerendering on load subprojects that do not exist
- Take envelopes: fix 'edit envelope point at cursor' positioning
- VST: improve touch/latch behavior for ReaPlugs on playback stop/restart
- macOS: fix color displays in track/region managers

FX:
- adjust parameter aliases when removing ReaEQ/ReaXcomp/etc bands
- fix bug where offline plugins could have their first/second parameter automation converted to bypass/wet automation
- preserve parameter aliases when offlining plugins

macOS:
- improve drawing CPU use on Retina displays
- improve 10.11+ mouse event filtering
- remove UI-update options, always use most optimal update mode

MIDI editor:
- fix pasting or duplicating events when the media item has a start offset
- fix quantize behavior when grid is a full measure or greater

ReaScript:
- prevent potential crash from Lua scripts that create excessive recursive tables
- update GetFocusedFX() to include take number

Envelopes:
- prevent possible crash when clearing FX parameter envelope while envelope list is open

Heal splits:
- fix potential crash when healing take automation

Render:
- add $samplerate wildcard

Smooth seek:
- improve anticipative FX behavior and performance when seeking

Snap:
- improve behavior when adjusting a cut point and only one item is selected

Undo:
- add undo point when extending time selection via shift+click

Video:
- improve YUY2/YV12 filtering

Web control:
- fix bug using GET/TRACK/x/B_PARM etc

API:
- GetTrackInfo/GetTrackState functions include TCP/MCP visibility flags

ファイルのダウンロード Download
  • REAPER for Mac Screenshot 1