GDevelop 5.0.0 Beta 117 ソフトウェア情報交換

winXmacソフトウェアコミュニティ Mac ブラウザ Siber Systems Inc. Trial Rate 50

RoboForm for Mac、ソフトウェア教育、ソフトウェアダウンロード、ソフトウェアコミュニティ、Windowsソフトウェア、Macソフトウェア

GDevelop 5.0.0 Beta 117

RoboForm for Mac は、Web サイトにログインし、フォームをより速く、簡単に、より安全に埋めます。 RoboForm は、サイトに初めてログインしたときに各ユーザー名とパスワードを記憶して安全に保管し、返品時に自動的にそれらを提供します。 RoboForm のログイン機能により、オンラインアカウントにログインする手作業を省くことができます。ワンクリックで RoboForm が Web サイトに移動し、ユーザー名とパスワードを入力し、送信ボタンをクリックします。長い登録やチェックアウトフォームの作成も簡単です。 RoboForm ID と RoboForm をクリックするだけで、フォーム全体があなたのために埋められます.

パスワードを覚える必要はなくなりました。 1 つのマスターパスワードを覚えていて、残りの部分はロボフォームが記憶しています。これにより、強力なパスワードを使用してオンラインでの操作をより安全にすることができます。 RoboForm for Mac は、完全なデータセキュリティのために強力な AES 暗号化を使用しています。

Mac 用 RoboForm インストーラは、Intel ベースの Mac に RoboForm をインストールします。 Power PC はサポートされていません。 Safari、Firefox、Chrome ブラウザはすべてサポートされています.641235896
Safari と Firefox では、RoboForm はブラウザの上部にあるツールバーとしてインストールされます。このツールバーを使用すると、ログイン、ブックマーク、Safenote などの簡単なワンクリックアクセスが可能になります。また、ロングフォームをワンクリックで簡単に記入することができます.621289896
Chrome で、ロボフォームはボタンとしてインストールされますブラウザの右側に表示されます。そのボタンは、上記の RoboForm と同様のメリットを提供します。

仕組み RoboForm:

をインストールする RoboForm
を実行して RoboForm をダウンロードします。失うものは何もありません。それは無料で、あなたはすべての興奮が何であるかを見ることができます。クレジットカードは必要なく、文字列も添付されていません.

マスターパスワードを選択する
マスターパスワードは、覚えておく必要がある 1 つのパスワードです。このパスワードは、ロボフォームのすべてのデータを暗号化して保護します.

パスワードを忘れないでください.
RoboForm のスタートアップ時間はありません。いつものようにウェブをサーフするだけです。ウェブサイトにログインすると、ロボフォームは自動的にログイン情報を保存します。それは簡単です!

あなたのログインを簡略化する
ロボフォームがあなたのログイン情報を記憶しているので、そのログインをクリックするだけで、ロボフォームが自動的にそのサイトにアクセスし、自動的にログインします。ブックマークやお気に入りを使うのと同じくらい簡単です。もう一度別のパスワードを覚えたりタイプしたりする必要はありません.

Access RoboForm Everywhere
すべてのコンピュータとデバイスの RoboForm ログインと識別情報にアクセスしてください。 RoboForm は、Windows、Mac、Linux、Windows の USB ドライブで動作します。また、iOS、Android、Windows Mobile など、最も人気のある携帯電話プラットフォーム用のアプリもあります。 RoboForm Everywhere(オンライン)サービスを使用してデータをクラウドに同期化しバックアップすることで、どこからでもワンクリックで安全にアクセスできます.

フォームを入力する Fast
ロボフォーム ID 機能を使用して、その他すべての情報 RoboForm ID をクリックするだけで、Web フォーム全体が自動的に埋められます。

強力なパスワードを生成する
パスワードを覚えたり入力する必要がなくなったので、RoboForm を使用して、訪問した各サイトに対して強力でユニークなパスワードを生成することができます.

注:30 日間試用版。 64 ビットプロセッサが必要です.

使用可能:RoboForm for Windows

をダウンロード

ファイルのバージョン GDevelop 5.0.0 Beta 117
ファイル名 GDevelop-5-5.0.0-beta117.dmg
ファイルサイズ
オペレーティングシステム Mac OS X 10.12 or later
ソフトウェアタイプ Trial
著者 Siber Systems Inc.
更新日 http://www.roboform.com/for-mac
更新時間 2021-09-09
ログを更新する

What's new in this version:

GDevelop 5.0.0 Beta 117
New features:
Add support for visual effects ("shaders") on objects:
- This allows to generate interesting visual effects, which can be controlled by events. For example, you can use an outline on an object to highlight, make the player glow when launching a spell, blur objects, etc...
- A new "effects" tab is now present in the objects editor. From there, you can add visual effects, that were already available for layers, and customize them from this editor.
- Actions and conditions are available to manipulate effects and change their parameters during the game
- Learn more on the wiki: http://wiki.compilgames.net/doku.php/gdevelop5/objects/effects

