REAPER for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

REAPER 6.61

REAPER for Mac は、マルチトラックのオーディオと MIDI の録音、編集、処理、ミキシング、およびマスタリングツールセットを提供する完全なデジタルオーディオ制作アプリケーションです。 REAPER は幅広いハードウェア、デジタルフォーマット、プラグインをサポートしており、包括的に拡張、スクリプト化、修正が可能です.

REAPER の完全で柔軟な機能セットと有名な安定性により、デジタルオーディオが使用されている場所はすべて商用とホームスタジオ、学生のラップトップにミッションクリティカルなプロフェッショナルな環境から、人工的な制限なしで完全に機能する単一のバージョンの REAPER があります。 REAPER for Mac を 60 日間完全に評価することができます。 REAPER ライセンスは手頃な価格で DRM フリーです.

REAPER 特長:
効率的で読み込みが速く、しっかりコード化されています。ポータブルまたはネットワークドライブからインストールして実行できます。強力なオーディオと MIDI ルーティング。 64 ビットの内部オーディオ処理。ほとんどのビット深度とサンプルレートで、多くのメディアフォーマットをインポート、記録、レンダリングします。徹底した MIDI ハードウェアとソフトウェアのサポート。 VST、VST3、AU、DX、JS など、数千のサードパーティプラグインエフェクトとバーチャルインストゥルメントをサポートします。オーディオや MIDI を処理するための何百ものスタジオ品質のエフェクト、新しいエフェクトを作成するためのビルトインツールオートメーション、モジュレーション、グループ化、VCA、サラウンド、マクロ、OSC、スクリプティング、コントロールサーフェイス、カスタムスキン、レイアウト。注:60 日間の試用版です.

もご利用いただけます:REAPER for Windows

ファイルのバージョン REAPER 6.61
ファイル名 reaper661_universal.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Cockos Incorporated
更新日 http://www.reaper.fm/
更新時間 2022-06-18
ログを更新する

What's new in this version:

ReaSamploMatic5000:
- add Media Explorer options to set a MIDI note or channel to assign when inserting media into sampler, incrementing if inserting on new track
- add Media Explorer option to assign MIDI note based on detected pitch when inserting media into sampler
- when inserting into sampler and detecting pitch, assign sampler pitch start rather than note start (so the sample can be played at different pitches, correctly tuned)
- add pitch detection
- display note names for pitch offset
- if sample detected pitch is out of range of pitch start parameter, add octaves to note start parameter as needed
- support sorting sample list by detected pitch
- support typing in sample pitch
- when inserting media from media explorer into an existing sampler instance, obey preferences to apply volume/pitch adjustment

MIDI:
- fix exporting type 1 MIDI that has both embedded cues and key signature change
- fix key signature export

Render:
- always display one momentary, one short-term, and one integrated render statistic in render dialog
- fully cancel render queue when user clicks "cancel all"
- make clearer in preferences that either LUFS or RMS, both not both, will be calculated/displayed for a given period (momentary, short-term, or integrated)

Spectral edits:
- fix incomplete loading of certain complex shapes
- prevent resizing regions into entirely negative space
- when inserting a new edit, select the edit by default

Video:
- fix some WMF decoding issues that were un-fixed by a different WMF decoding fix in v6.60
- hopefully improve WMF compatibility further
- fix performance/stability issues when using AVFoundation decoding on a track that does not use media buffering

Actions:
- fix potential crash when running action to normalize selected items with no items selected

Drawing:
- various drawing integer overflow fixes with non-sensical value

Envelopes:
- fix pencil-drawing take envelopes on stretched media items in certain situation

FX:
- ensure FX parameter modulation/linking are preserved after undo after loading FX chains

FX browser:
- include LV2i in Instruments list

Master track:
- fix loudness meter readout tooltip label in mixer

Media explorer:
- add a hidden accessible text field for pitch detection output

ReaScript:
- fix Track/TakeFX_AddByName() matching existing instances when using FX-type prefix

Recording:
- fix pre-fx/pre-fader output recording when live FX multiprocessing is disabled

Theme:
- hit test vol/pan/width labels last even when they are above other control

Undo:
- do not process deferred undo points if in the middle of a mouse edit

VST:
- improve initial size behavior with plug-ins that adjust size when UI opens (Kee Bass)

Windows:
- improve appearance of checked bitmap menu items (fades, note head shapes, etc)

ファイルのダウンロード Download
  • REAPER for Mac Screenshot 1