REAPER for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

REAPER 5.982

REAPER for Mac は、マルチトラックのオーディオと MIDI の録音、編集、処理、ミキシング、およびマスタリングツールセットを提供する完全なデジタルオーディオ制作アプリケーションです。 REAPER は幅広いハードウェア、デジタルフォーマット、プラグインをサポートしており、包括的に拡張、スクリプト化、修正が可能です.

REAPER の完全で柔軟な機能セットと有名な安定性により、デジタルオーディオが使用されている場所はすべて商用とホームスタジオ、学生のラップトップにミッションクリティカルなプロフェッショナルな環境から、人工的な制限なしで完全に機能する単一のバージョンの REAPER があります。 REAPER for Mac を 60 日間完全に評価することができます。 REAPER ライセンスは手頃な価格で DRM フリーです.

REAPER 特長:
効率的で読み込みが速く、しっかりコード化されています。ポータブルまたはネットワークドライブからインストールして実行できます。強力なオーディオと MIDI ルーティング。 64 ビットの内部オーディオ処理。ほとんどのビット深度とサンプルレートで、多くのメディアフォーマットをインポート、記録、レンダリングします。徹底した MIDI ハードウェアとソフトウェアのサポート。 VST、VST3、AU、DX、JS など、数千のサードパーティプラグインエフェクトとバーチャルインストゥルメントをサポートします。オーディオや MIDI を処理するための何百ものスタジオ品質のエフェクト、新しいエフェクトを作成するためのビルトインツールオートメーション、モジュレーション、グループ化、VCA、サラウンド、マクロ、OSC、スクリプティング、コントロールサーフェイス、カスタムスキン、レイアウト。注:60 日間の試用版です.

もご利用いただけます:REAPER for Windows

ファイルのバージョン REAPER 5.982
ファイル名 reaper5982_x86_64.dmg
ファイルサイズ 17.47 MB
オペレーティングシステム Mac OS X 10.6 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Cockos Incorporated
更新日 http://www.reaper.fm/
更新時間 2019-08-18
ログを更新する

What's new in this version:

Media items:
- add actions to force (persistent) offline of item media, inactive take media
- add support for per-item beats ruler
- if MIDI or click source has custom tempo/time signature set, use it for media item ruler
- fix ruler color with certain themes

Actions:
- fix potential rounding error in actions to trim or remove selected area of selected items •
- faster screen updates when processing actions triggered by MIDI messages

AIFF:
- support 8-bit uncompressed Amiga IFF files
- support reading FP files encoded with inconsistent bits/sample field

Batch converter:
- fix command-line output filename generation •
- fix converter visibility being set by command line render
- support OUTPATTERN in command-line configuration chunk

FX:
- avoid resetting FX from audio thread after undo/redo
- improve reliability of SetTrackStateChunk() API when setting FX state

Jump to time:
- allow jumping to times relative to track/item by using tXiY prefix
- mX and rX can be followed by whitespace and a time offset

macOS:
- automatically rescan MIDI hardware on device change notifications
- fix GetUserFilenameForRead()
- improve memory use calculation

ReaScript:
- fix two small IDE issues when attaching to already-running scripts
- fix gfx_showmenu() coordinates on macOS retina displays

ARA:
- disable undo integration (should improve stability for Melodyne)
- Command line
- add -nosplash and -splashlog options

JSFX:
- fix gfx_showmenu() coordinates on macOS retina displays

Marquee:
- fix drawing glitches after interrupted marquee selection

Media explorer:
- faster item navigation via arrow keys with large databases

MIDI:
- don't reset previous quantization for unselected notes when quantizing selected notes

Navigator:
- improve behavior when continuous scrolling is enabled

Notation editor:
fix rounding issue when auto-detecting triplets

Project load:
- warn of low TLS/FLS slots when plug-ins failed to load

Ruler/Transport:
- allow choosing primary and secondary display units separately

Scrub:
- do not include (previously incorrectly-rendered) take FX when scrubbing

Windows:
- fix topmost pins with certain multimonitor arrangements

ファイルのダウンロード Download
  • REAPER for Mac Screenshot 1