REAPER for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

REAPER 5.980

REAPER for Mac は、マルチトラックのオーディオと MIDI の録音、編集、処理、ミキシング、およびマスタリングツールセットを提供する完全なデジタルオーディオ制作アプリケーションです。 REAPER は幅広いハードウェア、デジタルフォーマット、プラグインをサポートしており、包括的に拡張、スクリプト化、修正が可能です.

REAPER の完全で柔軟な機能セットと有名な安定性により、デジタルオーディオが使用されている場所はすべて商用とホームスタジオ、学生のラップトップにミッションクリティカルなプロフェッショナルな環境から、人工的な制限なしで完全に機能する単一のバージョンの REAPER があります。 REAPER for Mac を 60 日間完全に評価することができます。 REAPER ライセンスは手頃な価格で DRM フリーです.

REAPER 特長:
効率的で読み込みが速く、しっかりコード化されています。ポータブルまたはネットワークドライブからインストールして実行できます。強力なオーディオと MIDI ルーティング。 64 ビットの内部オーディオ処理。ほとんどのビット深度とサンプルレートで、多くのメディアフォーマットをインポート、記録、レンダリングします。徹底した MIDI ハードウェアとソフトウェアのサポート。 VST、VST3、AU、DX、JS など、数千のサードパーティプラグインエフェクトとバーチャルインストゥルメントをサポートします。オーディオや MIDI を処理するための何百ものスタジオ品質のエフェクト、新しいエフェクトを作成するためのビルトインツールオートメーション、モジュレーション、グループ化、VCA、サラウンド、マクロ、OSC、スクリプティング、コントロールサーフェイス、カスタムスキン、レイアウト。注:60 日間の試用版です.

もご利用いただけます:REAPER for Windows

ファイルのバージョン REAPER 5.980
ファイル名 reaper5980_x86_64.dmg
ファイルサイズ 17.45 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Cockos Incorporated
更新日 http://www.reaper.fm/
更新時間 2019-07-12
ログを更新する

What's new in this version:

Envelopes:
- don't preserve relative differences between points when editing via action
- fix inconsistency when loading projects with bezier envelope points
- fix time selection edits that start at the beginning of a media item
- improve UI performance when recording send volume/pan automation

Render:
- add option to render selected tracks via master
- improve use of $item wildcard when rendering project regions
- support $item and $track wildcards when rendering selected media items via master
- when rendering selected tracks or media items via master, also render children and receives

FX:
- fix potential crash on macOS/Linux when auto-switching visible FX chain
- fix ReaTune per-take FX tail issue

macOS:
- fix system Services menu
- use standard Window/Help menu ordering
- add osx_max_open_files= reaper.ini tweak

MIDI editor:
- handle converting multiple selected events between 2-byte and 3-byte messages
- support copy/pasting events between CC lanes and channel pressure lane

Mouse modifiers:
- fix preference to ignore targeting media item lower half
- improve handling of empty take lanes when targeting media item lower half

Notation editor:
- fix chasing key signature changes when displaying multiple tracks
- fix chasing clef changes when media items overlap

Peaks:
- do not set all media online after building peaks
- fix bug in waveform drawing with some themes and settings (5.979 regression)

Performance:
- improve low-latency behavior by avoiding destroying media buffers from audio threads
- fix live FX multiprocessing issue with folder tracks causing media buffer underruns
- reduce audio device underruns when pausing

ReaScript:
- simplify display of line numbers in IDE error messages
- improve Python compatibility with unicode strings

VST:
 -limit preset dropdown to 512 presets of each type
 -improve support for VST3 MIDI program change messages

ARA:
- handle ARA state load error without interfering with extension state loading

Arrange view:
- avoid excessive redraws during some mouse edits

Jump to time:
- add support for jumping to relative time in earliest selected media item

Localization:
- improve alignment of various auto-resized controls when arranged in columns

Media items:
- add optional per-item ruler display

Mixer:
- fix slowness when opening mixer

Nudge:
- fix issue with calling nudge-by-settings-slot before opening nudge window

Ruler:
- in frame mode, display one tick mark per frame when possible

Toolbars:
- improve automatic button images for various Set: actions

ファイルのダウンロード Download
  • REAPER for Mac Screenshot 1