Add support for behaviors based on other behaviors ("behavior composition"):
- This allows custom behaviors, that you can create in your project or get from extensions, to require the presence of one or multiple other behaviors on an object: This is an advanced feature that is helpful to create behaviors that are based on other. For example, a behavior "Platformer enemy" using the "Platformer object" behavior and adding specific actions, conditions and logic to make an enemy chase the player. If you create a behavior and want to use this, just go to the properties of this behavior and add a new property. Choose the type "Required Behavior" for this property. You can then use this new behavior in the events of the behavior you just edited.
- To use a behavior based on another, you don't need to do anything special! Just add it to your object as usual: any missing behavior will be added to your object, so you can start using it immediately.

Improvements:
- Allow colors to be used for behavior properties
- Rework the color fields to allow to enter colors as R;G;B directly in the field
- Allow behaviors to have a "string list" property like functions
- Add the word "object" in timer actions/conditions names, to make them easier to spot
- Add multiple contributors to the credits (Thanks @arthuro555!)
- Allow rounding pixels when rendering on a project level
- Add command to open the extension search in the command palette
- Improve events sheet wording for object boolean variables
- Prevent variable value to be set to an invalid number ("NaN") in the variables editor
- Allow again to choose the opacity of the grid in the scene editor: Also fix an issue where a grid with the black color was not persisted properly.

Extensions, Examples, Assets:
- There are now 85+ extensions available for GDevelop in the extensions library and 2700+ assets!

Some of the new or updated extensions:
- Marching Squares extension and example by @D8H
- Fix on sliders and other exetnsions by @D8H
- New Boomerang extension by @Entr0py404 and @tristanbob
- New Magnetic effect extension by @Entr0py404
- FPS extension by @arthuro555
- UUID and Render To Sprite extension by @arthuro555
- RTS Unit Selection by Slash and @tristanbob
- Random choice in a list extension by @UlisesFreitas
- Transition painter extension by @westboy31
- Reflection by @VegeTato
- Remember that documentation pages are now automatically generated for all extensions on the wiki, including descriptions and authors.

Bug fixes:
- Increase shader precision, allowing lights to be displayed correctly on iOS
- Prevent instances to have a negative width or height in the instances editor: Note that this does not affect existing games that would use this incorrect behavior (which can create bugs)
- Fix crash when instances were resized on the scene editor after being set to a size of 0
- Fix some missing translations (Thanks @Bouh!)
- Fix missing translations in the main menu bar (Thanks @Bouh!)
- Fix games crashing when an unknown action/condition was used (could come from a deleted extension)
- Fix variable dropdown not updated in the action/condition editor after editing variables
- Fix a crash when drag'n'dropping actions/conditions in custom behaviors


GDevelop 5.0.0 Beta 115
Improvements:
- Add an action to release the ladder for Platformer object
- Improve Actions and Conditions search allowing typing mistakes
- Show previews of image resources properly pixelated when smoothing is deactivated
- Show pixel art assets in the asset store as pixelated and larger
- Add an action to clear the shapes of a Shape Painter object on demand
- Add an action to forbid to jump again while in the air to the Platformer behavior
- Add thumbnails in the resources list

Bug fixes:
- Fix color of grids in scene editor not properly persisted
- Fix Panel Sprite initial opacity not being correctly applied
- Fix buttons to save/load/change the file in Piskel sometimes not displayed properly
- Fix color picker not shown for the action setting the color of a light object
- Fix wrong icon shown intermittently in the extensions store
- Fix extra scrollbar on small screens when selecting an object or an action/condition in the events sheet
- Fix unability to scroll when a lot of parameters were shown for an action or a condition

Internal changes (for developers):
- Add continuous delivery: automatic macOS and Windows builds
- Improve TypeScript types for the Shape Painter object
- Add new lines between functions back in TS files


GDevelop 5.0.0 Beta 105
Improvements:
- Add the GDevelop games showcase in a tab of the new project window
- Improve the start page a link to the Youtube channel, more icons and a link to the showcase
- Submit your game to the showcase here!
- Add normalize expression, map a value between min and max to a value between 0 and 1
- Add condition to check if any key is released
- Add help link for AdMob actions and conditions

Fixed:
- Fix Tilemap not refreshed when the JSON file changed and a tileset JSON is also set
- Fix Tilemap not showing the specified layer in "index" mode
- Fix Tilemap not working in the web-app
- Fix fullscreen not working on certain browsers
- Fix Firebase action to sign in with 3rd party providers in a browser
- Fix middle-click drag not working in Yarn editor
- Fix rare layout glitches after resizing the window

ファイルのダウンロード Download
  • RoboForm for Mac Screenshot 1RoboForm for Mac Screenshot 2RoboForm for Mac Screenshot 3RoboForm for Mac Screenshot 4RoboForm for Mac Screenshot 5